携帯・電話回線

自宅回線(NTT回線)をソフトバンク光からNURO光へ変更しました

以前にソフトバンク光からNURO光へ移行したと報告しました。

 

結論的には、月額2,000円弱(年間24,000円弱)と大幅なコストカットができました。

 

移行コストとの天秤ですが、私の場合移行して良かった派です。

今回6ヶ月が過ぎ、キャンペーンキャッシュバック10,000円も受け取れたので、再度まとめたいと思います。

ソフトバンク光からNURO光への移行手続き

移行手順としては、以下の通りとなります。代理店に確認しながらやりましたが、申し込みから開通まで結構ステップをふむ必要があります。

  1. So-netから契約内容通知書着
  2. Nuro光宅内配線工事日確定
  3. アナログ回線戻しをNTTに依頼
  4. Nuro光宅内配線工事日前にアナログ戻し実施
  5. Nuro光宅内配線工事実施
  6. ソフトバンク光解約
  7. アナログから光電話へ変更

NTTアナログ回線を使用してる関係上(番号流用可能)、どうしても手順が多くなるのですが、上記のような流れで無事完了しました。

一番のネックは、③ですね。

NTT工事が平日限定なので、どこかで有休等で対応する必要があります。

⑤に関しても、休日立ち会いで、計2回自宅対応が必要です。

スポンサーリンク

自宅回線(NTT回線)って?

自宅番号をNTT加入権を購入して、使用していることを指します。

これをやっておかないと、光回線を他社(今回でいうとNURO光)に移行したりする際、自宅番号を変更する必要性が出てきます。

メリット

  • 移行時自宅番号を変更しなくて済む

デメリット

  • 移行時にNTT回線へ一度戻す必要性(アナログ戻し)が生じる場合がある。

子供が小学校の場合とかで、自宅電話番号を変えたくない!って方以外は、不要かもしれません。

我が家は、妻が「変えたくない!」派なので、しぶしぶ入っているという所でもあります。

普段は携帯で連絡取り合うはずなので、家電話の番号を極力変更したくない!って方以外は不要です。

 

デメリットのアナログ戻し自腹(1回3,000円程度)+NTT加入権(8,000円程度)の出費が許容する必要があります。

参考NTT固定電話回線(NTT加入権)を新規購入しました

NURO光のメリット

NURO光のメリットを上げておきます。

  • 机上の回線速度が早い(下り2Gbps)
  • 価格が安い
  • マンション内加入者数によって、月額基本料変動
  • ソフトバンク光割適用可能
  • 違約金対応、工事費実質無料を含む豊富なキャッシュバック

回線速度に関しては、6ヶ月使用しましたが、問題ありません。

マンション内加入数もお得度が高いので、住人の過半数が入っているみたいです。

最安プラン(月額1,900円)になっています。

消費税込で2,090円+通話料ですんでいます。

 

キャッシュバックに関しても、6ヶ月後ピッタリCメールで通知がありました。

通知先のサイトで銀行口座を登録すれば、銀行営業時間内であれば当日振込してもらえます。(実際、当日振込してもらえました)

インフラ系は極力出費を抑えましょう!

インフラ系(光熱費+電話)に関しては、毎月かかってくるものです。

こういったコツコツボディブローのように引き落としされるものに関しては、極力コストを抑えていく必要があります。

現状我が家では、以下の通りになっています。

  • 電気・・・楽天でんき
  • ガス・・・大阪ガス
  • 水道・・・市水道
  • 電話・・・NURO光
  • 携帯・・・楽天電話

楽天経済圏にドップリとつかっていますが、ガスに関しては割高・水道は楽天水道ないので、それぞれ大阪ガス・大阪市のままです。

全部楽天で大幅値引き!とかなら、速攻楽天ですが、中々うまいこといきません。

この辺のインフラ系は、都度見直しながら、安いとこ安いとこ探す必要がありますね。

 

ビックデータ的にこの辺の数値一括で取れたら、活用法ありそうですが、どこか『スーパーまとめ割(水道除く)』とか導入してくれないかな。

ABOUT ME
たろ
Twitterアカウント(@tarohibi) 妻+子二人と仲良く暮らしている30代後半のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産3000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください