2016/11/22

いい夫婦の日に〜妻へ〜

 

ありがとう

今日は11月22日。

世間ではいい夫婦の日と呼ばれる日で、世間ではイベントやニュースで大々的に宣伝されています。昨年は、1日フライングで夫婦円満の秘訣を綴ったのですが、今年は当日にすることにしました。

誕生日とかの記念日には手紙を贈りあったりするのですが、11月22日はコソッと妻にブログで感謝を贈る日と決めているので、表面的には何もしていません。

いつか分かる時が来るんじゃないかと考えながら、毎年ブログにアップするのも私の密かな楽しみになっています。

ただ一人のために書くというのも、ブログという自由度の高さからです。

ではいってみます。

スポンサーリンク

私にとって妻とは?

感謝を伝える記事じゃないのかと突っ込まれそうですが、最後締めますのでご勘弁下さい。

結婚してまだ数年レベルですが、色々と山あり谷ありな夫婦生活を送ってきました。

結婚式前に逃げられそうになったりとか、第一子が30週で生まれたり熱性けいれんで長期入院したり、第二子がまた切迫早産で大変な事になっていたりと、他の家族から見たら大したことでないかもしれませんが、夫婦にとっては1つ1つが大きな試練で、乗り越えながら2人成長してきました。

結婚する前は一人のが楽だと考えていましたが、現在は妻といる方が楽です。

時間的な自由は一人の方が確実に多いはずなのですが、心理的・身体的に非常に楽になりました。

まぁこれは相手によるのでしょうが、普段は口ウルサイな!って思ったりする妻なのですが、いなくなると凄い実感します。もう2カ月程度入院をしているのですが、いるといないのとでは雲泥の差。

家事・洗濯・子どもの世話・自分の食事1から10まで全てを頼っていて、やってみて始めて実感するバカさ加減。それまでも自分ではやっているつもりでしたが、陰で妻がサっとやっていてくれていたのを思い知らされました。

魚にとって水が必要なようなもので、今や私にとって妻はなくてはならない存在になりました。

妻の良い所

数えきれないくらいあるのですが、全てノロケになるので1つだけ。

私の持っていないものを彼女は持っています。要は補完し合う関係な訳なのですが、補完というか依存に近いかもしれません。

私は物忘れが激しく(アルツハイマーではありません)よく忘れがちなのですが、妻はキッチリ覚えています。私のファッションセンスの無さでダサいレベルの服装をお洒落にしてくれたりします。

2個あげてしまっていますが、言いたいのは1つだけ。自分に持っていない特徴を持っているということです。

これは夫婦生活で非常に重要な要素かもしれません。性格的にも凹凸感があって、ピッタリはまるような感じなのですが、どちらも同じような性格だと長い間生活していると疲れます。

私の運が良かったからか、付き合っている最中に見極められたからか、お世辞抜きで最高のパートナーに出会いました。

あぁ・・・ノロケですね。

妻の悪い所

うーんありません!と言いたい所ですが、人間なので1つや2つはあります。ただ、長所のが多いので短所があまり目立ちません。逆に私はというと・・・短所が多くて、長所があまり目立ちませんorz

世の中上手く成り立っていますね。相性バッチリ!です。(泣)

最後に

ありがとう

我が家は今一番しんどい時期だけど、あなたの頑張りはみんなが認めています。

まだまだ色々ありそうだけど、全力でサポートするからね。

これからも愛想つかされない限りは、アナタは何十年と続くかけがえのないパートナーです。

いつも感謝しています。ありがとう。