2016/06/18

思い出の写真・動画どこに保管していますか?おすすめ管理方法をご紹介します

データ保管

思い出の写真・動画を安全に管理していますか?

私の場合、写真・動画を撮ってマックブックエア(以下MBA)のiphotoを使用していました。

MBAの容量が少ないので、外付けHDDを使って保存していたのですが、2重化できてなかったんで、HDD壊れたら非常にまずい状況になる〈写真が消える〉のが想定できました。

色々と2重化手段を考えて、セーフティに写真を残そうと迷ったあげくのNAS(DS216j)購入です。

どうして写真・動画2重化手段にNASを導入したのか?おすすめ代替手段交えて説明します。

スポンサーリンク

NASを選んだ理由

データ紛失

先ほども書いた通り写真の2重化手段のためです。

ハードでもソフトでもどちらでも良いのですが、1つの所にデータを置いていると、万一何かあった時に肝心の写真データが復元できなくなることを避けたかったためです。

そこで色々と2重化手段を考えてみました。

  1. NAS
  2. 外付けHDD+おもいでばこ
  3. 外付けHDD+クラウド系(icloud他)
  4. 外付けHDD2台持ち
  5. 外付けHDD+内臓HDD容量UP

一番初めに⑤は、容量UPしても内臓HDDに収まる容量ではないので却下。

④については、初期投資額は外付けHDD1台追加するだけなので安いのですが、バックアップ手段が1台ずつとなり面倒。

③に関しても初期投資は一番安いのですが、ローカル側で2重化できないので復旧が手間。

一番MBAと相性が良いicloud容量UPは有料と中々ハードルが高い。

というわけで、①と②が残りました。

①のNASは、ネットワーク機能付きの外付けHDDです。

LANに直接差して使うネットワークタイプのHDDです。

購入したDS216jに関して言うと、ローカル側でRAID(HDD2台による2重化)が出来るタイプです。

機種によっては2重化できないタイプもあるので、選定には十分注意して下さい。

②のおもいでばこは、TVに付ける外付けHDDです。

パソコン・SDカード・スマートフォンといった端末から直接アクセスして、アップするタイプになります。

これも非常に便利そうに思いました。

簡単操作で万人受け確実・最低1TB以上の容量・見たい時にTVをつければすぐに見られるといいことづくめ!

TVの通販みたいになってきましたが、NASと比べても遜色ない出来です。

バックアップキットも別売りで売っているので、2重化も問題なしです。

①のNASを知るまでは、おもいでばこでもいいかなと思っていたのですが、知った後はNAS1本に絞りました。

NASにあっておもいでばこにないメリットは、以下の通りです。

NASにあっておもいでばこにないメリット

データ共有

写真系以外のソフトウェアとの相性が良い

Excel・Wordといった写真と関係ないアプリは、おもいでばこでは直接使えません。

おもいでばこ自体が写真管理目的なので、当たり前ですが何でもかんでも一切合切置ける場所は確保したい。

NASの場合は、それが可能です。

外出先でのデータ共有ができる

おもいでばこの中の写真データを見たい!ってなった時ですが、見れません。

HPのQ&Aにも書いてあったので、確かです。NASの場合は設定次第ですが、見れます。

単身赴任での赴任先でも可能です。

写真はそこまで見ないだろうという人でも、Excel・word・音楽、画像データといったものならどうでしょうか?

NASなら見れます。(ただし、転送スピードは端末回線による)

多彩な連携ができる

NASは動画タイプとの相性も良いです。

タイプは限られますが、TVレコーダーHDDと連携してNASに画像データを置くという方法も取れます。

ドラマとか撮って、容量一杯になっていませんか?

MACパソコンを使用している場合、timemachineというHDDバックアップを取ります。

こちらもバックアップ元をNASに設定しておけば自動的にバックアップ作成可能で簡単に設定できます。

パソコンでの操作性・親和性・拡張が高い

おもいでばこもMACパソコンに専用アプリを入れれば写真整理がはかどりますが、NASの場合、ネットワーク上と言えどもHDDのため、ドラッグ&ドロップやコピペといった作業も簡単にできます。

写真特化のおもいでばことNASHDDとをこの点で比べるのはどうかとも思いますが、パソコンでの操作性・親和性は良いと言わざるを得ません。

もちろんHDDなので容量増設も容易に可能。お金さえ出せば、3TB4TBの2重化NASもすぐに準備できます。

その点おもいで箱バックアップキットは2TBまでなので、10年単位で見ると写真・動画の整理が必要になりそうです。

バックアップ環境の違い

おもいでばこの場合、別売りのバックアップキットを購入する必要があります。

NASの場合は、購入時にHDD2重化品を購入すれば、それ以外の出費は必要ありません。

1つのHDDが壊れた場合でも1つ生きていればそのまま使えますし、壊れたHDDもすぐに入れ替えれば元通りです。

おもいでばこも一緒ですが、壊れた場合修理期間等がどれくらいかかるか見えないので、少し心配な部分はあります。

おもいでばこにあってNASにないメリット

簡単操作

超簡単な操作性

NASに無い最大のメリット超簡単な操作性ですが、おもいでばこ専用のアプリ・専用チャンネル・モニターもTVで簡単操作と至れり尽くせりです。

NASの場合基本的な操作は、パソコン上で行うためパソコンに不慣れな方にとっては不自由に感じます。

この点で圧倒的なアドバンテージがあります。

写真の取り込み安さ

デジカメで撮影した場合、おもいでばこにSDカードを指して取り込みボタンを押すだけで取り込み可能です。

こちらも手軽る過ぎてあくびが出るくらいです。

多彩なアルバム編集機能

おもいでばこの場合、とりこんだ写真・ビデオを使って多彩な絞り込みがアルバム作成が可能です。

顔・子供専用カメラ・ビデオだけまとめたい!といった多種多様な要望に応えてくれます。

まとめ

結論
  • 写真以外にファイル操作等色々やりたい場合はNAS
  • 写真、動画特化ならおもいでばこがベスト

私の場合、写真整理がメインだけど、Word・ExcelといったファイルやMACのtimemachineバックアップ先としても使用したい。

ゆくゆくはHDDレコーダーと連携させて、動画の保存先にもしたい。

外出先でもファイルが見られるといった汎用性の高さからNASを購入しました。

今の所自分のしたいことはできているので満足ですが、仕組みを理解するのに四苦八苦する部分もあります。

写真と動画だけ簡単に整理したい!って方は、断然おもいでばこをおすすめします。

 

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー