2017/12/145 Shares

絶好調な株式市場今から参加した方がいいのかor辞めておくべきなのか2017.12

毎月の月次報告でも相場上昇に乗りきれていないと書いていますが、売れる銘柄は売って、買いたい銘柄は多々あってリスト化しているのですが、どこもかしこも高いと思う状態が続いています。

要は購入できる資金はあるけど、二の足を踏んでいる状況でそのまま置いてけぼりを食らっているということです。

結論としては参加しないのですが、今からでも参加した方がいいのかor辞めとくべきなのかその辺を考えていきます。

スポンサーリンク

割安放置株やテーマ株を購入するのがいいのか?

日本株でも海外の株でも高配当+割安放置となっている銘柄は、証券会社のスクリーニング機能で簡単に検索可能です。

割高だけど、テーマ性があって騰がっている株も多々見受けられます。

色々とあることはあるんですよ。それが過小評価されて割安なのか・その株価が適正値なのか・割高なのかを見分けて投資する必要があるのですが、現状の絶好調な相場では全てバンバン騰がっていきます。

じゃあそういった時に投資して、利益をあげれるのか?という問題が出てくるのですが、今なら何とかなるのでしょう。ただし、何も市場が調整せずに、バンバンこのまま騰がるならという条件が付きます。

私の性格からして『高いと思う株を高く買って売り抜ける』という手法は、失敗する可能性が高い。

市場から適正値・割安と見られていても、主観が入って買いにいけない状況です。

JNJ、PM、MOとかの有名銘柄とかVT・VYMがターゲットだが、、、、高い。

 

米国系の高配当・連続増配系銘柄を物色していますが、『今買う必要があるのか?』というただ1つの質問によって買えない状況が続いています。

この辺の銘柄ならいつ買ってもいいというのは分かるのですが、どこかである程度の調整が入るだろうと予測している身からするといきづらいんですよね。

VT・VYMといった、インデックス指標に連動していく銘柄は特に買いづらい。相場が調整したら100%確実に下がるのが分かっているので、買い場が見つからないです。

マイクロソフト・インテル・Amazon系のIT企業も現状伸びすぎてて手だせないですね。

休むも相場だが

「株式市場に見逃し三振はありません。投げられる球、投げられる球、全てを振らなくてよく、いい玉を待ち続けられるのです」とかの有名なウォーレンバフェット氏も言っていますが、言うは易く行うは難しというのがまさしくこの言葉。

投資できるお金があると、投資したくなるもんなんです。

特に利益確定して増えたお金を再投資となると、つい気が大きくなりがちになります。最初のお金も儲かったお金も、質的には同一なのにです。

経済的にはお金の再循環は重要ですが、個人的には死活問題。

投資は少額でもやっておいた方が良いと言われる所以は、肌感覚で景気の動向を追えるという面もありますね。

代替案:IPO・クロス取引で小銭稼ぎ

入りきれてないので、代替案でIPO・クロス取引で小銭稼ぎを行っています。

参考株主優待クロスとは?

参考〈IPO投資〉新規上場株をあまり労力をかけずに手に入れる方法

クロス取引をメインで行っていますが、低リスク・小リターンでチマチマと遊休資産活用中です。

優待品目当てに投資している訳ではないのですが、寝かしている資金を有効活用しようと考えると、できうる選択肢がこれしかありませんでした。

家族にはウケがいいのですが、苦肉の策に近いです。

課題:ストンと落ちた時に買い下がれるのか?

どこかで好調な市場が仮定するとして、そこで買い下がれるのか?という宿題が待っています。人は「得られる利益よりも、失うことによる苦痛の方が大きい」生き物です。

同じ金額の含み益と含み損の株を保有しているとすると、確実に含み損の株に意識が向きます。保有してみたら分かりますが、絶対です。

明らかに割安性のある価格をつけている株を購入したとしても、不景気に陥ると無情にも普通に下落していきます。

無情にもと書きましたが、理由なく落ちていって底が見えない状況に陥ります。

ある程度地面に刺さる所を拾っていきたいですが、底なんて誰にも分かりません。実際は落ちていくナイフを掴みに行くことになるはずです。

タイミングを見るよりも継続して積立投資する方が、長期では良い結果になるというデータも出ている中、できるのかどうか謎ですね。

今から自分の中の適正値を計算しておくことは、大切だと感じています。

勉強する必要性(主に米国株)

圧倒的に勉強量が足りない分野。

特に米国株中心の海外銘柄は、勉強不足感が否めません。

基本的な書籍を読んでいる所なのですが、投資先が英語圏の国々なので、個別銘柄でいくか全体を買えるインデックスETFでいくか悩んでいます。

買える所は拾っていくスタンスなのですが、色々と悩みがつきません。

まとめ

色々と書いてきましたが、現状では参加いたしません(というかできない)。

そして、全て市場が調整〈暴落〉したらの仮定話に過ぎません。

現在高値更新中の日本・アメリカ市場を見ながら、我慢の日々といった所です。

1年くらい置いてけぼりくらって、暴落しても今より高かったりするかもしれませんね。

参考来るべき市場暴落に備えての投資について