書評

育児書

書評:「学力」の経済学 著者:中室牧子

・ご褒美で釣っても「よい」 ・ほめ育てしては「いけない」 ・ゲームをしても「暴力的にはならない」 P.3 人間はだませてもデータはだませない P.7 著者中室牧子さんは、教育経済学者です。 教育経済...
スポーツ本

書評:筋トレが最強のソリューションである 著者:Testosterone氏

ツイッターアカウント (@badassceo)で「筋肉のことばかりつぶやいている」素性が謎な人物Testosterone 現在は日本企業の役員を務めつつ、とあるアジアの大都市で企業の社長として働いているらしい。 ...
投資本

書評:バビロンの大富豪 著者:ジョージ・S・クレイソン

現代における「富の支配法則」とは、バビロンの市街に裕福な人がひしめいていた数千年前の法則と、少しも変わるものではない。 帯部 古代バビロニア王国 紀元前というキリストが生まれ遥か前の紀元前600年に最盛期を迎えた都市。イシ...
投資本

書評:全面改訂 ほったらかし投資術 著者:山崎元×水瀬ケンイチ

インデックス投資家なら一回は聞いたことがあるブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の管理人水瀬ケンイチ氏と、以前にご紹介した『学校では教えてくれないお金の授業』他著作多数の山崎元氏という二人の共著という形で発売した一冊。 ...
育児書

書評:21世紀に生きる我々に残してくれた本 著者:司馬遼太郎

子どもは何をしなくてはならないのか? 人は何のために生きるのか? 本帯部 司馬遼太郎と言えば、『竜馬がゆく』・『坂の上の雲』・『峠』といった時代小説を思い浮かべられる方が多いと思います。 確かに時代小説=司馬遼太郎と...
読書術

書評:本を読むための読書の技法 著者:佐藤 勝

最近、自分の読書法を一から見直してみようと、色々な読書法本を読んでいます。読書法本と言ってもかなりの数があって、目移りするレベルです。 今回は、『読書の技法』佐藤勝 著から本を読むための3つの読書技法をご紹介します。 目...
お金関連本

書評:禅とマネー 生田一舟著

お金好きですか?私は大好きです。 お金があれば何でも買えて、体験したいサービスも受け放題です。こういうお金ばっかり追いかけている輩を何て言うかご存知ですか? 『拝金主義者』と言うそうです。 拝金主義(はいきんしゅぎ)と...
ビジネス書

書評:ちょっとした行動で未来を変える Daigo著

最近ブロガーの中で話題なメンタリストDaigoそんなDaigo本の中で最近目につくのが『人を操る禁断の文章』 この本かなり有効な本で読んでらっしゃる方が多いのですが、より一般向けに分かりやすくしたビジネス本がこちら『ちょっとした行動で...
投資本

書評:投資で一番大切な20の教え ハワード・マークス著

「強気株式相場での心理環境で是非読みたい1冊」ということで、『投資で一番大切な20の教え』著者:ハワード・マークスをご紹介したいとおもいます。 この本を知ったのは、他の著名個人投資家さん数名が推奨されていたのを見て購入しました。 まだ...
ビジネス書

書評:社長のノート 仕事に大切な「気付きメモ」 長谷川和廣著

最近ブックオフを彷徨っていい本を探すのが日課になっています。 そんなブックオフで見つけた1冊『社長のノート 仕事に大切な「気付きメモ」 長谷川和廣著』から厳選した気付きをご紹介します。 何か一つでもみなさんの役にたてれば幸いです...
育児書

2歳児娘へのクリスマスプレゼント候補7選

クリスマスの時期。 2歳児両親の方々は、クリスマスプレゼント選びに四苦八苦されていると思います。 だって2歳児って喋れるんだけど、本当に欲しい物って自分から言えないからです。 私が「これ欲しい?」って聞くと何でもかんでも...
お金関連本

書評:通帳は4つに分けなさい  亀田 潤一郎著

お金に対する考え方は、人それぞれ異なるものです。そのため、お金を残すためのルールは、できるだけ万人にとって再現性があるものでなければなりません。 P.62 突然ですが、みなさん家計簿つけていますか? 私は、毎週毎週毎週毎週毎週毎週・...
お金関連本

書評:学校では教えてくれないお金の授業 山崎元著

お金貯めませんか? ダイレクトで申し訳ないですが、読むだけでお金の考え方・貯め方がわかります。 お金・お金というのが嫌な方もサラッと読んで頂ければ、世の中のお金の亡者(主に金融業者)にお金を取られなくてすみます。 ...
ビジネス書

書評:道をひらく 松下幸之助著

日本人なら一度は耳にしたことがある経営者松下幸之助(以下松下翁)。 経営の神様と呼ばれ、パナソニックを1代で築き、松下政経塾の創設者でもあります。 経営者から一般社員迄幅広く、年代問わず支持を集めている方です。 そ...
投資本

書評:臆病者のための株入門 橘玲著

最近株関連ばっかですね。 他にも色々書こうと思ってはいるのですが、やっぱ好き・興味のある本からになっちゃうんですよね。 今回は、本屋で出会った『臆病者のための株入門』橘玲著」をご紹介します。 この本は、トレーディン...
読書術

書評:大人のための読書の全技術 斎藤孝著

新社会人や大学新入学生の方で秋口から読書をしたいけど、そもそも読書のやり方がわからないという方。 読書しているけれども効率のいい読書法がないか、探されている方。 今日は、本書斎藤孝著「大人のための読書の全技術」から、読書技術を高...
投資本

書評:世界一優しい株の本 奥山 月仁著

収益価値>解散価値 株価 = 近未来の1株利益 / ( 金利 + リスクプレミアム) 収益価値<解散価値 株価 = 1株当たり解散価値 昔の人はシンプルイズベストと言っていましたが、美しい式ですね。 本書「世界一やさしい株の本」は、...
投資本

書評:テンプルトン卿の流儀 ローレン・C・テンプルトン著

他人が絶望して売っているときに買い、他人が貪欲に買っているときに売るには、最高の精神的強靭性が必要とながる、最終的には最高の報いが得られる。 P.7 投資をやってらっしゃる方ですと、一度は聞いた事がある有名な一文ですね。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました