制限時間を設けてアウトプットするメリット

selective focus photo of brown and blue hourglass on stones

昔から制限時間を設けるのは、アウトプットの質が改善されると色々な本で読んできました。最近ブログを再開しましたが、作成に一定時間の制限をかけています。

ブログUP作業は除いていますが、30分としています。

制限時間を設けるのは、メリット大だなと感じますので、シェアします。

時間はあればあるほど作業時間が膨張する

パーキンソンの第一法則をご存知でしょうか。

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」という有名あな法則です。

制限時間を設けなければ、気づいた時には長時間時間経過している。

こういった経験ないでしょうか。

私は結構あって、時間制限を設けるだけで避けることができます。

スポンサーリンク

自分にプレッシャーをかけれる

自分に良い意味でプレッシャーをかけれます。

確かに、相手主導の締め切りはシンドいです。

自分が設定する締め切りであれば、自己判断です。案外本気度が違ってきます。

時間の有効活用ができる

時間の有効活用は、みんなが望むことです。

時間制限するだけで、有効活用ができます。制限をかけるということは、その時間中に終わらせる必要があるためです。

1分、10分、1時間の濃度が、濃くなります。

濃くなるということは、時間の有効活用でができるということです。

学びが多くなる

制限時間を設けると、学びが薄くなるワケでもありません。

逆に制限時間内に学習を終えるために、ポイントを絞った学習ができます。

隙間時間の5分・10分でも、学びが多いのはこのためです。

自分で時間のコントロールができる

制限時間を設ける一番のメリットは、『自分で時間のコントロールができている』と実感することです。他でもないアナタが、時間をコントロールする。

制限時間を設けるだけで、それができてしまいます。

自分でコントロールできる範囲を増やすのは、自身の幸福の増大につながります。

 

色々なメリットがありますが、要は制限時間を設けるだけでOKということです。

制限するだけですから、カンタンですよね。

是非一度お試し下さい。

 

ここまで、30分で終わりました。

ブログ雑記
スポンサーリンク
シェアする
たろをフォローする
お金らいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました