2018/11/148 Shares

楽天カード2枚持ちの方法、メリット・デメリット

我が家のメインカード楽天カード

主に楽天市場関係で重宝しているのですが、正直上手に使いこなせている状況とは程遠かったです。

楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)をフル活用できていなかったので、お買い物マラソン等でポイント大量発生した際にも少ないポイントで満足するしかありませんでした。

これではイカン!という事で、真剣にSPUと向き合って、獲得できるものは獲得することにしました。

その一環で楽天カードを2枚持ちすることになりました。2枚持ちできることも知らなかったので、その辺の話とメリット・デメリットについて記事にします。

我が家にはメリットしか無い制度なのですが、実際「もっと早く知っていれば・・・」という状況です。

条件次第ですが、出来る人はかなりオススメなので、2枚持ちやった方がいいですよ。

スポンサーリンク

楽天カード2枚持ちの条件

カード審査等の基礎条件を除いて、2枚持ちする条件は以下の条件のみです。

  • 1枚目の楽天カードがノーマルカード+VISAブランド
  • 同じランクのカードは選べない(例:ノーマル+ノーマル、ゴールド+ゴールド等)

ホント拍子抜けするくらいの条件ですが、これだけです。後は、1枚目を作成した後、1枚目の会員サイト「楽天e-NAVI」に入って、追加申請をすれば取得可能です。

これで審査後2枚目が郵送されてきます。

「楽天e-NAVI」2枚目の申請手順

楽天カードの2枚目追加手順はカンタンです。

楽天e-NAVIにログイン後→メニューバーの申し込み(カード/サービス)をクリック

カードの追加・切り替えをクリックし、該当のカードを追加します。

 

※切り替えではなく、追加欄のカードをクリック下さい。切り替えの場合、1枚目が2枚目に切り替わり、1枚目が使用できません。

その後、ブランド選択になりますが、マスターカードの場合、楽天ポイント500ポイントが付いてきます。販売促進目的みたいなので、どうしてもJCBが必要という方以外なら、マスターカード選んでもいいかもしれません。

個人情報を入力完了後、(追加)で申し込み完了画面が出るので、これで終了です。

後は、審査が無事通過すれば郵送されてきます。楽天カードの場合、審査がそこまでキツくないので、過去に滞納等をしていなければスンナリ通るはずです。

2枚持ちのメリット

楽天カード2枚持ちすることとのメリットって何?となるのですが、結構デカイです。

  1. ノーマルカードで家族カード発行なら年会費0円
  2. ゴールドorプレミアムカードでETCカード発行なら年会費0円
  3. クレジットブランド(VISA、マスター、JCB、アメリカンエクスプレス)を2つ持てる
  4. 本人カード2枚or家族カード含めて全てポイント合算できる
  5. 番号が変わらないので、保険等の変更手続き不要

1と2は、1枚持ちだと特典無し〈ダイヤモンド会員限定等〉だとどちらかが年会費発生します。何の縛りもなく、どちらのカードも年会費0円で持てます。

最初聞いた時ホントかよ!?と思いましたが、楽天カードに問い合わせした所、『ノーマルカードに紐付けした場合ノーマルの基準・ゴールドカードに紐付けした場合ゴールドの基準、プレミアムカードに紐付けした場合プレミアムの基準』になるそうです。

普通2枚持ちを許しても、上位カードに基準を合わせるのが普通ですが、全く別のカードとして扱われるみたいです。

 

3に関しては、クレジットブランドは持てるだけ持てた方が使用できる場所が増えます。日本国内でVISA+JSBでほとんどの店舗を網羅できるのではないでしょうか?

私の場合、VISAのみしか扱わない店舗を常用しているので、ありがたみが分かりやすいです。

 

4は、夫婦別名義で作成するとポイント別々になりますが、同じ名義で2枚+家族カードを無料で作成できるので、ポイント合算して使用できます。

 

5が一番重要です。クレジットカードを変更すると紐付いている決済手段(保険、ガス等)も変更する必要がありますが、一切変更する必要がありません。

 

1~5までのメリットを受けならがら、私の場合ゴールドカードを取得したので、楽天SPUのポイント獲得率がノーマルの3倍→5倍(楽天会員+楽天ゴールドのみ)になりました。

後補足ですが、ノーマルカードでリボ払いキャンペーンを獲得して、大量ポイントゲットしながら、ゴールドカードを普段使いなんて使い方もできるみたいです。

(面倒くさいのでしませんが、メールキャンペーンで20,000~30,000ポイント還元なんていう案件もあるので、検討してもいいかもしれません。私は面倒くさがりなので、やりませんが、ネットで調べればゴロゴロ出ます)

2枚持ちのデメリット

デメリットらしいデメリットは一点だけです。

  1. 楽天ゴールドカード年会費2,160円(税込)がかかる

楽天ゴールドカードランク以上は、年会費がかかってきます。そのため、楽天市場で年間最低21万6千円以上使用する方でないと、年会費分がまかなえません。

我が家では、楽天ふるさと納税や楽天お買い物マラソンでかなり楽天に貢いでいるので、ゴールドカードでもイケる!と考えて加入しました。

この辺は各個人の楽天への依存度によるので、依存度が高い方にはメリットしかない!状況となります。

ゴールド・プレミアム(VISAブランド)→ノーマルカードはできない

2枚持ちする場合は、必ず1枚目をノーマルカード(VISAブランド)を選択する必要があります。

1枚目をゴールドカード(VISAブランド)にしてしまうと、ノーマルカードは追加で選べません。

楽天がVISAだけ2枚持ちを許している理由

VISAだけ2枚持ちを許している理由ですが、楽天側がVISAを積極的にすすめていない理由を考えました。

  • VISAの手数料が高い(マスターカードが相対的に低い?)
  • VISA側から何らかの要求を受けている

憶測の域を出ませんが、もし楽天カードがVISAブランドを取り扱わないとなった場合、新規加入停止→既存ブランド切替促進となるのではないでしょうか。

その場合でも一定期間は猶予がありそうなので、その間に代替手段を検討します。

2枚持ちするなら1枚目はノーマル(VISAブランド)

まとめます。

2枚持ちする条件は、以下の条件のみです。

  • 1枚目の楽天カードがノーマルカード+VISAブランド
  • 同じランクのカードは選べない(例:ノーマル+ノーマル、ゴールド+ゴールド等)

楽天カード2枚持ちすることとのメリットとして5点

  1. ノーマルカードで家族カード発行なら年会費0円
  2. ゴールドorプレミアムカードでETCカード発行なら年会費0円
  3. クレジットブランド(VISA、マスター、JCB、アメリカンエクスプレス)を2つ持てる
  4. 本人カード2枚or家族カード含めて全てポイント合算できる
  5. 番号が変わらないので、保険等の変更手続き不要

楽天カード2枚持ちすることとのデメリットとして1点

  1. 楽天ゴールドカード年会費2,160円(税込)がかかる

楽天を普段使いすると決め打ちすれば、メリットがデメリットを上回る方が多いはずです。

私は普段遣いは、ノーマル楽天カード・楽天市場はゴールド楽天カードと使い分けるよていです。

今から楽天カードを作るなら、ノーマルカード(VISAブランド)でいきましょう!

参考メインカードをYahooJapanカードから楽天カードへシフトした3つの理由

参考楽天カードの種類特徴・メリット・デメリット

参考楽天市場お買い物マラソンの注意点・買い方・実際の購入品まとめ