6 Shares

大事なデータが全部飛ぶ!iPhone使いはAppleIDのパスワードは絶対控えておきましょう

先日iPhoneを水没させて、動作が非常に重くなったという記事を書きました。

参考【実体験】iPhone6が水没して動かなくなった時の正しい手順・誤った手順

頻繁に電源入り切りして、我慢して使ってれば何とかなるのですが、どうしても使い勝手が悪い。

そんなわけで、非正規の修理店に持ち込み修理を依頼したのですが、現在動作しているものを開けるのはあまりオススメしないという理由で修理却下されました。

修理店側からのアドバイスでiPhoneを初期化すれば、動作が軽くなるかもしれないというアドバイスがあったので初期化をしてみることにしました。

データをバックアップして、初期化を実行。そこまでは良かったんですが、、、AppleIDのパスワードを控えるのを忘れていてicloudに入れなくなりました。

ここからが地獄の始まりです。

スポンサーリンク

そもそもicloudとは?

icloudとはそもそも何か?と言われるとアップルユーザーなら大概の方は分かっていると思いますが、Appleのクラウドデータシステムです。

写真・バックアップ・書類・メールといったありとあらゆる物をオンライン上で保管できます。

ただし、一定の料金を支払えばという条件付きです。

50GB月額130円・200GB月額400円・2TB月額1,300円と手は届きますが、チョット高額です。

我が家は、NASとドロップボックスの両刀使いで写真等の容量を取るデータは保存しています。

参考写真・ビデオデータをNASとドロップボックスで簡単にデータ保存する方法

iPhone初期化後AppleIDパスワードが分からない!?

初期化して、さぁバックアップを復元させよう!と意気込んでみましたが、ふとAppleIDパスワードが分からないとなりパニックになりました。

とりあえず、アプリ情報等は後回しでiPhoneを立ち上げましたが、AppleIDパスワードが無いとどうしようもありません。

当初icloud自体はアプリ系でしか使用してないという認識でした。そのため、アプリだけ入れ直せば使えると判断したのですが、考えが甘かったです。重要なことをど忘れしていました。

バックアップデータです。1パスワードというアプリを使用しているのですが、これのデータベースをicloudに保存をしていました。

これが見られなくなる=各種ログインID・パスワードを紛失となってしまいます。

困った所の話ではなく、死活問題です。証券会社・銀行ありとあらゆるパスワードを1パスワードで管理していたので、全て見られなくなってしまいました。

2ステップ認証という悪魔

どうにかして既存のAppleIDを復旧する必要が出てきました。

AppleHPを見たり、問合せ等したのですが結果、『復旧不能』でした。

理由ですが、冒頭の2ステップ認証という認証システムが原因です。このシステムパスワードを忘れると、以下の3つの内から2つをパスワードの代わりに必要となってきます。

Apple ID のパスワード

信頼できるデバイス

復旧キー

2ステップ認証に変わる2ファクタ認証の場合は以下の3つから2つ必要

信頼できるデバイス

信頼できる電話番号

確認コード

見比べてもらうと分かる通り、認証のハードルが2ファクタ認証の方が下がっています。

2ファクタ認証が後から出て、切り替えとけばいいのに切り替え忘れという致命的なミス。

復旧キーを控えてたはずなのですが、こちらもどこにいったか見当たらず。

2つ揃えるのが不可能な状況でした。Appleに問い合わせても「新しいAppleIDを作成して欲しい」の一点張り。

一からアカウントを作成し直しました。。。

まとめ

一からAppleIDアカウントを作成しなおすと、色々な不都合が発生します。

  • icloud上のデータ(写真・音声・バックアップ・アプリ)が全て使えなくなる
  • iPhoneバックアップデータ使用不能
  • アプリ等の課金履歴も消去

iPhone=AppleIDで動いているんだなと痛感しました。

AppleIDが立ち上がらないことには、今まで蓄積してきたサービスが全く使えなくなります。

緊急非難的な意味合いからもAppleIDパスワードだけは、どこか分かる場所に保管しておいた方がいいですよと、やらかした人間が忠告しておきます。