2019/01/121 Shares

ソフトバンク光からの移行検討先と結果報告

2年前に家の通信環境をソフトバンク光にしました。

その際に家電をソフトバンク光でんわにせず、NTT回線を購入して光回線として使用。それも2年後に『同じ電話番号を使いながら、他に移行する』という目的のためでした。

2年経ってイザ移行と下調べをして、結果ソフトバンク光に残留することになりました。

移行した方が、代理店から補助金が貰えるのに、それでも残留した理由と移行検討先をご紹介します。

スポンサーリンク

ソフトバンク光からの移行検討先

ソフトバンク光から移行する場合、色々なサービスがあります。

ネットで調べた結果、NUROひかり・AUひかり・楽天ひかりの3社をピックアップ

それぞれ一長一短あります。

ただし、我が家の場合条件的に、楽天ひかり1社しか選択できませんでした。

NUROひかり・AUひかりの断念理由は、以下のとおり。

NUROひかり・・・7階以上のマンションのため加入不可

AUひかり・・・サービスエリア対象外

金銭的・速度的にNUROひかりが第一選択です。しかしながら、7階以上のマンションの場合、一定数の加入希望者がいないと加入できません。希望は出しましたが、現状では変更不能です。

リンクNUROひかりforマンション

AUひかりの方は、代理店キャッシュバック(43,000円)が魅力で加入したかったのですが、AUひかりサービス対象外地域でした。Orz

キャッシュバックが受けられれば、通信費が浮くのですが、対象外なのでどうしようもありません。

最後の楽天ひかりは、代理店キャッシュバック(12,000円)がもらえ、継続加入した場合毎月200楽天ポイントが貰えます。

キャッシュバックの低さと継続加入のメリットが低いので、辞めとこうかとも検討したのですが、無いよりはマシということで、移行先に楽天ひかりを選択しました。

ソフトバンク光から楽天ひかりへの移行手順(電話加入権ありMNP)

  1. 休止した電話加入権の復活
  2. NTT東日本/西日本の電話加入権を再度休止扱い
  3. MNPで電話番号を移行
  4. 楽天ひかり代理店に電話工事手配
  5. 工事施工

電話加入権ありの固定電話回線MNPの場合、一度NTT側に休止扱いとなっている回線の復活を申し込む必要があります。

その後、再度MNP手続きをし、移行サービス側(ここでは楽天ひかり)と契約を結び、再度NTTに回線休止依頼をかける必要があります。

まぁ・・・ハッキリ言ってめんどくさい!ここまでするメリットあるかなと考えながら、ソフトバンク光に解約相談をしました。

参考NTT固定電話回線(NTT加入権)を新規購入しました

ソフトバンク光に解約の電話をしたところ・・・

ソフトバンク光に電話した所、15~20分ほど待たされてオペレーターが応答しました。(かなり時間がかかります。。)

たろ
ソフトバンク光から他社へ移行するので、解約方法を教えて欲しい。解約可能月なので、違約金もかからないはずです。

 

オペレーターから、現在の状況・契約内容の説明。移行理由等の問い合わせがあり、最後に「弊社側からプラン提案させてもらないでしょうか」と逆提案がありました。

これは・・・携帯と一緒で電話問い合わせ優遇してくれるのかなと期待をこめてお願いした所、15分ほどで折り返すと返答がありました。

15分くらいで電話が掛かってきて、「たろ様の契約内容であれば、1年間月額1,080円のお値引きが可能です」との回答がありました。

 

2年縛りということもあるのですが、年間12,960円値引きしてもらえるなら、楽天ひかりに無理やり移行する手間を考えるとお得+最悪1年間だけ使用して、その後移行先のキャンペーンで違約金キャッシュバックしてもらっても良しということで、ソフトバンク光に残留となりました。

 

ソフトバンクの常套手段ですが、携帯電話だけでなく固定回線でも通用するのは初めて知りました。

解約可能月ということもあったのでしょうが、ソフトバンク光ユーザーの方で移行検討する際は覚えておいて下さい。

結果的には残留ですが、AUひかりが良かったかも

移行不可能な2つのサービス先(NUROひかり、AUひかり)が利用できた場合、AUひかりが断然いいですね。

43,000円キャッシュバックが入るので、ソフトバンク光との往復である程度固定回線代が浮く計算になります。

自宅ひかり回線の場合、ハズレを引くと泣きをみることになりますが、最近は回線の増強で各社そこまで優劣が出る状況でもないですしね。



AUひかり-ソフトバンク光の往復がベストかもしれません。

参考【ソフトバンク光厳選代理店比較】結局一番どこが得するの?