2018/11/207 Shares

楽天SPU目当てに楽天証券ポイント投資始めました

『楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)をどれだけ倍率UPできるか』の一環で楽天証券の楽天ポイントで投資を開始しました。

周回遅れに近い状況ですが、他人は他人。自分のペースでやっていけばいいと考えております。

他にも楽天ポイントアップさせるために、楽天カードを2枚持ちしたり、楽天モバイルにしたりしています。将来性を見込んで楽天でんきに加入したりと、『楽天』と名のつくものに手当たり次第ツバをつけにいっている状況です。

今回は、楽天証券のSPUであるポイント投資を取り上げます。

参考楽天カード2枚持ちの方法、メリット・デメリット

参考UQモバイルから楽天モバイルに移行したメリット・デメリット

参考【関西地方新電力比較】楽天でんきとあしたでんきを比較して楽天でんきに加入しました

スポンサーリンク

楽天ポイント投資とは?

楽天証券独自のサービスで、楽天証券等で貯めた楽天ポイントで投資ができます。

楽天商圏ならではといったサービスですが、現金というハードルをポイントという軽いモノに変えて投資を促進させようという試みです。

 

ポイントと言っても使いづらい独自ポイントではなく、貯まる・使える楽天ポイントを使用できるのがデカイですね。楽天で集中購買すると、期間限定ポイントが大量に貯まる時があるので、ポイント消化に困る時がありました。最悪、楽天証券で投資商品を購入すれば、期限までにポイント消化できるというのが心理的に大分楽になりました。

まぁ・・・投資商品は元本保証商品ではないので、好き嫌いが分かれそうですが、私は好印象です。

そして、ポイント投資できるだけではなく、毎月500円以上投資すれば、楽天SPUサービスの一環で楽天商品購入した際、+1倍(1%)ポイントバックしてくれるのは大きい所。

 

毎月、最低限度額500円なら損失も問題無いレベルに収まります。〈何十年やってると額が大きくなるので、人によって耐えれない!という方もいるかもしれませんが、そういう時は売却しましょう!〉

楽天ポイント投資での投資商品

楽天ポイントで1コイン以上投資する投資商品は色々ありますが、3点だけオススメをあげておきます。

  1. 楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)
  2. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

何度もブログ内ですすめていますが、低コストインデックスファンド+米国株式の組み合わせが一番良いと考えているためです。かのウォーレン・バフェット爺さんも「S&P500 90%+残り10%短期政府債券」が良いと言っているので、ほったらかしで積立かますならこれが最適解の1つかと考えています。

 

1でも2(2がベストかも。50歩100歩)でもいいです。これ以上に低コストインデックスファンドが出てくるはずですが、現状でも0.1~0.3%付近のコスト負担なので、大問題という訳でもありません。

後、債券ファンドを薦めようかとも思いましたが、国債が利率0付近でへばりついているので、あまりオススメしません。個人向け国債(10年物)ならと思ったのですが、1万円からしか投資できないので、除外しています。

 

現状は、この2つでいいと思います。ただし、下がるのを覚悟して投資して下さい。10年・20年単位で積立投資できる方なら、報われると考えております。

と言いながら、インデックス投資以外もやってるんですけどね。長期的にみると、S&P500指数に対抗できるパフォーマンスがあげれる投資は見当たりません。それでもやりたくなるんですよ!バカなんでしょうね。

参考配当再投資戦略の是非メリット・デメリット

楽天ポイント投資方法

少し脱線しましたが、楽天証券内での楽天ポイント投資方法をご紹介します。

投資商品は、上記でもオススメしたeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)。実際ポイント投資で毎月1,000円ずつ積立予定としています。楽天VTIでもいいのですが、そちらはつみたてNIASで使用中なので、eMAXIS Slim 米国株式を選択しました。

参考月次報告

コース変更

まず初めに、楽天ポイントコースへ変更する手続きを行います。手続きと言っても画面内で完結します。ログイン後右上の設定・変更→ポイントをクリック「ポイントコース設定」画面が出るので、コース変更するをクリック。

楽天証券ポイントコースから楽天スーパーポイントコースに変更する旨確認があるので、楽天証券の取引暗証番号を入力変更ボタンをクリックで変更されます。

積立投資手順

実際の画面で積立投資設定を行います。

投資信託クリック→検索画面で「eMAXIS Slim 米国株式」を入力すると上記画面に移ります。引落口座・引落日選択画面で、引落し方法を選択します。

楽天SPUに関連付けるのであれば、証券口座or楽天カードクレジット決済でないとポイントアップが付きません。今回は、楽天カードクレジット決済ですすめます。

楽天クレジットカードを登録します。楽天証券の取引暗証番号を入力後次へ。

続いて積立金額を入力します。1,000円と入力しました。毎月1,000円分投資します。

ポイント利用設定画面に移りますので、任意の金額(例:毎月500ポイントまで使用する入力方法)を入力して終了です。

毎月の指定日になれば、自動でポイントor足りなければクレジット払いで投資が完了します。積立注文の設定照会・訂正・解除欄で積立設定した内容を確認できます。

毎月1,000楽天ポイントで「eMAXIS Slim 米国株式」に投資する設定が確認できます。

楽天証券ポイント投資はお手軽カンタン♪

ポイント投資だと、投資の敷居を下げる意味合いもあって、非常に好感触です。

ただし、投資する商品は選択しないと、余計なコストを取られてしまいます。上記2点のオススメ投資信託以外にも低コストな投信はありますので、色々考えてポイント投資していきましょう!ポイントと言っても現金と同じ価値がありますので、どこぞやの転職サイトではないですが、『投資は慎重に』です。

参考楽天銀行・楽天証券開設からマネーブリッジするまでを解説