4 Shares

ApplePayをオリコtheポイントカードで導入(実際の活用法)

iPhone8を入手して、UQモバイルで運用しだしました。

参考iPhone8購入レビュー(残念な点・iPhoneを買う理由)

そうなってくると、旧iPhone6でできない機能を活用したくなるのも自然の理

やはり目玉はApplePayになってくるでしょう。

早速使用してみたのですが、便利すぎて普段使いしているカードを1枚減らせることになりました。

ApplePayの活用方法と減らしたカードをお伝えします。

スポンサーリンク

ApplePay活用術

ApplePayとは?

「Apple Pay」は、アップルがiPhoneやiPad向けに提供している電子ウォレット(財布)機能です。

非接触、つまり店頭のリーダーライターにかざしてショッピングの代金を支払う、決済手段として利用することもできます。

イオンとかの大手ショッピングチェーンも導入しているので、これからますます普及していくであろう機能です。

中国では屋台でもこういった非接触のタイプの電子決済システムが導入されていて、携帯1つあれば現金がいらないという所まできているそうです。

対応規格・使用可能店舗

ApplePayに対応している規格は2種類でIDとQUICPayです。

クレジットカード・プリペイドカードによって規格が変わりますので、注意が必要なのですが、私の場合オリコtheポイントカードを選択しました。

オリコtheポイントカードの場合は自動的にQUICPay規格が割当てられます。

規格によって使用できる店舗が若干違うのですが、私の場合普段使いしたい所は以下の通り。

  • セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート
  • イオン
  • エネオス
  • ガスト
  • マツモトキヨシ
  • すき家

この辺全部QUICPayで可能なので、ホントお財布いらないレベルになりそうです。

対応最新店舗は以下のリンクから確認下さい。

リンクQUICPay使用可能店舗一覧

リンクID使用可能店舗一覧

セキュリティ面

いくら便利になっても、セキュリティ面でシッカリしていないと使えません。

その辺もAppleは考えていて、カード番号を店舗に渡さない仕組みを開発しています。

具体的に言うと、Apple Payはカード使用時の本人認証をiPhoneの指紋認証で、カード認証をiPhoneと決済金融システムとの間で行って、その支払い承認番号(トークン)のみを店舗に渡す仕組みにしました。

これだとトークンのみを渡すので、カード情報等は店舗に渡らない仕組みです。

iPhoneを無くした場合は?

iPhoneを無くしても大丈夫です。

そもそもApplePayを使用するにしても、指紋認証システムがありますので使用できません。

また、「iPhoneを探す」で紛失モードにすれば、ApplePayそのものも一時的に使用できなくなるようにできます。

選択カードはオリコtheポイントカード

タイトルでも書きましたが、ApplePayに登録したカードはオリコtheポイントカードです。

ApplePay登録可能カード

  • オリコカード
  • イオンカード
  • dカード
  • JCB
  • クレディセゾン
  • viewカード
  • 三菱UFJニコス
  • アメックス
  • エポスカード
  • au WALLETクレジットカード
  • TS CUBIC CARD
  • ジャックス
  • アプラス
  • 三井住友カード
  • ライフカード
  • ポケットカード
  • ソフトバンクカード

一応全部の登録可能カードを見ても、検討しようかと考えたのは、本カード・Dカード・イオンカードの3枚でした。

年会費・使いやすさ・ポイントバックの仕組みを総合的に考えると、オリコtheポイントカードでいいかなと判断しています。

あまり枚数増やすのもポイント分散して、本末転倒になりがちですしね。

参考クレジットカードを複数所有するメリット・デメリットとタイプ別おすすめランキング

実際の使用方法

該当店舗で「QUICPay(ID)で支払います」と言えば対応してくれます。

くれぐれも「ApplePayで支払います」とは言わないようにしましょう。

店舗の対応規格がApplePayではなく、QUICPay or IDなため、ApplePay規格はありません。

使い方も簡単。登録したiPhone端末を起動させる際にホームボタンを2回押すだけでカード使用画面に移行します。

カード使用画面になったら、iPhone裏面部を写真のような非接触型端末に近づけるだけ。

機械音声で「QUICPay♪」となるので、それで完了です。(IDは使用したことないですが、「ID♪」とか鳴るんでしょうか・・・)

いらなくなったカード

オリコtheポイントカードをApplePayでQUICPay対応にした結果、必要なくなったカードが発生しました。

セブン銀行カードです。

参考セブン銀行JCBデビットカードのメリット・デメリット

セブンイレブン特化用に作成した1枚なのですが、QUICPay使用できるようにならば必要性が無くなりました。半年ほど使用したのですが、お役御免で解約決定です。

いらないカードや口座はできる限り整理しておいた方が、お金の在り処が分かり易いですし、休眠口座を防げるコツです。

もったいないし、また使うこともあると思っても、使う時に再度作った方が経験からも良い結果になります。

携帯ホルダースッキリ支払い秒速

ApplePayで支払速度がかなり加速しました。

今までもクレジットカード中心でしたが、カードを出そうとすると『カバンを開けて、財布を取り出し、該当のクレジットカードを抜いて渡す』と3テンポかかります。

ApplePayの場合『携帯を出す、ホームボタンをダブルクリックする』と2テンポで済みます。

チリツモではないですが、実際やるとこの差は非常に大きく感じます。

最終的にはAmazonが試験している『店舗出口で品物持ち出したら決済』という1テンポに集約されていくのでしょうが、つなぎとして絶好のポジションにいます。

ホント財布がいらない世の中ももうすぐですね。