2016/11/07

初旅行でも大丈夫!幼児付き沖縄家族旅行で必ず持って行きたい物10選

bag

初めて沖縄旅行に行く時って持ち物何持って行こうって悩みませんか?私達家族もあれいるんじゃないか?これもいるんじゃないか?と悩みに悩みました。

持って行ったはいいけど一度も使わなかったり、これ持ってきてれば便利だったのになぁと後悔したりしていました。体験して初めて分かったこともあるので、その辺を交えて沖縄へ必ず持って行きたい物10選をご紹介します。

今から沖縄旅行へ行こう!という幼児持ちの方、参考に見ていって下さい。 

スポンサーリンク

沖縄旅行概要

今回は、沖縄本島3泊4日で美ら海水族館方面への旅行を想定しています。旅行詳細については、旅行記をご参考にして下さい。

2015年子連れ沖縄旅行記 伊丹発3泊4日の旅 その1

幼児(3歳付近)持ち夫婦でレンタカー使用して、各観光地を周りました。そのため、1歳・2歳時での必須品(ミルクセット等)は含めていません。

1.ラッシュガード

1つ目は『ラッシュガード』です。沖縄の大敵は陽射しです。

男性は半袖・短パンでガンガン真っ黒になってもいいかもしれませんが、女性はそうはいきません。UVカット系が1枚あれば、海・プール・レジャーシーンにも大活躍します。

お母さんだけでなく、お子さんにもキチンと着させてあげて下さい。娘が帰ってきて腕が黒くなっていたので、妻が後悔シキリでした。実際子供の方が焼けます!息子ならいいけど、娘だと・・・気をつけてやって下さい。

2.日焼け止め

腕とかはラッシュガードで守れますが、顔とかはそうはいきません!沖縄の陽射し舐めていると後悔しますよ。

私の場合、「日焼け止めいらんやろ」と言ってつけてなくて、顔の皮がむけてきて大変な事になりました。帰る前からヤバイなぁと思っていたのですが、職場に帰って顔の皮めくれてきたら恥ずかしいですよ。

クリーム塗って万全を期して下さい。

赤ちゃん用には、1本でUVと虫除け対策ができて無添加・無香料・無着色SPF15 PA++と3点揃ったアロベビーもいいですよ。

3.サングラス

レンタカー乗るなら持って行って下さい。持ってこなくて後悔した物ベスト3に入ります。西日が確実に眩しいです。肌のケアも大事ですが、目のケアも重要です。

「西日が眩しくて事故しました」なんてせっかくの楽しい沖縄旅行が台無しですよ!

4.マリンシューズ

こちらも持ってこなくて、後悔した物ベスト3にランクイン。マリンシューズです。沖縄の海を舐めていました。

2日目に古宇利島のハートロックに行ったのですが、浜に降りて海に浸かると、サンダルだと砂が大侵入します。「そんなの海水で洗えばいいじゃん」って声が聞こえますが、洗っても洗っても砂取れません。

もっかい重要なので言います。砂取れませんよ!砂取れないだけならいいのですが、小石がサンダルと足裏に挟まって非常に痛かったです。

岡の上に浜小屋があったので、そこまで帰るのに激痛との戦いでした。こんな時マリンシューズがあれば、砂入りませんから!痛くないですから!海行く人ホント買っていって下さい。

5.圧縮袋

旅行用の圧縮袋です。100均でも売っているあれです。ただ、100均では買わない方がいいです。買って後悔しました。100均のは買った物が悪かったのか、空気抜けが悪すぎます。

昔海外旅行で持って行った物は、押すとスーっと空気が抜けて楽に圧縮できていました。こういう所でケチると後で困ります。困りました。

6.虫除けスプレー

持ってこなくて、後悔した物ベスト3の最後です。「必需品だろ!」とツッコミありそうですが、忘れたんですよねー。幼児連れなら確実に持っていった方がいいアイテムです。幼児って蚊に好かれるんですよね。

我が家も例外ではなく、野外に行くと刺されます。沖縄のドラッグストア行って、速攻購入しました。

7.カメラ

カメラです。まぁ確実に持っていくと思われますが、カメラでビデオも兼ねて下さい。そして、カメラは、一眼ではなくコンパクトデジカメ(以下コンデジ)がいいです。

何故って?幼児連れだとウロウロしまくるのに首から一眼かけて、観光地散策しんどいですよ?好きな方は苦にならないのかもしれませんが、私はバッグからスッと出せるコンデジをオススメします。

8.浮き輪

海・プール行くなら必需品です。幼児は基本的に泳げないので、浮き輪は重宝しました。プールで浮き輪を引っ張っていってやると、娘はキャッキャッはしゃぎまくりでした。

浮き輪の空気についても空気入れをホテルに備え付けしている所が多いので、お父さん頑張らなくても大丈夫ですよ!(無い所は頑張って下さい。今回のブセナテラス・ヒルトン北谷には備え付けがありました)

9.楽天エディ

楽天エディです。CMでお馴染み「楽天カードマン♪」の楽天カードに付いているエディですよ。楽天カード以外にも付いているんでしょうが、沖縄は楽天エディ王国です。

セブン-イレブンのシェアが極端に低い地域柄もあるのでしょうが、行っても行ってもローソン天国です。ローソンだけでなく、沖縄空港や各種観光地も楽天エディを見かけました。

キャッシュレスで支払いできますし、観光旅行につきものの『何に使ったかわからないけど、お金が減っている現象』回避できます。現金だとツイツイ領収書もらい忘れたりするけど、エディなら記録が残ります。

1枚エディ付きカード持っていたら、非常に便利です。

10.お菓子

「最後にこれかい!」とツッコミありそうですが、我が家は必須でしたよ!逆にこれが無いと子供の機嫌悪い時どうするの?って言いたくなります。

レンタカーで長時間乗っている時に泣かれたら、せっかくの南国気分も悲しくなっちゃいますよね。そんな時の備えにお菓子です。備えあれば憂いなしというじゃないですか?我が家は、2度ほど助かりました。

幼児付き家族旅行で沖縄へ必ず持って行きたい物10選を紹介してきました。「いやいや、これはいらないだろう」とか「これは盲点だったなぁ」とかみなさん意見はあると思います。

必要ないだろうと思ったら持っていかなくてもいいし、必要そうな物があれば採用してみて下さい。これから沖縄旅行行かれる方で、1つでも参考になる物があれば幸いです。

ご参考記事

実際3泊4日沖縄旅行でいくらかかったか赤裸々に書いてます。

沖縄旅行3泊4日実際費用いくらかかったの!?内訳費全公開します

おしまい