2018/07/213 Shares

本の音読サービスAudible(オーディブル)1ヶ月使用したメリット・デメリット

 

最近知ったのですが、Amazonの関連サービスAudible(オーディブル)

出版されている本を朗読者が朗読するというサービスです。

最初1ヶ月無料期間を半信半疑で使用していたのですが、結構ハマって無料期間が終わり課金(月額1,500円)をしてしまいました。

私にとっては、新刊1冊分のメリットがあったので課金したわけですが、今から無料期間を試してみようかなという方もキット多いはず。

そこで、メリット・デメリットを交えながら、Audible(オーディブル)を紹介していきます。

迷っている方は、一度サラッと本記事を読んで無料加入を検討下さい。

スポンサーリンク

Audible(オーディブル)とは?

先程も書きましたが、Audible(オーディブル)はAmazonの書籍音読サービスです。

名作・人気の現代文学・自己啓発・ライトノベル・落語まで、多彩な20以上のジャンルの本が揃っています。

アンドロイド・iPhone・PC様々なタイプの端末に対応しており、アプリをダウンロードすればすぐに使用できます。

耳で聞くタイプなので、様々なシチュエーションで本を聞けます。

Audible(オーディブル)のメリット

多彩なジャンル、本の数

先程も書きましたが、非常に多彩なジャンルの本があります。

ジャンルは先程書きましたので、オススメの本をご紹介

自分を操る超集中力 Daigo著

何冊かDaigo本を読んでいますが、本著は音読で聞くのにもってこいです。

Audibleの場合、どうしても聞き流すという感じになります。本著は、短いセンテンスでまとまった知識が入りますので、Audible(オーディブル)と相性が良いです。

お金の流れでわかる世界の歴史 大村大次郎著

昔本で読んだことがあったので、倍速で聞いた一冊。

元国税職員が歴史を「お金」で読み解くという趣旨の本ですが、読み物として非常に面白いです。

古今東西あらゆる所で使用されていた「お金」は、文明の栄枯盛衰に密接に関わっているのが非常に分かりやすく説明されています。

知らないと恥をかく世界の大問題シリーズ 池上彰著

TVで引っ張りだこな池上彰氏

非常にたくさんの著作を出している方ですが、本シリーズは著者の「分かりにくい事も分かりやすく」解説されている1冊です。

1は大分古い話題のため、最新刊から聴いた方が良いです。

iPhoneと相性抜群

Airpodを使用しながら聞いていますが、非常にiPhoneと相性が良いです。

アプリを起動して本を選択すれば、5秒で以前聞いた所から開始します。

音声データをダウンロードしているので、当然と言えば当然ですが、これができないアプリを大量に見てきました。この点では、非常に優秀です。

参考Airpodが私のiPhoneにとって最善のイヤホンでした

場所を選ばない汎用性

通勤電車にゆられながら・自動車に乗りながら・料理をしながら

Audible(オーディブル)は、こういったながら作業時と相性バツグンです。

音読のため、iPhoneとイヤホンがあれば、どこでも聴けます。

再生速度を選択可能

再生速度を自由自在に変更可能です。

速度も0.25~4倍速まで(本による)選択可能。2倍速だとかなり早いので、1.5倍速程度がオススメです。読んだことある本であれば、2倍速以上でも聞き取れます。

違う端末で続きを視聴可能

アンドロイド・iPhone・PC様々な端末に対応していますが、Amazonアカウントでログインするため、どの端末でも同期可能です。

外出してiPhoneで聴いていた本を、自宅に帰ってPCで続きを聞く等も可能です。

Audible(オーディブル)のデメリット

聞き直しが面倒

聞くタイプのアプリのため、聞き直しが面倒です。外出時に端末を出して、わざわざ巻き戻して聞き直すというのは不便なため、基本的には聞き流すタイプと判断して下さい。

価格が高い

1ヶ月の無料期間後は、月額1,500円が必要になります。

新刊1冊分程度の費用を高いと見るか安いと見るかは、聴く時間によります。私の場合、毎日30分~1時間程度お気に入りの本を手に持たずに聞けると考えて、課金しました。更新頻度が悪いorお気に入りの本を全て聴いてしまった場合は、課金を止めるかもしれません。

小説は不向き

小説も聴いてみましたが、朗読小説は私には合いませんでした。

会話を朗読するということは、朗読者の声の抑揚に左右されるため、文字で読むのとでは結構違います。

まとめ

本記事をまとめます。

Audible(オーディブル)1ヶ月使用したメリット・デメリット

メリット

・多彩なジャンル、本の数

・iPhoneと相性抜群

・場所を選ばない汎用性

・再生速度を選択可能

・違う端末で続きを視聴可能

 

デメリット

・聞き直しが面倒

・価格が高い

・小説は不向き

 

一長一短あるサービスですが、1ヶ月の無料期間であれば断然使用をオススメします。

それ以降は、価格(月額1,500円)とメリットの天秤にかけて、価格に見合ったサービスであれば継続使用で問題ないレベルのアプリです。

Audible(オーディブル)体験には、Amazonアカウントが必須

1ヶ月無料期間を体験する場合、Amazonアカウントが必要になります。

Amazonはあの手この手で会員数を増やそうと躍起になっていますが、1つくらいはアカウント取得しておいた方が便利です。

 

Amazonプライム会員になれば、キンドル本読み放題のキンドルUnlimitedや音楽聞き放題のAmazonミュージックとかも使用できますが、いらなかったら無料アカウントでも問題無いです。

アカウントが無いと、Amazonの使用自体が困難になるので、無料アカウントくらいは取得しておきましょう。(今どきAmazonアカウント持ってない方いるか不明ですが・・・)