子どもたちへ

どこまでも突き詰めると運なんじゃないか?

投資というか人生全般なんですが、努力論とかって流行っているじゃないですか?

『結果より過程』『結果は後からついてくる』etc…

 

ビジネス書(主に自己啓発系)に多いですよね?

言いたいことは分かるし、努力をしようっていう気にはなるんですよ。

 

ただ、どうしようもないことってあるんですよね。

このどうしようもないっていうのは、一般的なことでなくて、突き詰めた結果なんで、そこまでいってないと指摘されるとどうしようもないですが。

 

どこかで『運』がからんでくるんですよ。

運に逃げるのは嫌なんですが、やはり一定の割合であると思っています。

そんな『運』のお話です。

そもそも生まれてくるのが運ゲー

2020年の全世界人口ってご存知ですか。

78億人ですよ。ビックリしますよね。

 

日本の2020年総人口が減ったとは言え、1.2億人

割合的に1.5%

  • 中国14億
  • アフリカ12億
  • ロシア1.4億
  • その他10億

この辺で生まれてきたら大変だろうなという国をあげてみました。

37億くらいになるので、大体半分くらいでしょうか。

【上記国が全部ダメって訳ではありません】

 

まぁ実際こういった国々でも、生まれたら生まれたで快適に過ごせるのかもしれませんが、民主主義的考えでは厳しいですね。

 

大体二分の一の確率で、プラス家庭環境に左右されます。

イチローや孫正義であったとしても、子どもの時から成功しているワケではないです。

 

生まれてきた環境で、大きく左右されます。

「朱に染まれば赤くなる」ではないですが、一定量周りに影響されます。

 

いいか悪いかは別として、そこは『運』です。

 

ここまで考えて、かなり難しい運ゲーだよなというのが実際の感想です。

世界には、識字ができない方々が多くいますし、文字を書くという行為も中々難しいハードルがあります。

最近では、ネット環境が整いつつあるので、カバー率は少し上がっていますが、まだまだです。

スポンサーリンク

上手く生まれてきてもまた『運』ゲー

「昔より生きづらくなった」

上記のようなフレーズを高齢者からよく聞きます。

ネット社会で便利になった反面、取り残されている人たちもいます。

上手に使用しているようで、使わされている人たちもいます。

 

この100年で過去2000年分以上の進化をしているのですから、無理もありません。

一部の人たちに富が集まりつつあり、大多数は取り残されていると感じています。

 

だから、平等の社会をと叫んだ所で、難しい世の中です。

 

こんな世の中で生きていく子どもたちを思うと、少なからず同情はします。

しかしながら、昔から最近見られるネット中心の進化といったものは、多かれ少なかれありました。

  • 言語の獲得
  • 狩猟から栽培
  • 手工業から工業化
  • 活版印刷
  • 金本位制からの脱却

上手く対応できれば飛躍し、対応できなければ取り残される。

前もって準備している人間ばかりではないので、一定数は『運』に左右されます。

 

的確な人・物・情報にあたれるか

上記にアクセスするのに、必要最低限の知識が必要になります。

状況によってその知識の質・量も変化します。その知識を積めているか?

 

ググればいいという方もいますが、適切にググれるか。

他国のどこに何があるかを知っておく必要があるかもしれません。

 

そんなの言い出したら、全部が全部把握出来ないじゃん!という方、そうなんですよ!

だから、突き詰めれば『運』と言っているんです。

『運』まかせにするな

ここからは突き詰めれば『運』だが、『運』まかせにするという話

何もやっていないのに「運が悪い。あの人は運がいい」という人がいますが、それは無しにしましょう。

 

隣の芝生は青いではないですが、自身のやれる範囲でやれる事をやりましょう。

人一倍努力しろ!とは言いません。

やれる範囲でやれる事を考えて、やってみましょう。

 

最後の最後『運』に見限られたら仕方ないって話であって、最初から投げてるとダメですよ。自分で判断できる年代になったらの話ですが。

ABOUT ME
たろ
Twitterアカウント(@tarohibi) 妻+子二人と仲良く暮らしている30代後半のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産3000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください