子どもたちへ

子どもたちへ

良い習慣を続けたいけど、続かない… 続けるための7つの処方(前半)

続けるための7つの処方 良い習慣は、初められても習慣化が難しい。 多分誰もが、3日坊主という言葉を聞いたことがあるはずだ。 かくいう私も、何度この3日坊主に苦しめられたか分からない。 40年近く生きてきたが、いまだこ...
子どもたちへ

2021年下期更新 万一私に何かあった時の資産一覧

人間っていうのは、いつどうなるか分かりません。 (毎年言ってます) 最近は、コロナウィルスで亡くなった方は、火葬場に直葬されて、死に目にも立ち会えないといったことも想定されてきました。 交通...
子どもたちへ

貸借対照表(B/S)に新項目を追加

以前に個人の損益計算書(P/L)・貸借対照表(B/S)を作成しよう、前期比較をしようという2つの記事を書きました。 家計の貸借対照表(B/S)くらいは作ろう! 年に1回は、対前年貸借対照表(B/S)比較表を作成しよう...
子どもたちへ

どこまでも突き詰めると運なんじゃないか?

投資というか人生全般なんですが、努力論とかって流行っているじゃないですか?『結果より過程』『結果は後からついてくる』etc... ビジネス書(主に自己啓発系)に多いですよね?言いたいことは分かるし、努力をしようっていう気にはな...
子どもたちへ

初心者こそインデックス投資を軸にするのが精神的に楽な5つの理由

基本的に非課税枠(IDECO・NISA)を埋めれるだけ埋めて、その後課税口座を選択するのが正しい戦略です。 IDECOに関しては、拘束期間・出口戦略が必要なので、イヤがる方もいます。ただ、やはり税金というのは完全にコストなので、ここの...
子どもたちへ

学資を投資で積み立てるのがイヤな3つの理由

最近学資を保険ではなく、投資で積み立てるという方が増えてきています。 積立NISAやジュニアNISAがあるおかげということもあるのでしょうが、私はあまり乗り気ではありません。0歳から18年間あるから、大丈夫!ということも、頭では理解し...
子どもたちへ

年に1回は、対前年貸借対照表(B/S)比較表を作成しよう

以前に個人の損益計算書(P/L)・貸借対照表(B/S)を作成しよう!という記事を書きましたが、ある程度慣れてくると月1回の作成も30分程度で作成できます。 個人にとっては、B/Sが大事という話もしましたが、毎年B/Sを...
子どもたちへ

【重要】システム化と市場にとどまること

リーマンショック後の2011年~2012年くらいから投資を始めましたが、色々な投資法を実戦してきました。 当時は、最適解(インデックス投資)なんて知らなかったので、日本小型株の一本釣り打法でアクセクしていました。 それはそれで学...
子どもたちへ

株ETFインデックス投資の強みと弱みを主要ETFから読み解く

世はインデックス投資時代と言っても過言ではないくらいに、インデックス投資全盛時代がやってきています。 「インデックス投資でなければ人ではない」ではないとまでは言いませんが、かなりの比率がインデックス投資に乗っかっています。 ...
子どもたちへ

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の基礎知識

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)の投資先でもあるVTI バンガード社が組成しているETF〈上場投資信託〉ですが、これ1本で全米株式のほぼ全てを網羅ることができるETFです。 ※上場投資信託=上場している投資信託...
子どもたちへ

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の基礎知識

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)の投資先でもあるVT バンガード社が組成しているETF〈上場投資信託〉ですが、これ1本で全世界の主だった株式に投資できるというスグレモノ商品です。 ※上場投資信託=上場している投...
子どもたちへ

【大前提】お金のアリカを明確にしておくこと

お金は寂しがり屋です。 何をいきなり言っているんだ!?とツッコまれそうですが、事実です。 お金は、多い所に集まっていく習性があります。なので、極力お金を分散させないようにしましょう。 最近では、キャッシュレ...
子どもたちへ

社会人になる前に心しておくべき10か条

あなた達が成長して、大卒or高卒で就職活動をし、社会人になる時もそう遠くない時期にきます。10年、20年レベルなんてあっという間に訪れます。 どうなっているか現時点で予測するのなんて、為替の予想よりも困難です。 ...
子どもたちへ

2020年版 万一私に何かあった時の資産一覧

人間っていうのは、いつどうなるか分かりません。 (毎年言ってます) 最近は、コロナウィルスで亡くなった方は、火葬場に直葬されて、死に目にも立ち会えないといったことも想定されてきました。 交通...
子どもたちへ

長期投資がリスクを減少する訳ではない

『長期投資でリスクが減少して、リターンが最大化する』 昔は、私もこの考えで投資を行っていました。 「ウォール街のランダムウォーカー」に載っていたんですが、20年30年単位で投資をすれば、ほぼ負けずリターンのみ享受できるという美味...
子どもたちへ

生活防衛資金の金額と決め方

「投資をする前に生活防衛資金○○ヶ月分を貯めなさい」 こういった文句を投資本でよく見かけます。 生活防衛資金を投資資金と別で区分けするのは、賛否両論ありますが、概ね賛成です。 では、この生活防衛資金をいくらまで貯めるのか? ...
子どもたちへ

アクティブ運用がインデックス運用に何故負けるのか?

  インデックス投資系の本なら、必ず書いている『インデックス投資はアクティブ投資を凌駕する』 まだまだ、市場の非効率性を追って、アクティブ命の方も一定数いますが、私に関しては諦めました。諦めるのと続けるのは別で、高配当米国株投資は引き続...
子どもたちへ

金融機関との付き合い方

昔1度同じタイトルで書いた記憶もあるのですが、時代はすすんでいて、金融機関の対応にも変化が生じてきやすい時期なので、再度注意喚起がてら書いておくことにします。 結論から言うと金融機関とは、『最低限の利用で、アドバイス等は聞くな!』とい...
子どもたちへ

注意換気:個別株投資関連の憂慮事項

個別株投資って趣味でやる分にはホント面白いです。個別の決算を調べたりして、首尾よく利益確定できたり、増配来たりすると嬉しくなります。 その逆で含み損なったり、減配した際や最悪倒産した時には、非常にショックを受けるのですが、そこは個別株...
子どもたちへ

投資で『無知』を認識する難しさ

  どんなジャンルでも言えることですが、自分が「無知」だと認識するのは恐ろしく難しい。ある程度知っているジャンルであればあるほど、「無知」を認めるのはできずらいし、認めたくないという気持ちが発生します。 今回はジャンルを限定して、投...
子どもたちへ

時給換算意識持っていますか?

時給換算意識を持てと言われたことがありますか? サラリーマンで毎月定額をもらっていると、頭から抜け落ちる時がしばしばあるのですが、いかがでしょうか? あぁ言われたことあるあるという方でも、実際に自分が時給いくかまで計算して、それ以上...
子どもたちへ

日本の将来は悲観的なのか?海外移住を考える

最近、日本の将来が心配だから、海外移住を考える方が多くなっています。少し前の私も選択肢の一つとして検討ました。 将来的には、円が円安方向に振れるのは間違いないと思いますが、海外移住という手段は一般的な日本人はあまり取らない方がいいので...
子どもたちへ

投資においてフルインベストメントVs一定割合現金保有かの自分なりの結論

投資において迷う方が多いフルインベストメントVs一定割合現金保有 前提条件として、フルインベストメント(投資待機資金を持たない一括投資)の方が、一定割合現金保有よりも、長期的にリターンが高くなるというのは結論として出ています。...
子どもたちへ

どういった職業につけばいいのか?という疑問に対する答え

「どういった職業についたらいいの?」 こういう質問が来るかもしれないので、最近まで色々考えてました。 「自分で考えなさい」と言えば楽なのですが、真剣に悩む時期が私にもあったのは事実。 小さい年代なら「なりたい職業を...
子どもたちへ

投資における最適解の1つを教えておきます

投資に絶対というもはないのですが、最適解の1つなら判明しています。 インデックス積立投資です。投資対象としては、税金繰り延べできる米国系投資信託が最適解の1つです。 逆のアクティブ投資ですが、最終的に大勝できる方...
子どもたちへ

借金についての重要な話

最近、知らない内にクレジット機能がリボ払いになっていて、えらい目にあったというツイートを見たので、借金についてお話したいと思います。 あなた達が、大きくなったら借金の1つや2つやるでしょうから、良い借金・悪い借金の最低限の見分けをつけ...
子どもたちへ

学校の勉強って必要なの?という問いに対する答え

「学校の勉強って必要?」 これ絶対聞かれると思うので、答えをここに書いておこうと思います。 結論から言うと必要です。 微分積分とか学校の授業だけで、四則計算だけできればいいじゃないと思っている方 違いますよ。必要なんです。大人に...
子どもたちへ

『お金』に関して知っておいて欲しいこと

今年から、未来の我が子達用のコンテンツを増やしていこうと考えています。 この記事もその一環なのですが、子ども達に向けて『こうしたらどうだろう・こうなったら嬉しいな・こういう考えもあるよ』というのを1つのテーマを元に語っていきます。 ...
子どもたちへ

人生で壁にぶつかった時に見て下さい

人類が始まって何千年ですが、人間は1000年・2000年と生きられません。当たり前と言えば当たり前ですが、いつかはあなた達にも最後が訪れるでしょう。 「悔いなく1日を生きなさい」「死んでいった人達にとってかけがえの無い1日」とか言った...
子どもたちへ

損得どうのこうのよりも投資を早く始めなさい

日経平均が上下500円幅で動く荒れた展開で、ニュースにも暴落だ!とかマイナス金利!で暴騰だと!かアナウンサーが毎日違うことをコロコロ言っている毎日。 結局上下どちらにいくの?という状況ですが、まだ投資やってない方にはあまりピン...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました