2017/03/25

自宅で美味しいコーヒーを入れるためにポーレックスコーヒーミルを購入しました

自宅で美味しいコーヒーを飲みたい!

今まで粉で簡単にコーヒーを飲んでいたのですが、飽き性で凝り性な性格なため一回こうと決めたらやってみないと気がすまないので、コーヒー豆からひけるタイプのミルとコーヒー抽出用のカラフェをセットで購入しました。

豆から挽くとなると大層な感じがしていたのですが、今回買ったポーレックスコーヒーミル外出時でも豆を挽けるタイプのミルで非常にお手軽感があるミルです。

味わい的にも粉から抽出するのと比較して、格段の違いがありました。

スポンサーリンク

外観・内容物

今回購入したポーレックスミルは、細長い筒形状をしています。外箱は化粧箱でオシャレ感を演出していますが、実用部分は問題なく使用できます。

中身ですが、ミル本体・ミル上部に取り付ける回しハンドル・取扱説明書の3点セットになっています。めちゃくちゃシンプルですが、これだけで豆が挽けて、収納時もカウンターに置いていてもオシャレな感じで全然違和感ないです。

ミル本体は2分割になっていて、片方が豆を入れて豆を挽く機能・もう片方が挽いたコーヒー粉を貯めるためのものです。

豆粉砕部ですが、ダイヤル式で好みによって荒く挽いたり、細かく挽いたりできます。個人的にここまでできれば初心者なら十分です。

実際の使用方法

上部の蓋を取り、片側に豆を入れた状態です。見ずらいですが、中にはメモリ線が引いてあるので豆の入っている量も分かりやすいです。

最近豆で入れだして知ったのですが、焙煎後の豆というのは非常にいい香りがします。試しに子どもに嗅がせてみた所、病みつきになって毎回嗅いでいます(汗

ちなみに購入した豆は、楽天で1位になった所で購入しました。

豆を入れた後、上部の蓋を取り付けてハンドルをセットします。ハンドルは上部の凹凸部にピッタリハマるようになっていて、着脱は一瞬でできます。

ハンドル装着後、ハンドルを回せば豆が粉砕部を通り、コーヒー粉が出来る仕組みです。コツとしては、スピードを一定に保ちながたクルクルと回すイメージです。

大体1~3分程度で挽けます。この時間が嫌な場合は、素直に粉を使った方がいいです。

カラフェでコーヒー抽出

挽いた粉をミルから一緒に買ったカラフェに移し替えした写真です。

このカラフェペーパー入らずで1000回程度使えるという殺し文句に負けて購入しましたが、非常に使えます。ペーパー1000回折る手間とゴミが出るということを考えると、非常にリーズナブルな値段で購入できます。

妻が薄味が好きなので、かなり荒く挽いてます。

こちらも今回豆から挽いて、コーヒーを作るということで購入した専用ポット。注ぎ口が非常に細くなっていて、湯の注ぎコントロールがし易いです。太口の通常ポットだとできない繊細なタッチが可能になります。

直接湯を沸かすこともできますが、電気ポットで1度沸かしてからポットに入れる方法を採用しています。そうすると、移し替え時に少し湯温が下がって苦味成分が出づらくなるためです。

専用ポットで注ぐと粉が膨らみます。二酸化炭素の関係で膨らむので、専用ポットでなくても膨らみますが、挽きたてならではの現象です。

鼻を近づけると非常に良い匂いがします。

湯を注いでいくと下にコーヒーが溜まっていきます。湯を注ぐ際に意識しているのは以下の点です。

・最初は少量のお湯を入れて30秒ほど蒸らす

・「の」字に湯を注ぐ

・徐々に湯の量を増やす

この辺はYouTube等で色々と指南画像があります。

カラフェからマグにコーヒーを入れ替えれば完成。

自分で挽いて抽出してと時間はかかりますが、苦労する分に見合った味は出ます。妻はコーヒーあまり飲まないので、薄めに抽出したら飲みやすいし美味しいと言ってくれました。

まとめ

ポーレックスコーヒーミルとカラフェをご紹介しました。

外出時にミル・カラフェ・豆さえ持っていけば、お湯を沸かせばどこでもコーヒーが飲めるお手軽さと、キッチンカウンターに置いていても違和感のないファッション性抜群なミルです。

本来のコーヒー豆を挽くという機能でも十分な役割を果たしているので、購入して非常に良かった一品です。平日の夜のリラックスタイムや休日の食後の一杯に大活躍してくれています。

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー