2016/10/12

沖縄旅行3泊4日実際費用いくらかかったの!?内訳費全公開します

沖縄旅行シリーズも1段落したのですが、忘れてはならないことがもう1つありました。

家族3人大阪伊丹発沖縄旅行3泊4日一体いくらかかったの?」と読まれた方も読まれていない方も思いませんか?そりゃそう思いますよね

結論から言うと、総額30万弱の費用となりました。

内訳を公開しますので、予算の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

大人2名幼児1名の沖縄旅行内訳

出発前費用

計画を考える

出発前費用?何それそんなのあるの?って思われるかもしれませんが、大体の家族旅行は行く前に宿代とかは払っていきますよね?あれです。

今回使ったプランは沖縄旅行記内でも書きましたが、『サンキューチョイス!沖縄』です。

内訳は、大人2名幼児1名 往復航空券+レンタカー満タン返し不要+宿泊先(ブセナテラス2泊・ヒルトン沖縄1泊)費用です。このプラン結構お得で3大特典がもれなくセットで付きます。

  1. JTBと提携しているホテル内お休み処無料使用(ヒルトン沖縄で利用)
  2. 沖縄各地に点在している提携カフェで1品無料提供
  3. 対象各観光地での無料入場券支給(古宇利オーシャンタワー)

クーポンブックの形で渡されて、クーポンを切り取って使う形です。全て一部だけの利用でしたが、非常に使い勝手のいいクーポンになっています。沖縄本島以外にも離島でも一部使えるものがありました。

どれも使えますが、この中で一番使えるのは観光地の入場券無料クーポンです。ホントもっと使えば良かったと後悔している事の1つなのですが、本島だけでも無料箇所が結構ありました。『JTBサンキューチョイス』実際いくらかかったのって話ですよね?

総額で190,000円弱でした。

高いですか?安いですか?3泊4日ならこんなものかと支払いましたが、もっと安いプランあれば教えて下さい。次回行く時の参考にします!

参考沖縄旅行計画詳細

初日(伊丹空港〜ブセナテラス)

摘要金額
空港迄交通費2,000
空港内飲食(スタバ)1,000
すーまぬめぇ 昼食代1,450
那覇ー屋嘉 高速代680
ブセナテラス 夕食代12,798
雑費2,000
1日目合計19,928

初日追加費用のメインは、見てもらうと分かる通りブセナテラスビュッフェ代が出費の6割を占めています。行ったからには一度はホテルでと考えて取ったのですが、いらなかったかもしれません。

後で書きますが、2日目に『ちぬまん』という所で夕食しましたが、『ちぬまん』の方が半額だけど満足度が高かったです。当初計画時点でピックアップしていた、『美ら花』辺りで夕食食べてもいいかもしれません。

その他の項目は、『すーまぬめぇ』での昼食代もこんな安くていいの?ってボリューム感ありましたし、非常に満足しています。毎日雑費項目が出ますが、途中の飲料代とか細々したものを雑費計上しています。

参考大阪空港からブセナテラス詳細記事

2日目(ブセナテラス〜美ら海水族館)

摘要金額
グラスボード+海中展望塔3,280
カフェこくう 昼食代2,600
美ら海水族館2,580
お土産代(古宇利・美ら海他)10,000
ちぬまん 夕食代6,056
雑費2,000
2日目合計2,6516

グラスボード+海中展望塔のセット入場券をブセナテラスで購入しました。通常セットで2,060円(一人)の所、1,640円でブセナテラスアクティビティカウンターで購入できます。ブセナテラスに泊まった方であれば、断然お得なので購入検討してみて下さい。

2日目出費最高額はお土産代です。古宇利オーシャンタワーと美ら海水族館でチョコチョコ買っていたら、こんな金額になってしまいました。

お土産渡す人は決めているのですが、何を渡すか決めてないとお土産代バンバン膨らみます。みなさんどうやって購入しているのか興味あります。

飲食関係は想定内の金額に収まりました。昼食『カフェこくう』・夕食『ちぬまん』共沖縄に来た!って気分を盛り上げてくれること間違いなし!

行って悔いなし!です。

参考古宇利オーシャンタワー・美ら海水族館方面詳細記事

3日目(浜比嘉島〜ライカム周辺〜ヒルトン)

摘要金額
???15,000
てぃーらぶい2,750
monoca お茶1,100
お土産代(スーパーかねひで)2,700
ヒルトン沖縄 夕食代8,600
雑費2,000
3日目合計32,150

???については旅行記でも書いていますが、身バレするので伏せています。金額についても概算値です。3日目の最大出費項目ですが、非常に楽しめました。

昼食を浜比嘉島『てぃーらぶい』・夕食をヒルトン沖縄ホテルビュッフェを頂きました。どちらも値段以上の価値はありました。

ヒルトンのビュッフェは非常にバラエティに富んでいて、食べていても飽きません。旧外人住宅地内のカフェ『monoca』でお茶をしたのですが、こちらもリゾート感を満喫できる作りになっていました。

『スーパーかねひで』は、これぞ地元スーパー!という作りでしたがお土産安かったです。時間があれば立ち寄りたい場所です。

参考浜比嘉島〜ライカム周辺〜ヒルトン方面詳細記事

4日目(首里城〜国際市場〜那覇空港)

摘要金額
北中城ー那覇 高速代360
首里城(駐車代込み)2,000
国際通り駐車代500
お土産代(国際通り・空港)16,000
A&W ハンバーガー昼食代1,430
帰宅費用2,000
雑費2,000
4日目合計24,290

4日目は最終日ということもあって、出費の8割超は交通費・お土産代に占められています。当然と言えば当然ですが、誰にも言わずに来てお土産買わなかったら、総額で30,000円程度安くなっていますね。

沖縄家族旅行行く方は、是非黙っておくという選択肢も考えてみて下さい。私は無理でした!

この中で必要なかったかなと感じたのは、首里城正殿への入場料です。一度は入って中見たかったので支払いましたが、『一度で十分』な出来でした。

本州から家族旅行ならめったに沖縄行けないので、一度目なら見た方がいいかもです。2回目は入らないです。

参考国際通り・首里城方面詳細記事

総額

ベネフィット>お金

4日間の『お金』の流れを追ってきましたが、いかがだったでしょうか?

いつもはケチっている時が多いのですが、思わず財布の紐がユルユルになってしまいました。ただ個人的に思う事ですが、支払ったお金以上の価値を返してくれるのであれば、出費を惜しまない方がいいですよ。

特に旅での体験系への出費は惜しまない方がいいです。旅行時の体験ってストレス解消・脳への好影響を科学的に証明されています。失敗したっていいじゃないですか?って失敗しまくっているやつに言われたくないかもしれませんね。

で・・・結局総額いくらかかったのかですよね?今から行く方とかそこが一番知りたい所でしょう。発表します。

沖縄旅行3泊4日支払総額は・・・・・292,884円でした!

多いでしょうか?私は半分で行ったわよ!とか逆に倍以上かけてブルジョワしたぜ!って方もいるでしょう。現状の私達家族がベストを選択した結果なので悔いはありません。

沖縄行くなら貴方のベストを体験できる金額を掛けてみて下さい!きっと楽しい旅行になりますよ。

▼私が行ったプランはこちら▼

サンキューチョイス!沖縄