2017/09/267 Shares

飛行機が目の前で見られて無料で遊べる伊丹スカイパーク

飛行機好きな人達には有名な伊丹スカイパーク

伊丹空港のほぼ真横に位置する無料で遊べる公園施設です。

一般的な公園施設(滑り台、ジャングルジム)といった遊具は完備されていますし、夏は水浴びもできます。

ある程度アクセスが制限されている+敷地が広大(全面9ヘクタール:甲子園球場が丸々8個!)なため、屋内遊技場みたいには混みづらくありません。

伊丹スカイパークの遊具や水遊びスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

アクセス

アクセス手段が電車では、阪急伊丹・JR伊丹・大阪国際空港と最寄り駅がありますが、全てバス経由で行かなければならない(徒歩だと20~30分の距離)ので、ドアツードアで移動できる車が非常に有利になります。

小さい子連れであれば、移動を考えると車が便利です。

駐車場に関しては、伊丹スカイパーク付属の駐車場が北側・中央側・南側と3箇所あり、計350台 20分/100円で駐車できます。

混み具合としては、土日の昼ピークでも空きがあるので、

最安駐車場は?

伊丹スカイパーク近辺の最安駐車場は、伊丹スカイパーク付属駐車場ではありません。

結論を言うと、隣接するスカイランドHARADAの駐車場が最安です。

スカイランドHARADAは下水処理場の屋上にある公園ですが、ここから伊丹スカイパークへは歩いて5分とかかりません。

駐車料金は、30分/100円・土日祝日最大800円と上限があるのも安心感があります。

ただし、デメリットも3点あります。

  1. 伊丹スカイパーク南入口から近いですが、遊具が集中している中央付近まで距離(歩いて5分)がある。
  2. 伊丹スカイパーク付属駐車場は計350台停められましたが、スカイランドHARADAは第1・第2駐車場併せて計144台しかありませんので、時間帯によっては満車の可能性もあり得ます。
  3. スカイランド自体が屋上なので、ベビーカーでの移動の場合エレベーター移動が2度(HARADA側・スカイランド側)あるということです。夏場とかだと暑いので、すぐ汗だくになります。

デメリットを差し引いてもお得度は高いので、是非検討してみて下さい。

伊丹スカイパークガイド

引用:伊丹スカイパーク公式

伊丹スカイパークは5つのエリアで構成されています。

  1. 冒険の丘、つつじの丘
  2. 星空の丘、休憩の丘
  3. 北エントランス、大空の丘
  4. 中央エントランス
  5. 翼の丘、南エントランス

この中の冒険の丘、つつじの丘と中央エントランスで遊んできました。

中央エントランス

展望台

中央エントランスは、スカイテラスと水遊び場という構成になっています。

スカイテラスは、地上3階建ての建物で飛行機を見る展望施設になっています。

この付近は、夏場は非常に小さい子連れで遊ぶにはもってこいの施設が多く、最短で来ようと思うと中央駐車場が一番近く便利です。

(最安駐車場はHARADAですが、前述した通りベビーカー等荷物が多ければ中央駐車場の選択肢もありです)

中央駐車場から中央エントランスに行くのであれば、スロープがありますので昇ってスカイウォークという橋を渡ればすぐ到着。

中央エントランス展望台につくと、これから出発・到着する飛行機が分かるモニターが設置されています。見送り+子連れ遊びと一石二鳥もできます。

夏場は、天井にスプリンクラーが設置。

定期的に噴射するので、夏場の暑い時期でも外で飛行機を見るのに最適な環境を用意しています。

スカイパークから飛び立つ飛行機を1枚撮影してみました。

旧型iPhoneなので写りが悪いですが、一眼レフカメラとかで撮影すれば綺麗に撮れそうです。

中央展望台の2階にあるHANAHANAという売店です。

かき氷が売っていましたので、子どもと一緒に食べましたが、ヒンヤリして美味しい。

ドリンクとかお菓子も売っていましたが、やはり全般に高い価格設定しています。

自宅付近のスーパー等で買って持っていくのが賢いかもしれません。

水遊び場

中央エントランスにある水遊び場です。

この日は暑い時期ということもあって、親子連れで非常に賑わっていました。

手前から奥まで水遊び感覚で遊べる場所が4箇所。

一番奥は噴水が出ます。手前3つは、足まで浸かるくらいの水が流れています。小さい子であれば、寝転がれば全身つかるくらいです。この4箇所全て無料なので、非常にありがたいですね。

一番奥の噴水です。虹が出ていました。

一定時間で噴水が出る仕組みになっていて、上の子はハシャギまくっていました。親は疲れます・・・

3~6歳児くらいの子が一番楽しいんじゃないでしょうか。

噴水のアップですが、円になっていて噴射していない時は足だけつけられてヒンヤリしました。

冒険の丘、つつじの丘

キューブアドベンチャー

巨大ジャングルジムキューブアドベンチャー

冒険の丘は、中央エントランスよりも少し対象年齢が上がって、小学生低学年くらいから利用できる巨大ジャングルジムがあります。

キューブ状なのでこういう名前がついたのでしょうが、かなり大きいです。小学校の教室1室分程度はあります。

入り口は階段状になっており、反対側は滑り台になっていました。

滑り台は4~5歳の子でも利用可能です。

キューブアドベンチャーの隣にあった階段状のジャングルジム。

男の子が好きそうな遊具ですね。

ローラー滑り台

キューブアドベンチャーが難しかったので、主にこちらのローラー滑り台で遊んでいました。

結構長くて小さい子が遊ぶには十分な長さです。

ローラー滑り台の上部から撮影しましたが、滑る所に文字通りローラーがついていて、加速するような感じです。

ちなみに何か敷物(ビート板みたいなモノ)を持っていけたら持っていった方が良いです。何度もやっていると、お尻が確実に痛くなります。

子どもに「もう一回!」と連呼された時に有効です。

星空の丘、休憩の丘

丘の斜面にある坂道は「スターライトパス(星空の小道)」と名付けられた130メートルの小道になっています。

夜になるとLEDで照らされて綺麗にライトアップされます。

ただ、夜21時までなので夜景目当てに来るなら伊丹スカイパーク側ではなく、千里川土手側のがいいかもしれません。

間近で見れる飛行機達

伊丹スカイパークはスカイという名前の通り、様々な飛行機を見られます。

伊丹空港の滑走路の間近なので当たり前と言えば当たり前ですが、飛行機オタクにはたまらない場所ですね。

スターアライアンス外装の機体や

ANAの対抗JALや

JALグループのJ-AIRといった、マイナーな飛行機も見ることができます。

基本情報

住所:伊丹市森本7丁目1-1

電話番号:072-772-3447

開園時間:7:00~21:00(4~10月の土日・祝日)
     9:00~21:00(4~10月の平日・11~3月の全日)
※駐車場入庫は20:30まで

まとめ

水遊びから巨大ジャングルジムまで、お弁当持参なら1日遊べてしまいます。

スカイランドHARADAに駐車すれば、1日800円車で来られるっていうのは親子連れには非常にありがたいです。

次回は、北や南の駐車場エリアまで行ってみたいです。