2018/05/085 Shares

投資初心者が投資前に最低限知っておきたい3つの投資商品

当方投資顧問業を保有していないので、一切金銭要求したことが無いですが、たまに投資相談があります。

「初心者ですが、どの投資商品を購入するのがいいでしょうか?」といった類の話しです。

回答としては千差万別十人十色あるのですが、個別株・金・FX・外貨投資・不動産・仮想通貨といった投資商品を薦めてくる場合は距離を置いた方がいいでしょう。

投資商品として、初心者にはハードルが高すぎです。

では、どういった商品・投資法を推奨するべきなのでしょうか?ベストな答えはないかもしれませんが、ベターな答えは用意できるはずです。

投資初心者が、最低限知っておきたい3つの低コスト投資商品をご紹介します。

スポンサーリンク

そうは言っても始めは貯蓄

投資初心者は今から資産形成をするため、投資はまとまったお金ができるまでは控えた方が無難です。最低限1カタマリの単位百万円くらいまでは、自分の稼ぎから貯蓄をしましょう。

逆に言うと、百万円貯めるくらいの辛抱が無ければ、投資には不向きです。

投資は値動きにより感情を激しく揺さぶられ、『辛抱』が一番のキモになります。

1万円単位の積立投資から始めても問題ないですが、まとまったお金があった方が精神衛生上楽だという点も申し上げておきます。

学生時代に貯めているという方は貯蓄力があるので、早速はじめましょう。

参考100万の貯め方は色々だけど心掛けておくべきたった1つのこと

参考1000万貯める方法 貯めたいなら四の五の言わず100万貯めて下さい。

『絶対』『確実』に儲かる商品は無い

投資の「と」の字も知らない方に対して、『絶対』『確実』『元本保障』という言葉は無責任です。

投資詐欺で検索すると、色々な詐欺事件が出てきます。安愚楽農場・豊田商事事件などなど儲かる!と飛びついて損を出す投資家が多数います。

昔から言われていることですが、元本保障+高利回り商品なんて一般人には回ってきません。投資元本最低限10億円以上のスーパーリッチ層なら、色々と話があるかもしれませんが我々にはおどぎ話の世界です。

こういった話には、飛びつかないようにしましょう。

投資初心者にオススメできる投資商品

100万円貯めました。どういった商品がいいのでしょうか?と聞かれたとします。

色々な投資商品がありますが、以下のような投資商品がベターなのではないでしょうか。

  • 初期、ランニングコストを極小にできる株式インデックスファンド
  • 個人確定拠出年金(IDECO)、積立NISA等の非課税枠を使用(楽天証券使用)
  • 円投資ができる
  • 日本30%:海外70%の比率で積立て
  • 2年かけてIDECO・つみたてNISA枠で100万円を積立。

その間に貯めた資産で、追加投資

株式投資かというと、ペーパー資産の中で株式投資がずば抜けて長期収益性が高いためです。

日本、海外それぞれに投資できる株式ファンド2つを半々で積立。日本・海外を以下のようなファンドで選んでみました。これを30:70で2年間毎月積立ていくようなイメージです。

 日本・・・三井住友・DCつみたてNISA(30%)

 海外・・・楽天全米株式インデックスファンドor類似低コストファンド(70%)

その後も追加投資していきますが、投資期間2年の間に貯めた資金を充当していきましょう。貯めるペースが早ければ、積立増額も検討しましょう。

税制優遇政策が高いIDECOから枠を埋めて、残った分をつみたてNISAで積立がいいです。

代表的な資産クラス債券(国内・海外)を入れない理由としては、以下の通り

  • 代表的な変動10年日本国債は利回りが悪すぎ+流動性が現金に劣る
  • 外債に関しては、高レベル投資家向け

債券は2018年現在では、高価格・超低金利が継続しています。どうしてもお金を働かせたいが、元本毀損したくない!というお金なら変動10年日本国債でも問題ないですが、現状年0.1%以下の金利なら現金に置いておいた方が何かと便利です。

参考国債購入するメリット・デメリットをまとめました

ファンド2本積立が面倒なら・・・

これでもややこしいので、もうザックリ楽天全世界株式インデックスファンド(楽天VT)1本買っとけばいいかもしれません。

尊敬する山崎元氏は、日本:海外株式50:50で保有するのが良いという指摘がありました。ただ、私は日本株に関してはやや懐疑的な見方をしていて、10-30%程度保有していればいいのではと考えていますので、楽天VT1本でも十分要件(日本割合約10%)に足ります。

債券も入れたい!という方は、手数料は0.8%前後と少し高いですが、セゾン投信グローバルバランスファンドがキッチリ国内・外国債券を入れてくれます。

参考【セゾン投信】年金に頼らず老後の生活資金を確保したい方へおすすめの投資信託

投資初心者への選択したい投資商品

投資初心者が知っておきたい3つの投資商品

1.日本:海外=30:70で以下2つのファンドを積立

  日本・・・三井住友・DCつみたてNISA

  海外・・・楽天全米株式インデックスファンドor類似低コストファンド

2.楽天全世界株式インデックスファンド(楽天VT)を積立

3.債券クラスも入れたければセゾングローバルバランスファンド

1・2・3どれを選択したとしても、20年以上長期積立ができるならプラス運用が可能です。3の方へいくにつれてリスクはマイルドになりますが、ランニングコストはかかってきます。

冒頭でも書きましたが、個別株・金・FX・外貨投資・不動産・仮想通貨この辺は敬遠した方が無難です。値動きは激しいですが、初心者がやるとビギナーズラックだけで後は失敗します。

我が家のIDECO・つみたてNISAの配分です。枠を満額使用できるなら、非課税運用ができるため断然お得です。

※1 2018年時点の税制に沿っているので、税制変更があれば変わる可能性が高いです。

※2 投資は自己責任です。

参考つみたてNISA始めます-メリット・デメリット・投資対象投信-

参考確定拠出年金(IDECO)投資を再開した5つの理由