4 Shares

楽天銀行・楽天証券開設からマネーブリッジするまでを解説

金融関係が増えるのは嫌(昔証券口座を大量に作成したトラウマ有り)なのですが、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)目的に楽天銀行・楽天証券の口座を作成してみました。

一回廃止した口座を再度新規で復活させました。

楽天銀行・楽天証券開設からマネーブリッジ・ポイント投資するまでを解説します。

スポンサーリンク

楽天銀行口座開設方法

両方を開設するのですが、銀行側から開設した方がお得です。

銀行側のキャンペーンで、証券口座開設してマネーブリッジ(預金相互利用契約)を結ぶと、楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえるためです。

ポイントサイト等のポイントバックよりも、銀行キャンペーンのが高いため銀行側から開設しました。

普段使いしやすい銀行

楽天銀行は、預金残高に応じて、ATM引き出し・振込サービス無料を行っています。50万円以上預金で月2回ATM・振込共2回分無料となります。

スーパーポイント獲得倍率に関しては、オマケ程度と考えておいたとしても、ATM引き出し・振込回数サービスは非常にありがたいです。

住宅ローン返し終わったら、楽天銀行メイン使いでも全然OKなレベルですね。

口座開設はカンタンです。

PC/スマホで申し込みを行った後、アプリで本人確認書類を送信できれば、1週間以内くらいに簡易書留でID/PASSが届きます。

昔は、本人限定受取郵便で受け取りしかなかったので、便利な世の中になりました。

マイナンバーに関しても、アプリで送信可能でした。

楽天証券口座開設方法

口座開設申し込み

楽天証券の口座開設も引き続き解説します。

楽天銀行のキャンペーンエントリーをしてから、楽天証券の口座開設ボタンを押して、手続きします。

楽天会員の場合、一部(住所等)入力不要となります。

以下では、楽天会員の場合を解説しています。

まず、納税方法を選択します。

この画面見て何のことやらというレベルの方は、左端の赤丸(特定口座・源泉徴収あり)をチェックして下さい。

一番確実・安全です。

それ以外の方は、ご自身の納税しやすい方法で納税下さい。

氏名・性別・生年月日等を入力して下さい。

NISA関連の申し込み有無ですが、分からなければ『開設を希望しない・あとで登録する』で問題ありません。

楽天証券NISA口座にもってこいですが、後からでも開設できるので、じっくり考えましょう。

確定拠出年金(IDECO)、FX口座、信用口座この辺も後から開設できるので、基本申し込まないでOKです。FXとか信用取引ここで選択できるようにするのは、チョットなと疑問はあります。じっくり検討しましょう!

重要書類をクリック閲覧後、同意にチェックして次へを選択

本人確認書類の提出方法です。銀行と同じくスマホで送信できますし、PCでも送信できます。ネット送信が嫌!という方は、本人限定受取郵便で対応しましょう。

口座開設完了です。

口座開設後導入手続き

ここでは口座開設して、ID/PASSを受け取った後の導入手続きを開設します。

まず、ログイン画面までいきID/PASSを入力して、ログインします。

ログインすると、取引をはじめるにあたってという画面が出てきますので、下段の登録ボタンをクリック

取引暗証番号の設定を求められるので、4桁の任意番号を入力

氏名・性別等個人情報を書きます。

投資に関する質問が出てくるので、素直に回答しましょう。信用口座等を開設予定にしている場合、回答次第で開設拒否されるかもしれません(普通口座の場合大丈夫です)

勤務先状況を選択します。素直に申告しておきましょう。

ちなみに内部情報を知っている会社に投資するのは、インサイダー取引で違法です。

同業他社の状況が、羽振りがいい程度なら問題なし。内部情報分かってたらアウト!ですからね。

国籍の登録を行います。日本人であれば、問題無い所です。

最後にマイナンバーの登録をお願いされます。

スマホor郵送かの2択です。初めてスマホアプリでやりましたが、全く問題ありませんでした。これで、事前登録は終了です。

楽天マネーブリッジ方法

続いて、マネーブリッジ(口座連携)サービスの設定を解説します。

本手続きを行うと、預金を銀行・証券両方の共有資産として、どちらの用途でも使用できるようになります。

楽天銀行のキャンペーン条件となっているので、設定しておきましょう!

ログイン後、右上のマネーブリッジというお札マークのアイコンをクリック

利用規定を読んで承諾にチェックを入れて、同意するを押してすすみます。

名前・生年月日等が合っているか確認して、先に進みます。

利用申込完了画面が出てきますので、これで手続きは終了です。

楽天SPU(楽天銀行+1倍、楽天証券+1倍)となりました

楽天銀行・楽天証券のSPUが有効になり、それぞれ+1倍つきました。

楽天ポイント獲得率を高めるためなのですが、結構時間・手間がかかっています。

参考にできるところがあれば、参考にしてもらって、サクッと口座開設してしまいましょう!