2016/09/08

【ネスタリゾート1泊2日滞在記前半】ウォーターフォートで流れるプール楽しんできました

ネスタリゾート入口

関西地方で静かに熱いホテルネスタリゾート

京セラドームや関西系のCMで見たことある!って方も多いのではないでしょうか?

最近流行りのグランピング(グラマラス×キャンピングの造語)が体験できる宿泊施設ということで、かなりの人気になっています。

そんなホットスポットネスタリゾートホテル・ザ・パヴォーネに1泊2日で予約取れたので、家族3人で遊びに行ってきました。

幼児連れでも楽しめる施設が豊富・新しく改築したホテルということで、非常に楽しめました。

スポンサーリンク

アクセス

大阪方面からですと、中国自動車道→神戸JCT(ジャンクション)で山陽自動車道と乗り継いで三木東で降りれば、車で5分弱と非常に車でのアクセスがしやすくなっています。

泊まりでなくても日帰りでも十分行ける距離です。

くれぐれも神戸JCTで乗りつかずに中国自動車道を走らないで下さいね・・・

三木・吉川まで行って戻ってくるのに30分かかったのは内緒です。

JR三ノ宮から直通バス(40分)出ているので、ビール片手に飲みながらも来れちゃいますね。

ネスタリゾート神戸

入口

中国自動車道三木・吉川出口から30分田舎道を走って入口までたどり着きました。

余談ですが、三木・吉川付近はゴルフ場のメッカで西日本1のゴルフ場の多さ。

名門の広野ゴルフ場もこちらにあります。行ったことありますが、難しいです・・・

入口はバスも通れる広さを確保しています。

駐車場は、3,000台収容の駐車場があります。ホテル専用駐車場があったので、そちらに停めましたがホテル利用者でなくても3,000台あるので、どこかには停めれます。

営業時間:8:00~21:00(時期により変更) 料金:普通車1,000円、中型車1,500円、大型車2,000円、単車200円

ホテル外部

ネスタリゾートホテル

改修したばかりで綺麗な作りになっています。

右側の平屋作り建物が受付・食事処で、左側の高層側が宿泊棟になっています。

エントランスにはリゾート内巡回バスも運行しているので、プール・グランピング会場にスムーズに移動できます。

ネスタリゾートホテルハートロック看板

ラッキーハートストーンといって、100平米くらいの石畳の中からハート型の石を7つ見つけると幸せになるというプチアトラクションです。

ネスタリゾートホテルハートロック

こんな可愛らしいハートが7つありました。

中々見つけるの大変なので、行った際には家族みんなで楽しんでみて下さい。

ネスタリゾートホテル池

ホテル施設内ですが、川も流れています。

川の中には鯉もいて、幼児なら小一時間程度散策ができちゃいます。

ホテル受付

ネスタリゾートホテルお花

ホテル入ってすぐの受付前に、内閣総理大臣安倍晋三さんからのお花

その他にも著名人の胡蝶蘭がわんさか。

大物オーナーが運営しているんでしょうか?と調べてみたらNOBUTAグループ。パチンコ屋さんですな。

規制に敏感な業界ですから、政党献金かなりやっているんでしょうね。

他の芸能人の方もパチンコ営業常連の方もチラホラ。良いホテルなので別に問題ないですけどね。

ネスタリゾートホテルシャンデリア

受付上に飾り付けされていたシャンデリア。

ヴェネチア製です。高級品ですな。

ネスタリゾートホテル受付

受付も綺麗な受付で、スタッフの対応も抜群でした。

チェックイン時間前に来ましたが、専用の宿泊者対応デスクがあって各種入場券等をテキパキと手配してもらえました。(今回はプール等入場券付プラン)

ネスタリゾート内通路

通路を一枚撮影。床は大理石・ソファーはフランス製とかなり高級路線です。

ソファーは気に入って何度も座っていたのですが、サイトに見に行ったらビックリ30万弱していました。

これは買えねーというか、買ったら駄目なやつだと断念。

ネスタリゾートホテルトイレ

トイレ内も1枚。清潔感あります。

幼児用トイレも付いているので、子連れの親にとっては嬉しい設備です。

明日喜(うどん屋)

明日喜のれん

プールの入場券を貰って、さぁプールに行く前に腹ごしらえ。

ホテル併設のうどん屋さんに向かいました。

ホテルから一回出てグルット周りこむ形になるのですが、立派なホテル内施設です。

明日喜店内

店内も天井が非常に高くとっている分、ゆったりとくつろげるスペースになっています。

明日喜かま玉 明日喜あんかけうどん

かま玉とあんかけうどんを注文。トッピングにちくわ天を付けています。

細うどんで非常に食べやすく感じました。希望によっては太いうどんも提供できるみたいで、次回行った際には太い方も食べてみたいです。

明日喜トッピング

テーブル横に備え付けされているトッピングも豊富で、ゆずコショウ・ショウガといった薬味も取り放題でした。

値段もそこまで高くはなかったです。(1品1,200円レベル)

巡回バス

ネスタリゾートホテルプール行バス1

うどんで腹ごしらえも済んだ所で、プールに出発

エントランスまで行って、巡回バスに乗り込みます。A~Cまでのバスがあって、プールにはどのバスでも行けるようになっています。(グランピング会場にはAのバスのみ)

ネスタリゾートホテルプール行バス2

バスは2階建てで、2階部分はフルオープンデッキになっています。

雨の日はビショビショですが、晴れた日は非常に見晴らしが良くて風も気持ちよかったです。

バスにゆられること5分。プール前に到着。

ウォーターフォート

ネスタリゾートホテルプール全景

降りるとすぐ目の前がプール。

遠目から見ても人・人・人・人・・・ 人だらけ(汗

ネスタリゾートホテルプール

ウォーターフォートと書かれた入口ゲートを通って

ネスタリゾートホテルプール砂の看板

ネスタリゾート神戸と書かれた砂看板がお出迎えしてくれます。そのまま通路を通っていくと入口です。

大人 1,500円(中学生以上) 小人 900円 2歳未満 無料となっています。

今回はホテル宿泊プランに付いていたので、チケットを提示して入場。

まず流れるプールに行ったのですが、案の定人だらけ。

水中撮影

最近購入した防水カメラで水中から撮影した1枚ですが、綺麗に撮れたので載せてみました。

娘の水着がカワイイです。プールでは本領発揮してくれて、漬けても壊れません。

流れるプール自体は、1周150mと結構長いです。

参考今回使った水中カメラTG-4

売店

ネスタリゾートホテルプール売店

売店も長蛇の列です。

できたらコンビニ等で買いこんで持って行った方がいいです。

生ビールは現地でしか飲めないので、我慢して並んで下さい。

ハンドルキーパーは飲んだら駄目ですよ。

室内プール

ネスタリゾートホテルプール室内子どもプール

流れるプールを堪能し終わって、子ども室内プールへ移動しました。

うーんこちらも人だらけ(汗

まぁこんだけ混んでも遊べますよ。大丈夫です!

ネスタリゾートホテルプール室内子どもプール2

口から水鉄砲が出る魚です。

娘は口から出る水鉄砲を見て、キャーキャー言うてました。

ネスタリゾートホテルプール室内子どもプール3

後から出てきますが、巨大水バケツのキッズ版です。

ネスタリゾートホテルプール室内子どもプール4

水が貯まったらバケツが倒れてきて、下にいる方に降り注ぎます。

小さいからとあなどるなかれ。結構バサッとかかります。

他にも大きな滑り台といった遊具もあって、子供達が並びまくっていました。

大人がと二人で滑るのは禁止みたいなので、5歳以上くらいから推奨。

室外プール

ネスタリゾートホテルプール屋外1

流れるプール以外も屋外には浅いプールがあります。

写真は、子どもプール内の滑り台です。結構並んでいて盛況さが分かりますね。

ネスタリゾートホテルプール屋外2

屋外プールの水バケツです。

屋内の3倍はデカいです。水量も凄い量で前が見えなくなります。

行ったら一回は体験してみましょう。カメラ壊れるか思いましたが、あんだけの水量でも無事撮影できました。

チェックイン

ネスタリゾートホテル受付

プールを一通り満喫して、ホテルまで巡回バスで戻りチェックイン。

受付も綺麗ですし、従業員の対応も丁寧で教育が行き届いていました。

残念な所として荷物に関しては、クロークから自分で部屋まで持っていくシステムになっているので、台車がないと手で部屋まで持っていくことになります。

荷物預けた時点で部屋に届けておいてくれればと思いましたが、ホテル費用には入ってない模様・・・ 

エレベーター乗り継ぎで離れの部屋迄行くんですが、台車無いと手がしびれます。

重すぎると場合は、台車をお願いしましょう。

ネスタリゾートホテル部屋

室内の写真いいのいかと探していたのですが、なかったのでベッド撮影した分です。

入って速攻娘が荒らしたので、綺麗なベッドが撮れませんでしたorz

部屋は小奇麗なシティホテルといった感じで、改装前の面影はベランダ天井部くらいしかありませんでした。

塗っているんですけど、ベランダ部は分かりますね。ベランダそんな出る機会がないので、別段問題無しです。

ネスタリゾートホテル部屋からの景色

お部屋から見える景色ですが、、、ゴルフ場のバンカーと同じような感じなんですが、意識的に似せて作っているんでしょうか?

バンカーの練習がしたくなりました(汗

チェックインまでをお届けしましたが、後半はグランピング体験もしたのでその辺のことを書きたいなと考えています。

プールに関しては、日帰り客も結構いるので宿泊なら、8月でしたし、夕方付近に行けばよかったかなと反省しています。

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー