2018/02/276 Shares

他人事と思っていた休眠口座問題 蓋を空けてみると棚ぼたの利益発生!

2012年~2013年にかけて、休眠口座に関しての諸法案が整備されました。

当時、新聞でデカデカと書かれていたのを見て確認しなきゃなぁと放ったからしにしていました。

最近複数口座あった預金通帳を整理していた所、見覚えのない通帳が出てきました。

銀行に行って調べてもらった所、口座内に預金があって棚ぼたの利益が発生しました。

同じような方がいてそうなので、注意喚起がてら書いてみます。

スポンサーリンク

休眠口座は年間なんと1300万口座!

日本の休眠預金問題の背景には、日本の銀行口座数が11年現在で国民1人当たり10口座、全体で12億口座に達し、1人当たり2~3口座が普通の先進各国に比べて、異常に多い現実がある。

現在、年間に発生する休眠預金は1300万口座で約850億円。単純計算すると1口座当たり約6500円、90%以上が1万円以下の小口預金とみられる

引用:産経ニュース2016.9.27版

日本人というのは、金融機関に依存しやすい体質みたいです。

親が作成したり、1000万円のペイオフにかからないように複数保有したりする人が多いのでしょうか?

私も他人の事を言えないくらいに金融機関に入っている口でして、一時期IPOにドップリハマって、証券会社口座が大量開設した時期もありました。

ただ、今回発見した休眠口座は、私が成人して間なしに使用していた銀行預金です。給料とかを振込していたのですが、大手銀行→ネット銀行と変更していった結果忘れ去られた存在でした。

複数口座持つ私のような人が、年間100万人以上いるということでしょうね・・・

積立口座に紐付きしていた普通口座

今回発見した口座は、積立口座に紐付きしていた普通口座でした。

普通預金に積立機能を付け加えたのが正しいのでしょうが、普通預金通帳が無く、積立預金通帳だけがあった状態でした。(キャッシュカードは存在)

それも積立口座は解約済みのハンコが押してあったので、処分してもらおうと銀行に行ったついでの発見です。

「お客様普通預金口座に残額が残っています」と言われた時には、「?」な状態です。

普通預金口座の存在なんて、綺麗サッパリ忘れているわけで当然ですね。

残高は・・・

残高どれくらいあるか確認しようとした所、身分証明が済んでからでないと明かせないという返事だったので、運転免許証を提示。

その後、残高を教えてもらった訳なのですが、、、、

「お客様の残高は、6,250円です」の回答がありました。

さっきの産経ニュースの平均値そのまんまやん!という状況ですが、そんなもんなんですよねー。

けど、6,000円棚ぼたはデカイですよ。ホワイトデーのお返しできちゃいます!

10万円預けても100円の利息も付かない銀行預金よりも、よっぽど高利回りです。それも元本もいらずに6,000円!でかすぎです。

期待に反してすぐには貰えませんでした

金額を聞いて内心小躍りしていたのですが、返金してもらおうとするとNGという返事がありました。

まず、金融機関から現住所に通知を出すので、通知書を再度銀行に持参して欲しいと依頼されました。平日の日中にまた来いというのか・・・と怒りかけましたが、グッと抑えて了承。

併せて、住民票も持参して欲しいと言われたので、1,000円とかしか預金してなかったら、往復していたら赤字状態ですね。

しぶしぶ返金無しで帰宅しました。

休眠口座お家に眠っていませんか?

口座整理でタマタマ出てきたから良かったものの、やってなかったら一生出てこなかったかもしれません。これを見て一度口座確認してみようと思って行動に移される方は、1割くらいしかいないかもしれません。

けど、その1割に入れるか入れないかでお金の貯まり具合も変わってきますので、読んだら即探してみましょう!

ノーリスク・ハイリターンがあるかも・・・しれません。