○○するだけで全体の半数以上になれる

「○○するだけで!あなたもキレイになれる」

TVの通販番組でよくある話です。

 

ほぼフェイクに近いものばかりです。

しかし、購入者が一杯います。

 

そんな話をお届けしたいワケではありません。

先にタネ明かしすると、『読書するだけで全体の半数以上になれる』です。

 

これはホントの話で、実際データを調べると明らかです。

実質全体の25%以上

全体というのは、日本国民全体を意味します。

2022年1月1日時点の日本の人口は1億2592万7902人

半数なので、約6,296万人

 

読書を習慣化している実質人口は、半分くらいとみています。

約3,000万人なので、上位25%です。

 

読書を習慣化するだけで、実質日本の上位25%に入れます。

1ヶ月に1冊も本を読まない 47.5%(約半数)

データソースがどこにあるかは、気になる所です。

ソースは、文化庁「国語に関する世論調査」です。

5年に1回の定期質問(次回は令和5年)なので、データが少し古いですが、傾向はほぼ同じです。

このデータを見ると、1ヶ月に1冊も本を読まない人は、全体の約5割です。

月1冊しか読まない層まで含めると、約8割があてはまります。

読書のメリット

読書の何が良いのか?

ネットニュースと大差ないのでは?と考えている方も多くなっています。

 

まず、本とネットニュースは別物です。

作り方からして違います。

 

本にはお金がかかっている=人の目が多く入っています。

執筆者・編集者の協同作業、校正作業。

多数の裏方の目が入って1冊の本になります。

出版社が、最低限の品質を保障します。

 

対して、ネットニュースは大手でなければ、基本一人作業です。

執筆者の力量に大きく左右されます。

また、記事の信憑性も担保されていません。

スポンサーリンク

その道の専門家の知恵のカタマリが数千円で読める

本の場合、知りたい分野の専門家の知恵が、1冊に凝縮されています。

 

ネットニュースの場合は、Aというサイト・Bというサイトと色々なサイトで読んだ記事を自分なりに理解して、知恵にしていく必要があります。

 

現在の情報化社会は、情報が無数にネットにります。

情報の取捨選択が不可能となりつつあります。

 

まとまった知識を得ようと思うと、読書という手段が再度見直されています。

本次第で浅くも読めるし、深くも読める

どのジャンルでも、色々なレベルの本があります。

 ・初心者向け
・熟練者向け
・マニアック者向け

また、読み方も浅く広く読んでもいいし、狭く深く読んでもいい。

色々な読み方ができるのも、読書の良い所です。

アウトプットありきで読むと残りやすい

アウトプットありきで読書すると、記憶に残りやすいです。

1冊1エッセンスで十分元が取れます。

元を取る!と肩ひじはらずに、まずは読んでみようでもいいでしょう。

読書しましょう!

読書するだけで、あなたは日本全体の半数以上になれます。

読書人口を考えると、習慣化できれば上位25%以内には確実に入ります。

読めないなら1文字だけでも読んでみる。

読みましょう!

ブログ雑記
スポンサーリンク
シェアする
たろをフォローする
お金らいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました