月次投資結果

2022年5月投資積立結果

2022年5回目の月次報告です。

とうとう来るべきものが来たかなという下げですね。
円安と損失が相殺している所が大な部分があるので、まだあまり痛みという所まではいっていませんが、グロース系ばっか保有してたら終わってるでしょうね。

ウクライナの余波でフィンランドがNATO加盟手続き取ったりしてますが、NATO加盟手続き中にロシアに攻撃されるかもしれませんね。

敵側のロシアとしたら、NATO入る前に領土拡張+力を削いでおきたい考えはあるでしょう。フィンランド-英国間で協定があったとしても、実際侵攻されたら口約束だったということになりかねんでしょうし。

ロシアがウクライナと二面作戦を取れるかというと、また別の意味合いがありますが、人数だけは多いので、物資さえあれば可能かもしれませんね。

米国10年債金利2.8%付近と一段高
FRBがインフレ退治に本格的に乗り出したので、止まらんかもしれません。
普通に考えたら、まだまだ上がるという考えなのですが、こればっか分かりません。いきなり景気後退となって、下がる可能性もありますしね。

ジュニアNISAは、暴落時にまた追加買いを少ししました。
数万円レベルなので、あまり大勢に影響ないのですが、ジュニアNISA枠使いたいんですよね。積立金額を上げてもいいかもしれません。

国内政治は、岸田総理は相変わらずですが、参議院選挙はこのままいけば勝利くさいです。
金融所得課税は、聞く力で引っ込めたみたいですが、また復活するかも。

商品値上げの嵐が止まりません。インフレの足音がしてきています。
小麦世界的に不作っぽうので、年後半でかなりツラそうな水準に上がるのでは・・・
朝のパンとかに波及しそうです。

2022年1月インデックス投資積立

 投資投信積立額
つみたてNISA1eMAXIS Slim 全世界株式33,333
つみたてNISA2楽天VTI33,333
ジュニアNISA1楽天VTI25,000
ジュニアNISA2楽天VTI25,000
IDECO1eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)23,000
楽天ポイント投資用eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)1.000

つみたてNISAに関しては、変更なし

IDECOに関してはeMAXIS Slim 全世界(日本除く)投資継続中

定年まで淡々と積んでいけるかどうかが勝負ですね。

妻の分もしたいのですが、会社のお伺いがビミョーなのでやっていません。

やれたらデカイんですが、会社無言圧力ってバカにできませんよね。

現状、全世界・VTI・S&P500と投資区分を3つに分けました。

30年単位で見たら、全世界でいいんでないかと思いますが、銘柄数を極力増やしたくない=管理が手間 なので、そのまま継続という形になりそうです。

最初の設定が一番肝心なんですが、最初全世界の安い投信なかったし、米国バンザイな頭だったので、無理ですね。

 

ジュニアNISAは、2人分2口座。

2020.03から1,000円/日にしました。

ジュニアNISAの枠が、50万*2ほど余る予定です。

2,000円/日にしようかなと考えています。スポットより、積立金額上げた方がタイミング見ずに楽なんですよね。

真剣に検討中です。

現状の夫婦のつみたてNISA比較です。

楽天VTIとeMAXIS Slim 全世界株式をそれぞれ年80万円目処に積立していっています。

夫の方は、eMAXIS Slim 全世界株式+楽天VT+eMAXIS Slim S&pP500の複合です。

 

eMAXIS Slim 全世界株式が最初からあればシンプルにいけたのですが、仕方ないですね。

暴落モード入っていますが、4末の状況なのでまだまだですね。
トップが36,000ドル付近ですから、ザックリ10,800ドルくらいは下げ幅はあると想定。
最悪25,000ドル付近(30%ダウン)かオーバーシュートしたら、20,000-22,000ドルのレンジくらいまでかな。
想像するだけでも痛いですが、実際かなり痛いでしょうね。

 

下手くそなんでどうしようもないですね。

上げも下げも受入れて、グッと下げた時はダラダラ追加しようかと考えてます。

スポンサーリンク

個別株結果

日本株は、1銘柄投資中。海外株主に米国で16銘柄(ETF含む)投資中です。

日本株:売買なし

まぁ何もしてないのですが、ヨコヨコですね。銘柄選択【JT】が少し上。

JT以外に買いたいものがない状況。
オリックス優待なくしたみたいですね。もっと配当に力入れて欲しい所。

JTは配当出しをコツコツやってくれているので、放置放置です。

損益分岐点くらいまではきています。

米国株・・・買:T,MMM 売:WBD

T,MMMを追加購入、WBDを全株売却

舌の根も乾かず、WBDを売却
風向きが現状向いていないと感じています。安いから買われそうですが、その資金を低成長なMMMへ振り向けました。

定期購入として、Tを追加購入
下げ相場だと、保守的になりやすいのですが、やはりというか配当無し銘柄は握力弱くなります。

セクター分析

保有セクターの分析を前からしていましたが、晒します。

保守的なセクター(小売り・ヘルスケア・コミュニケーション)が、メインなPFになっとります。ある程度セクターを見れば、どれくらいのリスク取ってるのかなとイメージつくのではないでしょうか。つかないか。
公益系の株式を追加したので、また保守的に・・・

もう少しテック系の会社も入れたいのですが、高すぎちゃんなので、入れておりません。
MSFT(マイクロソフト)とか、配当2%くらいまできたら考えるんですが、無理かなぁ

銘柄別損益推移

配当抜きの損益推移です。

爆上げ後下げ下げ

 

何もできない状態が続いています。

全体の指数がまだまだ高いので、落ちる時が非常に怖くなっています。

 

暴落(高値半値8掛けレベル)したら考えているのが、以下のような銘柄群

  • GAFM系
  • MSCI
  • SPGI
  • INTC

これよっぽどこけないと手出しできませんな。

 

米国株候補銘柄に関しては、以下の記事でまとめています。ほぼ保有銘柄に関しては載せていますが、一部未掲載な株もあります。

ちなみに今流行りのgoogle・Amazonとかは保有していません。

 

欲しい銘柄は多いのですが、高いと判断する銘柄ばかりです。今からは精神的に買いづらい所ばかりで、ここから買いむかえれば一皮むけそうですが、基本的にバリュー株orブルーチップ系に偏っているので、成長銘柄(グロース系)も勉強に入ってみたい気はあります。

ABOUT ME
たろ
Twitterアカウント(@tarohibi) 妻+子二人と仲良く暮らしている30代後半のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産3000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください