2018/11/073 Shares

GOLFTEC(ゴルフテック)を1年間マンツーマンレッスン受講して100を切った話

昨年の今頃からゴルフスクール『GOLFTEC(ゴルフテック)』に通いだして1年

最初はコーチから「棒にも箸にもかからない」的なニュアンスでダメ出しを受けながら、レッスンの日々

コツコツやっていれば何とかなる!ではないですが、100を切れました。100を切ったと言っても、気がゆるむと100台に逆戻りするレベルです。

ただ、以前よりも100を切れる自信が増してきていますし、不振の根拠みたいなものも自分で自覚して、修正できるレベルまできました。

万人に向いている訳ではないですが、万年100台をウロウロしている方には、マンツーマンレッスンオススメします。何故オススメしたいか踏まえて、1年の軌跡を振り返ります。

スポンサーリンク

ゴルフテックでの1年間

スイング診断~レッスン5回目くらいまで

スイング診断については、下記の記事でご紹介していますが、私の場合典型的なアウトサイドインのスライサータイプでした。

自分ではスライスを矯正しているつもりでやっている動きでも、レッスンプロかわ言わせると「理にかなっていない動き」となる訳です。

5回目くらいまでは、ボールポジションやスタンスを徹底的に治されました。

重要項目なので、後で再度出ますが、ほんとんどの素人は正しく立てていません。レッスンも受けたことがない自己流であれば、ナオサラです。

この土台の構築に、レッスン5回分程度かかりました。

レッスン6回目~10回目

この辺で一番言われたのは、『左右サイドの壁ができていない』です。

これ頭では理解できていても、実際映像で見たら全くできていませんでした。

右足で踏ん張っているようでも、モニターを見ると右に流れています。

逆もしかりで、左膝がながれるのでよく足の間にカゴを入れて練習していました。

ここは何度もプロの画像と見比べながら、徹底して治されました。

レッスンプロから言わせると「素人は体重移動しすぎ」が多いらしく、私も典型的な体重移動しすぎタイプでした。

10回目~15回目

10回目以降、バックスイング側のレッスンをよくやっていました。

  • 正しいバックスイング方向
  • シャットフェイスの作り方
  • 肩の回し方

この辺を重点的にやっていました。

実際にはこれだけではなく、逐一モニターを見たり、プロのバックスイングを写してティーチングしてもらったりしていました。

16~25回目

バックスイングからフォローまでの一連の流れを、球を打ちながら修正してました。

  • インアウトに振る方法
  • 頭を残す
  • 腕の回旋

最近マーク金井さんという有名なゴルフ評論家のブログを見るのが日課なのですが、GOLFTECのレッスンとマークさんの理論似てるとこがあります。

かなり近いので、理論的には正しいスイングを学べているのかなと判断しています。

一番重要なこと『正しく立つこと』

レッスン受けて何が一番良かったかというと、『正しく立つこと』を学べたことです。

大げさに言うと打つ前に結果が出ていて、正しく立てていないと「お前はもう死んでいる状態」と言っても過言ではない感じです。

ボールをセットするスタンスポジションを徹底的に学べたのは、非常に良かったです。

足の向き・肘の向き1つとっても、一定のポジションがあり、そこから逸脱すると修正する動きを加味する必要が出てきて、ボールに正確なコンタクトが困難になります。

プロがレッスンプロ等に、スタンスを重点的に見てもらうというのが、納得できました。

ショットの何が悪いのかを認識できるようになった

素人に毛が生えた程度ですが、何が悪くて悪球が出るか判断がつくようになりました。

今までは、出た球に合わせてスイングを変えていたのですが、何が悪いかを少し理解できるようになりました。スイング変えずに、悪かった点だけを修正するといった感じで、出玉が調整できています。

100を切れたくらいの私が言うのも何ですが、やみくもに打ちっぱなしで300球打つより、理解してスイング練習50素振りした方が効果的です。

こういった方は、マンツーマンレッスンはオススメ

ライザップゴルフ・GOLFTECといった、マンツーマンレッスン系を特にオススメなのは以下のような方です。

  • 一からゴルフをやる方
  • スイング修正を自分でできない方
  • 100を切れない方

ゴルフというのは止まった球を打つだけですが、素人が打つとまず打てません。

ボールにアタリません。バットと違って、ゴルフクラブは中心線の延長線上に打点が無いためなのですが、これを打つのに非常に手こずります。

ゴルフを本格的にやる!という目的の素人の方なら、絶対マンツーマンレッスンを受ける方が早道です。変なクセがついた後修正するよりも、何もクセの無い状態からやった方が上達度合いは段違いとなります。

スイング修正をご自身でできない方も、一度正しいスイングを学ぶためにも受講した方がいいです。出玉に合わせてスイング修正していると、何百球と毎週練習できるのであればそれでいいですが、そこまで練習できる時間が無いんじゃないでしょうか。

100を切れない自己流でやっている方も、一度スイング診断だけでも受けた方がいいです。1ポイントレッスンになりますが、悪い所を画像診断してもらえます。

ゴルフは、再現性のスポーツです。再現性を高めるためには、画像チェックとプロの目はかかせません。ライザップゴルフ・GOLFTECどちらでもいいので、こういったプライベートレッスンは1度受けてみた方がいいでしょう。

これから20年以上ゴルフやるという若年~中年層であれば、なおさら元が取れるので採用したいところです。