2022年4月投資積立結果

2022年4回目の月次報告です。
3回目は抜けていたので、実質3回目です。

1-2月の下げは何だったのかというくらい、爆上げしています。
稲妻がピカピカなって、フィーバーしているイメージに近い。

円安も相まって、バイ&ホールドが正解だったという状況です。

ここまでいき過ぎると、また反動がきそうな形ですが、ウクライナ情勢不透明感満載なので、スパッと落ちるかもしれません。
ホント先行き分かりません。

米国債10年-2年債が逆転する逆イールド発生したみたいですが、1年~2年後景気交代のシグナルなので、あまり重要視されてない模様
シーゲル教授とかは、米国債10年-3ヶ月債の逆イールドが発生すると危ないとか言っているみたいです。そこまでは、まだまだ先でしょう。

米国10年債金利2.5%付近と高くなっていますが、市場は一過性のものとしてまだ見ているのか、グロースに風が戻ってきつつあるみたいです。バリューもそこそこ風が吹いているので、今年1年最後の上げ相場となってくれないかなと淡い期待中。

ジュニアNISAは暴落時に追加買いを少ししました。その後、切り返してるので、あんまり買えていませんが、仕方ないです。

国内政治は、岸田総理も決断力欲しいですね。
後、金融所得課税強化は辞めて欲しい。

国内でも、4月に入って値上げの嵐。インフレの足音がしてきています。小麦とか年後半でかなりツラそうな水準に上がるのでは・・・朝のパンとかに波及しそうです。

2022年1月インデックス投資積立

 投資投信積立額
つみたてNISA1eMAXIS Slim 全世界株式33,333
つみたてNISA2楽天VTI33,333
ジュニアNISA1楽天VTI25,000
ジュニアNISA2楽天VTI25,000
IDECO1eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)23,000
楽天ポイント投資用eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)1.000

つみたてNISAに関しては、変更なし。

IDECOに関してはeMAXIS Slim 全世界(日本除く)投資継続中

定年まで淡々と積んでいけるかどうかが勝負ですね。

妻の分もしたいのですが、会社のお伺いがビミョーなのでやっていません。

やれたらデカイんですが、会社無言圧力ってバカにできませんよね。

現状、全世界・VTI・S&P500と投資区分を3つに分けました。

30年単位で見たら、全世界でいいんでないかと思いますが、銘柄数を極力増やしたくない=管理が手間 なので、そのまま継続という形になりそうです。

最初の設定が一番肝心なんですが、最初全世界の安い投信なかったし、米国バンザイな頭だったので、無理ですね。

[box06 title=”あわせて読みたい”]S&P500から全世界(日本除く)へIDECOスイッチングした話[/box06]

 

ジュニアNISAは、2人分2口座。

2020.03から1,000円/日にしました。

ジュニアNISAの枠が、50万*2ほど余る予定です。

前年までは枠を余らしたままでしたが、今年度から急落時に購入していきたいと考えています。今回の急落時に少ししか買えていません。

高値から10-20-30%落ちで買うor高値から15-30-45%で買うかくらいです。

前者くらいをターゲットにしとかないと、延々と買えなさそうな気もします。
まぁぼちぼち待ちの姿勢でいどみたいとこです。

[box06 title=”あわせて読みたい”]

[/box06]

現状の夫婦のつみたてNISA比較です。

楽天VTIとeMAXIS Slim 全世界株式をそれぞれ年80万円目処に積立していっています。

夫の方は、eMAXIS Slim 全世界株式+楽天VT+eMAXIS Slim S&pP500の複合です。

 

eMAXIS Slim 全世界株式が最初からあればシンプルにいけたのですが、仕方ないですね。

現状まだ株価高値圏のため、評価益最高値。市場暴落すれば連れ安確定なので、参考値ですね。

 

利確したい所でもあるのですが、下手くそなんでどうしようもないですね。

上げも下げも受入れて、グッと下げた時はダラダラ追加しようかと考えてます。

スポンサーリンク

個別株結果

日本株は、1銘柄投資中。海外株主に米国で16銘柄(ETF含む)投資中です。

日本株:売買なし

まぁ何もしてないのですが、ヨコヨコですね。銘柄選択【JT】が少し上。

配当権利落ち日に、配当分落ちるの日本株特有な現象ですね。

JT以外に買いたいものがない状況。
JTは配当出しをコツコツやってくれているので、放置放置です。

損益分岐点くらいまではきています。

米国株・・・買:BEPC 売:GDX

BEPCを新規購入 GDXを薄利利確しています

Brookfield Renewable Corp(BEPC)は、カナダの電力会社です。
前から公益系の株式が欲しかったのですが、そこそこの利回りと潜在成長力を期待して、投資開始しました。最近まで太陽光・風力といったパワーワードで爆上げしていましたが、少し押し目になったので購入。

下がったら基本買い増ししていくスタンスです。
GDXに関しては、相性悪いので手放しましたが、今から追い風吹きそうな予感。
ニュートリエン(NTR)手放して、痛い目あっていますが、同じような感じになりそう。

4/5にAT&Tがスピンオフでタイムワーナーを分離予定。4/4に追加購入しようかと考えましたが、日本の場合みなし配当課税されるみたいで、取りやめました。

25日付近に買いますorベライゾン(VZ)あたりを追加購入のような感じがします。
円安がひどいので、米ドルに替えたくないですが、ルールは守るようにします。

セクター分析

保有セクターの分析を前からしていましたが、晒します。

保守的なセクター(小売り・ヘルスケア・コミュニケーション)が、メインなPFになっとります。ある程度セクターを見れば、どれくらいのリスク取ってるのかなとイメージつくのではないでしょうか。つかないか。

公益系の株式を追加したので、また保守的に・・・
タイム・ワーナーの株がスピンオフで交付されるので、少しテック系が増える?かな。

もう少しテック系の会社も入れたいのですが、高すぎちゃんなので、入れておりません。

銘柄別損益推移

配当抜きの損益推移です。

爆上げで最高値

 

定期購入以外は、何もできない状態が続いています。

全体の指数がまだまだ高いので、落ちる時が非常に怖くなっています。

 

暴落(高値半値8掛けレベル)したら考えているのが、以下のような銘柄群

  • GAFM系
  • MSCI
  • SPGI
  • INTC

これよっぽどこけないと手出しできませんな。

 

米国株候補銘柄に関しては、以下の記事でまとめています。ほぼ保有銘柄に関しては載せていますが、一部未掲載な株もあります。

ちなみに今流行りのgoogle・Amazonとかは保有していません。

 

欲しい銘柄は多いのですが、高いと判断する銘柄ばかりです。今からは精神的に買いづらい所ばかりで、ここから買いむかえれば一皮むけそうですが、基本的にバリュー株orブルーチップ系に偏っているので、成長銘柄(グロース系)も勉強に入ってみたい気はあります。

月次投資結果
スポンサーリンク
シェアする
たろをフォローする
お金らいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました