2018/03/013 Shares

UQモバイルを5ヶ月使用してみたら、通信費が凄いことになりました

昨年の10月にソフトバンクから、UQモバイルへMNPしました。

参考ソフトバンクからUQモバイルへMNP2年総額費用(メリット・デメリット)

UQモバイルに移ってみたはいいけど、回線不良を起こしたり、通信費が高額になるんじゃないかと心配していました。

結論的には全くの杞憂でした。快適+節約ができて、非常に満足しています。

通信費が、逆の意味で激安でビックリしている所です。その辺の話と使用感をメリット・デメリット交えて、レポートします。

スポンサーリンク

ソフトバンクからUQモバイルへのMNP経緯

現在iPhone8をAppleから白ROM端末を直接購入して、UQモバイルSIMを挿して使用しています。

データ詳細(PDFで開きます)

表の①のプランです。高速データ通信(3GB)で、月々の無料通話無しというプランを選択しています。②と比べると、無料通話無しの変わりに1GBデータ通信量が多く充てがわれています。

『通話を極力LINEで済ます』+電話をしないという前提を考えての選択です。

②の無料通話プラン付きと比べても2年間で約20,000円の節約になります。

MNP期間が来たので、安いMVNOに移ってみた+新品iPhone8が使いたかったというのがMNPの理由です。

メリット

十分な通信量

UQモバイルの場合、未使用のデータ通信量は翌月繰越可能なため、最大プランの倍6GBまでプールできます。3GBで少し多いかなと感じていましたが、6GBまでプールできるので、どうしても外出先で動画を見たい!って時でも頼りになります。

私的には3GB+3GBの6GBというのが、体感して丁度良い通信量でした。

ちなみに動画は外出先で見ないけど、データ通信(メール・ヤフーファイナンス・Yahoo!・ブログ閲覧等)をメインに使用しています。

格安通信費

経緯の所の表を確認していただくと、①のプランでiPhone8使用していますので、24ヶ月で理論上133,056円です。

理論上というのは、電話通信費がかからなかった場合となります。

実際は携帯で電話かける場合がありますので、増える可能性が高いです。

では、実際の通信費がどうだったか?見てみましょう。

年月通信費用(UQ)
2017年10月646円
2017年11月1,817円
2017年12月1,838円
2018年1月2,161円
合計6,462円

ほぼ2,000円以内には収まっています。

月2~3回1分以内程度の会話のみで、極力ライン通話にしている結果ですが、2年で140,000円以内にはおさまりそうです。

以前はiPhone6を使用していたのですが、水没でiPhone8に変更した経緯があります。

参考【実体験】iPhone6が水没して動かなくなった時の正しい手順・誤った手順

防水機能が追加されているので、落下以外だと壊れないはずなので、3年持てば持たせる予定にしています。3年の場合、端末代2年として計算しているので、残り1年は24,000円で持てる計算です。

※表の①のiPhone8 36ヶ月199,584円は間違いで、157,000円程度です。

良好な回線速度

AUのセカンドキャリアの位置づけなので、回線がめちゃくちゃ早いです。

高速モード時なら、ほぼノンストレス。

節約モード時でもニュース程度なら、少し遅いかな?という程度で読み込んでいきます。

対抗のワイモバイルと比較して、セーブモードの選択が簡単にできるので、評価ポイントが高くなっています。

ちなみにセーブモードにすると、遅くなりますが通信量無制限です。

ワイモバイルとUQモバイル2社のソフトバンク・AUとの癒着が酷いんじゃないかとは思いますが、通信速度は死活問題という方にとってのMVNOはこの2社の選択にしかなりません。

営業戦略と言えばそれまでなのかもしれませんが、もう少し総務省辺りが監督しないと寡占状態抜けられなさそうですね。

デメリット

電話がかけづらい

おしゃべりプランつけろ!と突っ込まれそうですが、従量制のため電話がかけづらくなっています。

LINE電話では限界があるので、ある程度通信費増額を見ておかないといけません。長電話したら、いきなり通信費激増という事態になります。

毎月の通信量を6GBMAXにもっていけるように計算する必要あり

1ヶ月繰越できて、6GBMAXで使用できるようにしていますが、チョット気を緩めるとすぐに3GB以上使用してしまいます。

快適・セーブモードの使い分けをコマメにやる必要があるのですが、一回快適モードにするとツイツイ使用し過ぎる事態が発生します。

まとめ

UQモバイルを使用して5ヶ月経ったので、一度メリット・デメリット交えて使用感をレポートしてみました。

使用して感じていることは、キャリアとほぼ変わらないという点です。

通信速度の点では非常に心配していたのですが、Auの第2キャリアの位置づけということもあってか、高速モードだと遜色全く無しです。節約モードでもチョット遅いかなという所なので、回線速度でMVNOにMNPしようか迷っている方にはオススメです。

料金に関しては、文句無く驚きの低価格が実現できております。

デメリットが見つけづらい、高品質MVNOです。オススメします。