3 Shares

ダイソンのスタンド・ふとん圧縮問題を解決する方法

一般家庭で普及が激しく進んでいるダイソン社製掃除機

我が家もご多分に漏れず導入したのですが、何も考えずに導入したため、一部困った事態に陥りました。

ダイソン本体+付属品(アタッチメント)の収納場所と布団圧縮袋の圧縮ができないという2点です。

本体自体が重くて自立が不能のため、どうしても専用スタンドを設置する必要があるのですが、壁に直に取付けろという説明があります。マンションでは、直付けは厳禁です。

布団圧縮袋に関しても昔からある袋の場合、ダイソンの吸い込み口と合いません。また、合ったとしても空気だけを吸い込む仕様ではないので、故障の原因となります。

この2点の困った事態に対応するグッズ『マキタ収納スタンド+ふとん圧縮機Q-PON』をご紹介します。

スポンサーリンク

ダイソン本体+付属品(アタッチメント)の収納場所

 

格安で済ませようとすれば、タニタ専用自立スタンド+百均収納グッズが断然安いです。

ダイソンの場合、本体+付属品が多岐にわたるため、一括で収納できる専用自立スタンド等が売られているのですが、5,000円オーバーと高めの値段設定になっています。

ダイソン掃除機自体が他の掃除機よりも高いのに、また専用スタンドでお金をプラスして払うというのに、拒否感を覚えました。

何とか安く済む方法がないかどうか考えていましたが、灯台元暮らしでダイソンの前に使用していたタニタコードレス掃除機の自立スタンドに入れてみた所、ピッタリジャッストサイズ!

我が家のは付属品ですが、市販でも1,000円程度で売られている商品なので、コスパに非常に優れています。ただし、若干タニタ製のホースの方がダイソンより口径が小さいため、ダイソン掃除機をスタンドから外す時に小傷がつく可能性があります。

お客様にインテリアとして魅せたいという方にはオススメできませんので、注意して下さい。

本体はスタンドに立てるとして、他の付属品どうするんだ?という質問があるかもしれませんが、100円均一の収納箱に収納しています。

100円均一でどこにでもあるA4サイズくらいの箱ですが、ダイソンのアタッチメントくらいなら入ります。アタッチメントを毎日使用するという方には面倒かもしれませんが、月1回くらいという家庭ならこれで十分です。

ダイソン掃除機買っても、アタッチメント脱着して使おうとなりづらいので、100均箱に入れておきましょう。

ふとん圧縮袋用代替機

先ほども書いた通り、ダイソンを導入する場合、ふとん圧縮袋用代替機を用意する必要があります。

色々とネット等で情報を探したのですが、コンパクト+高圧縮の2点が揃っているふとん圧縮袋『Q-PON』でいいんじゃないかと購入してみました。

本体は、手の平サイズ。これでホントに圧縮ができるのか?と心配になりましたが、圧縮できました。

専用の圧縮袋が必要と書かれていたのですが、ホームセンターでバルブ式吸い込み口の分を購入してきて代替することにしました。

圧縮前ですが、結構な量が入っています。Q-PONの吸い込み口部を合わせると圧縮袋特有の圧縮が始まります。

Q-PON自体かなり高熱になりましたが、無事圧縮完了。

ダイソンでもできるみたいですが、高価なダイソンのモーターがダメージを受けて欲しくないため、辞めておきました。

まとめ

ダイソン導入時に困った、ダイソン本体+付属品(アタッチメント)の収納場所と布団圧縮袋の圧縮ができないという2点の解決策を提示してみました。

ダイソン本体の紹介はどこでもやっているのですが、この2点に関しては中々紹介記事が無かったので、じゃあ私が作成してみようと考えてご紹介してみました。

私は非常に困りましたが、本記事を見た方は紹介した商品を買えば困ることはありません。

それも低価格とくれば、買うしかないんじゃないでしょうか。

今回紹介した商品達は以下のリンクから購入できます。

ダイソン本体

Dyson(ダイソン)
¥40,971 (2018/09/24 16:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

マキタ製のコードレス掃除機スタンド

コンパクト布団圧縮機Q-PON

オリエント(Orient)
¥2,952 (2018/09/24 19:16:15時点 Amazon調べ-詳細)

DCMの布団圧縮袋

DCMブランド
¥861 (2018/09/24 16:13:05時点 Amazon調べ-詳細)