貯蓄・節約術

ちまたのFIRE議論に関して

最近メディア等でFIRE議論をよくみます。

ネット界隈では、この1年近くでチラホラ見ていました。地上波のニュース番組にとりあげられるということは、ある程度認知度向上してきたんでしょう。

 

FIREしたい!した!という方のインタビューを交えながら、FIRE特集を組んでいますが、あこがれる方も多いんでしょう。

 

以下のような意見ですね。

  • 何が楽しくて嫌な上司に仕え続ける必要があるんだ?
  • 毎日夏休み最高!

一方、以下のような方々もいます。

  • 毎日夏休みなんて何するんだ?
  • やることなくなるんじゃないの?
  • やりがいは?

どっちも一長一短あって、私は『FIREやりたかったらやればいいんじゃない?自己責任で』という派です。ニュース特集とかも、やってれば見るかもしれませんが、FIREしたいとは今のとこ思いません。

 

FIREがダメ!という高尚な意見を持っている訳でもありません。

私のFIREに対しての、スタンスをまとめておきます。

そもそもFIREとは?

FIREとは、Financial Independence, Retire Earlyの略です。

経済的自立を獲得して、早期退職リタイアするという意味です。

若者を中心に広がっていますが、最近では中高年でもFIREを目指すという方が増えています。FIRE本と検索すれば、やり方本がワンサカ出てくる状況。

 

それだけ、日本という国の閉塞感が強くなってきているんでしょうね。

バブル崩壊前は、国民一丸となって上を目指していましたが、崩壊後30年。

高所得層と低所得層の分断が進み、一般的家庭モデルが崩壊。

 

先の見えない政治の迷走。少子高齢化。海外情勢。コロナ禍。

色々な要因が絡まって、FIREを目指そうという方が増えているのでしょう。

 

歴史的な株高も、後押ししているように感じます。

FIREしたかったらすればいい

そんなFIREですが、冒頭にも書いた通り『FIREやりたかったらやればいいんじゃない?自己責任で』という考えです。

資産額にもよりますが、FIRE熱に浮かされて安易にFIREしている方もいるような気がします。イヤイヤ俺は違うんだ!という方もいますが、ホントにキチンと理詰めで考えて、FIREしている方というのは一部でしょう。

 

最近のFIRE層は、低年齢化しだしているので、どう考えているのか分かりませんが、以下のような基本的な事項は抑えていると思います。

  • ある程度の貯蓄、投資知識
  • 基本的な年別収支
  • 年間の支出額の予測
  • 最悪時の予測

ここまでは最低限で、ここから『運』が大きくからみます。

  • 不足事態(事故等)で寝たきりになった
  • 10年近くFIREを続けて、金銭不足状態になった

FIREとセミリタイアとは相性がいいのですが、大きく金融資本が損なわれると、挽回しづらくなります。人的資本が先細っていく方が多く(一部除く)、金融資本への依存度が高いためです。

 

FIREしていない人も運の悪さはどうしようもないのですが、ある程度のセーフティネットもあるのも事実。その辺も折込済で、FIREしたい!というのであれば、止めることもないでしょう。

 

『FIREやりたかったらやればいいんじゃない?自己責任で』となります。

スポンサーリンク

FIREに向いてそうな属性

ここからは、FIREに向いてそうな属性です。

以下のような要素を持っていると適正高そうな気がします。

  • 独身
  • 社交性高い
  • 「働く」以外に目的を持てる人
  • 金銭感覚が高い
  • 低コストで生活できる

てか、、、すべて持っているなら、別にFIREせんでもいいくらいですね。

独身、金銭感覚が高い、低コスト生活ができるは、必須でしょうか。

資産規模にもよりますね。

5,000万円でFIREするのと、2億でFIREするのとでは全然違います。

現金2億あれば、オレオレ詐欺とかに引っかからなければ、ある程度の生活はできるのではないでしょうか。そこまでの資産持っていれば、FIREせんでもFIRE同然なんでしょうけどね。

FIREにに向いてなさそうな属性

FIREに向いてない属性は、向いている属性の逆ですね。

  • 世帯持ち
  • 社交性低い
  • 「働く」以外に目的を持てない人
  • 金銭感覚が低い
  • 高コスト生活

パワーカップルみたいな世帯ならいいですが、子供がいるとFIREは非常にしづらいです。

子供はいい面もすごくあるのですが、金銭面からいうと最終的にどれくらいかかるか分かりません。他の面で高い適正をもっていても、まとまった資産がない限り、FIREしづらいでしょうね。

金銭感覚が低くて、高コスト生活な方は、それ以前に難しいですけど。

最後は自己責任

どんだけ適正が高くても、不測の事態は起こりえます。

 

働いていても起こるので、こればっかりは自己責任で決めてもらうしかないですね。ただ、FIREできる層(セミリタイア除く)って、かなり限られてくるんじゃないかと。

 

セミリタイアとかなら、Uberイーツとか活用しながらとか、やり方はいくらでもあるみたいですが。私は二の足ふみますね。

ABOUT ME
たろ
Twitterアカウント(@tarohibi) 妻+子二人と仲良く暮らしている30代後半のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産3000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください