2015/11/09

うだ・アニマルパーク入場料・駐車場無料な家族想いスポットに行ってきました

DSCN2937

関西圏で動物と触れ合えて田舎的な雰囲気を体験できる場所って聞いたら行ってみたくなりませんか?小さい子がいる親御さんなら『体験させたい!』って感じるんじゃないでしょうか?

今回ご紹介するスポットは奈良県の宇陀市にあるんですが、行く迄田舎の小さい広場で遊ぶだけじゃないかと舐めていました。

いい意味で裏切られました。

広大な敷地の中で馬に乗れたり、牛の乳搾り体験ができたり、巨大滑り台で滑れたりと大満足です。娘の方が終始ハイテンションで、親の方が疲れ果てました(苦笑

そんな子供が1日遊べる絶好スポットうだ・アニマルパークをご紹介します。

スポンサーリンク

うだ・アニマルパーク概要

  • 入園料、駐車料:無料!

宇陀市の畜産技術向上の目的があるみたいですが、入園料・駐車料どちらも無料で使用できます。車で行ったのですが、非常に助かります。

行って駐車場と入園料で5,000円以上取られる某テーマパークと比べると、非常にお財布にやさしいです。

  • 休園日:毎週月曜 (月曜が休日の場合は開館し、翌平日を休館日)および12月28日~1月4日までは休館日
  • 公園駐車場(普通車・大型車)利用時間 8時45分~17時15分公園駐車場が満車の場合は第2駐車場

狙い目は平日です。そうは言っても平日に行けない人が大半ですよね。

kuruma

土日に行く場合、写真の通り駐車場非常に混みます。駐車場も限りがるので、土日行く場合は開園時間の9時から遅くとも9時30分には行った方が無難です。満車になると2~3時間は待つ覚悟が必要です。

  • アクセス:名阪国道 針ICより 吉野大峯方面16km 約25分

電車でも行けますがバスへ乗り継ぎも必要です。小さい子連れで行くのであれば、車で行った方が無難です。

大阪方面から来るのであれば、阪神高速-西名阪-名阪国道針ICと1ストップです。帰り交通費を浮かせたい場合は、奈良天理迄下道-名阪国道針ICでもいいかもしれません。(燃費の関係で高くつくかもしれませんが・・・)

全体図

udamap

全体MAP見てもらえれば分かる通り、非常に広いです。土日はかなりの人数が来場するのですが、芝生の上で広々とお弁当ランチできちゃいます。

売店もありますが、行くならお弁当持参で行くのがオススメです。

DSCN2957

動物はポニー・ヤギ・羊・牛・うさぎと幼児が好きな動物勢揃いしています。1つ1つの厩舎の距離があるので、狭い感じは全然しません。

DSCN2956

疲れたら動物学習館やテラスハウスといった休憩所も完備されています。写真はテラスハウスです。

動物学習館(各種体験予約・休憩所・バター作り教室)

DSCN2938

うだ・アニマルパークに着いたら真っ先に動物学習館で各種体験受付を済ませちゃいましょう。バター作り・牛の乳搾り体験・ポニー乗馬撮影体験といった体験系は要予約となっています。※バター作り体験は300円必要。その他は基本無料!

写真見て頂くと分かる通り、土日は朝一でこんな感じの行列になります。朝一で来ないとダメな理由は駐車場だけではなく、この体験予約をするのにも必須になります。

この動物学習館動物体験予約だけでなく、休憩所でもあります。普通に休憩するだけではなく、小さい子には嬉しい絵本が大量に置いています。

tosyo

小さい絵本から大人が両手で抱えないとダメな大きな絵本まで、1000冊以上完備しています。『小さな図書館』と名前が付いていますが、名前負けしてない数です。

ここでもお弁当を広げて食べられる休憩スペースがあります。築年数が浅いのかメチャクチャ綺麗です。冷暖房完備で夏は涼しく・冬は暖かいと至れり尽くせりですね。

休憩所の隣にバター作り教室も併設されています。バター作り体験(要予約)をさせてくれるのですが、小学校の家庭科の授業を思い出すような作りです。

バターに関しても小瓶に材料を詰めて振るだけで、バターが作れちゃいました。支給されるクラッカーに乗せて食べるのですが、自分で作ると格別ですね。

2歳児とかでも振るだけならでます。

お父さんお母さんが作って瓶を振ってもらう役を子供にと、家族全員楽しめます。 

動物ふれあい体験

uma

ポニーの乗馬撮影体験をやってみました。ポニーに乗って写真撮影だけなのですが、かなり人気で予約制でも30分程度待ちました。乗りやすいようにポニーの横に台を置いてくれています。

付き添いの職員さんも優しかったので、娘もスムーズに乗馬できました。ポイント高かったです。

usi

続いて乳搾り体験へバター作りとセットになっていて、バター作りをしないとできません。

(バター作りお休みの場合は無料で実施)

usagi

こちらも人気イベントで結構並びましたが、私が並んで娘は向かいの兎小屋に行って楽しんでいましたOrz 

世のお父さんその辺は父親の役目かなぁと割りきりましょう。(泣乳搾りは消毒液で手を消毒してから、牛の横に立って乳をしぼります。お父さん!絶好の写真撮影ポイントですよ!息子・娘の勇姿をバッチリ撮っちゃいましょう。

遊具(アニマルスライダー・シャボン玉広場)

suberidai

巨大滑り台アニマルスライダーです。小さい子供でも付き添いがいれば十分乗れるように設計されています。

娘乗せたら1回目は妻と一緒でワイワイ楽しんでいたんどえすが、2回目は私と乗ってギャン泣き・・・何でやねん!

 

syabon

通路の真ん中に子供が人だかりを作っていたので、何事かと覗いてみたらシャボン玉作成器と大きなテーブルがありました。テーブルにシャボン玉液が塗ってあって、液を付けて作って遊ぶといったものです。

シャボン玉中々上手く出来なかったのですが、出来た時は大はしゃぎしていました。特設テーブルっぽかったので、期間限定のイベントかもしれません。

まとめ

親子3人で行きましたが一日目一杯遊べました。うだ・アニマルパークの特徴を再度まとめます。

  • 入園、駐車料無料
  • 各種体験コーナー有り(要予約)
  • 小さな図書館完備
  • 休憩所も広くて綺麗!
  • 遊具も充実

入園・駐車場無料で各種体験コーナーも有りと子持ちの親にとっては、絶好の行楽スポットです。関西圏内であれば是非行って欲しい場所です。

早起きは頑張ってして下さいね。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー