少しでもレベルを上げていく

low-angle photography of white building interior with clear glass roof during daytime

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。

環境の変化に適応していく種である。

チャールズ・ダーウィン

ダーウィンが1859年に発表した「種の起源」にある進化論の一節

超有名なことばです。1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

現在の環境に適応した結果、人間が繁栄しているワケです。

いつまで続くか分かりません。

今現時点では、適応できていると言っていいのでしょう。

 

人間の中にも色々あります。

最初からハンデを持って生まれてきたり、環境が底なしに悪いといったこともあります。

(底無しの環境というのは、自力ではどうしようもない環境のこと)

 

突き詰めればそこは「運」なんですが、そこは置いておきます。

それ以外の方へ向けて話をします。

現状維持は後退

現状がうまくいっていると、人は現状維持に走りがちです。

そのままでも快適だからです。

差し迫った危険性が無い状態と、言い換えてもいいかもしれません。

 

こういう状態を保身に走るとよく指摘されますが、飢えや困難を好き好んで引き受ける方はあまりいません。

 

現状を変える力よりも、現状維持の力の方が楽なのは目に見えてわかります。

 

人間は、放っておくと『楽』に走る生き物です。

当然、現状維持を選択します。

世の中よくできたもので、自分の力は後退していきます。

 

現状維持してるなら、そのままではないのか?

当然の質問ですが、周りが進んでいれば後退と同じです。

スポンサーリンク

毎日少しでもいいので何かを改善していく

現状維持が後退なら、どうすればいいのか?

身の回りに起こっている問題を、改善していってみましょう。

 

最初は、部屋の片すみのゴミひろいとかでもいいでしょう。

毎日少しずつ改善していくのです。

そうすると、改善する幅が広くなっていきます。

 

コツは、

・細切れ時間を確保する
・やりたくない→少しでも手を付ける
・改善の幅を広げる

細切れ・少しずつ・幅を広げるを覚えときましょう。

自己改善=自己肯定になる

少しでも周りを改善していくと、自分の中で自信になります。

あくまで自分の中での自信でいいのです。

周りと比較しだすと、比較の沼にハマります。

この沼は、深くて果てしないです。

ハマるとずっと捕まるので、ハマらないにこしたことはないです。

1日1改善

1日半歩でもいいので、他人と比較せず改善に取り組む。そうすると、いつか見える景色が変わります。

何事かをなせるかもしれません。

『人生は何事かをやるには短く、無為に過ごすには長すぎる』

少しでも改善していきましょう!

ブログ雑記
スポンサーリンク
シェアする
たろをフォローする
お金らいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました