やるだけで幸福度が上がる方法

unknown person holding balloons outdoors

やるだけで幸福度が上がる方法など普通ないよね。

あなたも思っているはず。眉唾じゃないかと。

 

そうではありません。

ただ『やるだけ』でも、幸福度は上がるんです。

 

1点だけ付け加えると、あなたが主体的にやれば幸福度は上がります。

ここまで読んで、そんなワケないと思ったらお戻り下さい。

何故なんだろう?と少しでも知りたい!と思ったら読み進めて下さい。

ただ主体的に実践するだけで幸福度が上がる。

行動を起こした結果、成功したかが重要なのではない。行動を起こすこと自体が、人の幸せなのである。

矢野和男著:データの見えざる手 ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則

行動の成否により、人間の幸せは左右される。

普通の人であれば、こう考えます。

 

結果より過程と叫ばれて久しい現代社会。

その結果も過程も幸福に必要ではありません。

ただ行動を起こすだけで、人は幸せになれるのです。

席をゆずる、立候補する。何事にも率先してやるのが重要

行動を起こすと言っても、大小色々あります。

小さいことでもいいので、自ら行動を起こすという必要があります。逆に言うと、行動を起こさなければ=受け身でいるうちは、幸福感は得られません。

 

何かを達成するというのは、一定の努力が必要です。

行動を起こすだけであれば、誰にでもできます。

他者につくすのも幸福度が上がる。

他者につくすというのも、幸福度は確実に上がります。

人間は、大昔から群れて生きる動物です。

 

群れるということは、以下の公式が成り立ちます。

群れの中で貢献する=自身の地位が上がる=幸福度UP

 

群れの中で貢献とは、群れの誰かにつくすということです。

そのため、他者につくすのは幸福度UPの有効な手段となります。

 

ただし、つくしすぎて燃え尽きる(ギバーになりすぎる)のも要注意です。

 

コミュニティ内で一番メリットがあるのもギバーですが、搾取されやすいのもギバーです。

スポンサーリンク

実践例:とあるコミュニティでTA(ティーチング・アシスタント)を引き受け

とある勉強系コミュニティでTA(ティーチング・アシスタント)を引き受けました。

TAとは講師の補佐をして、受講生を教えていく役割です。

大学院とかでは普通にあるみたいですが、色々な学びを得ています。

・知識UP
・コミュニティへの貢献度UP
・やりとりが増えて幸福度UP
・報酬は低いがやりがいあり

教えるのには、最低限の知識レベルが必要です。

また、コミュニティへの貢献もできます。

コミュニティ内のやりとりも増えます。やりとりの増加は、幸福度に直結します。

報酬に関しては、度外視ですが出ます。こういう体験ってプライスレスなので、主にやりがいという面でプラスに働いています。

(やりがい搾取系もあるので、見極め大事!)

自分が自分をコントロールできる状態を人間は好む

自分が自分をコントロールできない状態は、ストレスを生みます。

 

新入社員で、いきなり高残業の職場に置かれて、右も左も分からない。そこでやれと言われたことをやる。

新入社員あるあるですが、行き過ぎると燃え尽きます。

 

人間は選択の自由を昔から求めています。

現代社会では、よりいっそう重要になりつつあります。

 

ただやるだけで、幸福になります。

やらない手はないでしょう。主体的に行動しましょう!

ブログ雑記
スポンサーリンク
シェアする
たろをフォローする
お金らいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました