投資

投資講座他

米国ETFは今バブルなのか?

バーリ氏は今、パッシブ投資に「バブル」があると指摘、新たな逆張りの機会を見いだしている。 大手企業に集中しがちな上場投資信託(ETF)や指数連動型商品に資金が流れ込んでおり、中小型のバリュー株は世界的にひどく見放されていると、同氏...
投資講座他

PM(フィリップ・モリス)とMO(アルトリア)の合併話に関して

2019年8月28日時点で本決まりというわけではないですが、米国タバコ大手のPM(フィリップ・モリス)とMO(アルトリア)の合併話が立ち上がっています。 高配当+不人気銘柄の常連となっていますが、両銘柄共主力保有しているので、ここで書...
投資講座他

投資初心者はバフェット本の実践は辞めておけ

米国投資の神様と言えばウォーレン・バフェット ピーター・リンチ、チャーリー・マンガー、ジム・ロジャーズ、バートン・マルキール等々、きら星のごとくいる米国スーパー投資家の中で屈指の人気を誇ります。 そんなスーパー投資家バフェットな...
月次投資結果

現状の各保有銘柄に関する雑感(2019年8月版)

2014年から毎月持株報告をしています。 そろそろ景気も悪くなりそうな雰囲気が漂ってきましたので、ここで一度自分の整理の意味合いも込めて、各保有銘柄の雑感を書いていきます。 自分の論点整理的な意味合いが多い記事なのですが、参考になれ...
投資講座他

米国投資するなら為替は注意しておきましょう!

最近、周りで米国株投資が流行っています。 S&P500に投資し続けていたら勝てるとか、高配当系の株に投資して、自分年金作りをしよう!等・・・ 実際私もしているので、他人のことは言えませんが、為替のことは頭に留意しておいた方がいいです...
投資講座他

若者が小資本なら一か八か投機勝負してもいいのではないか?

40~60代のおっさんがタイムスリップして、23歳の社会人1年目に戻りました。 投資関係でどうするかなぁと考えていた所、タイトル通り一か八か博打という名の投機をしてもいいんじゃないかなと結論づけました。 結論ありきの空想議論ですが、...
投資講座他

「年金2000万円不足」問題のネタ元は、書いてることはマトモなのに残念な報告書

最近流行りの「年金2000万円不足」問題 国民は前々から薄々気づいていたのでしょうが、バシッ!と金融庁側=国から出てきたので、ビックリ仰天。何だ何だと上から下まで大騒ぎ状態。 そこに麻生大臣が燃料投下して、炎上中という状況です。 ...
日本株

IPO(バルテス)当選しました

2年以上くらいコツコツと貯めたSBIポイント ホントに当たるのか?というある意味私の中で都市伝説状態だったSBIポイントでのIPO当選。令和第一号案件で当選いたしました。 グダグダで貯めていたポイントだったのですが、当たると嬉しいで...
子どもたちへ

投資においてフルインベストメントVs一定割合現金保有かの自分なりの結論

投資において迷う方が多いフルインベストメントVs一定割合現金保有 前提条件として、フルインベストメント(投資待機資金を持たない一括投資)の方が、一定割合現金保有よりも、長期的にリターンが高くなるというのは結論として出ています。...
投資講座他

ため息がでる暴落にあった際のあるある疑問ネタ

年初来高値 2018/10/2日経平均株価終値24,448円 2018/10/5ダウ平均株価終値26,951ドル 12/26時点終値 2018/12/26日経平均株価終値19,327円 2018/12/25ダウ平均株価終値...
投資講座他

IDECOの出口戦略を調べて最適解を検討してみた

以前につみたてNISAの出口戦略を記事にしたのですが、今回はIDECOの出口戦略です。 つみたてNISAの場合、ケツが決まっているようで、特定勘定に移行されるという猶予があるのでシンプルに考えれました。 IDECOの場合、60歳で拠...
米国株

米国個別株保有銘柄を公開します

弊ブログを見てらっしゃる方なら、大体想像はつく銘柄郡なのですが、とりあえず銘柄一覧を公開したいと思います。見たことあるなという、大手系の株しか現在保有していません。 米国株のみですが、色々考えての投資なので、その辺も説明していきます。...
投資講座他

SBI証券セレクトプラン移行に伴う投資資金全額現金化の是非

プラン変更にあたっては、現在加入または運用指図いただいているプランの資産を全売却し現金化した上で、資産の移換を行います。 資産の移換には2~3カ月程度を要する予定です。詳しくは、プラン変更時に当社からお送りする資料をご確認ください...
米国株

【IBM:米国株銘柄分析】IBMは、汎用コンピュータからクラウドにシフト中の老舗企業

米国株式の銘柄分析をします。 今回は、International Business Machines Corporation(IBM)です。 IBM概要 International Business Machines Corpor...
米国株

【T:米国株銘柄分析】AT&Tは、グラハム・ベルを源流に持つメディアコングロマリット企業

米国株式の銘柄分析をします。 今回は、AT&T(T)です。 AT&T概要 AT&T(以下T)は、グラハム・ベルのベル株式会社を源流にもっています。しかしながら、1983年にスピンオフしたSBCコミュニケーシ...
投資講座他

2018年11月スタートSBI証券IDECOセレクトプラン厳選3商品、電話質疑応答集

2018年11月スタートするSBI証券IDECOセレクトプラン 現状は、「オリジナルプラン」上DCニッセイ外国株式インデックスに投資していましたが、どう考えても「セレクトプラン」の方が魅力的な商品があります。 そのため、セレクトプラ...
米国株

【ABBV:米国株銘柄分析】アッヴィは、ヒュミラ一本足打法から脱皮中の会社

米国株式の銘柄分析をします。 今回は、アッヴィ(ABBV)です。 アッヴィ概要 アッヴィ(以下ABBV)は、ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)・ファイザー(PFE)と同じく製薬会社です。 難治性・難病(リウマチ・白血病・C...
投資講座他

分散するなら業種も分散しましょう セクターローテーション投資法

投資家の中では、有名なセクターローテーション投資 セクター=業種と変えた方がわかりやすいかもしれません。要は、1つの業種に偏るのではなく、業種も分けて投資しましょうという投資です。 分散投資は広く認知されていますが、セクターローテー...
投資講座他

インフレ・デフレの仕組みとインフレ・ターゲットの功罪

最近、さかんに政府が音頭をとって実施しようとしているインフレ・ターゲット 2013年から2%のインフレ率を政府・日銀が協調して金融政策目標として設定し、達成しようとヤッキになっています。 インフレになると実質的にお金の価値が下がりま...
投資講座他

SBI証券iDeCo対象商品一部除外に物申す

iDeCo(確定拠出年金)運用先選択肢でよくあがるSBI証券 私もSBI証券を選択している口ですが、楽天証券にしとけば良かったとチョット後悔している派です。 IDECOの性質上、証券会社に加入or変更する場合、職場にお伺いをたてない...
米国株

【PM:米国株銘柄分析】フィリップ・モリス・インターナショナルは、債務超過の優良企業

引用:フィリップ・モリス・インターナショナル 米国株式の銘柄分析をします。 今回は、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)です。 フィリップ・モリス・インターナショナル概要 フィリップ・モリス・インターナショナル...
投資講座他

米国株配当再投資戦略の是非メリット・デメリット

最近バフェット太郎氏『バカでも稼げる 「米国株」高配当投資』で人気化?しつつある配当再投資戦略 企業からもらった配当をそのまま再投資+余剰資金で買い増ししていくという戦略 結構昔からある戦略で、古くはジェレミー・シーゲル氏の『株式投...
米国株

【JNJ:米国株銘柄分析】ジョンソン・アンド・ジョンソンは、「消費者の命を守る」を文字通り守った企業

米国株式の銘柄分析をします。 今回は、ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)です。 ジョンソン・アンド・ジョンソン概要 引用:JNJIR ジョンソン・アンド・ジョンソン(JNJ)と言えば、ヘルスケア全般を扱う総合ヘ...
投資講座他

【複利効果】アインシュタインが人類最大の発明であると言った『複利』の力と72の法則

かの有名なアインシュタインですが、人類最大の発明は『複利』であると言ったそうです。 複利の逆で単利もありますが、以下のような違いがあります。 単利・・・元本のみが利息を生む 複利・・・元本だけでなく前年までに付いた利息も利息を...
米国株

【XOM:米国株銘柄分析】エクソン・モービルは、スーパーメジャーの1社

米国株式の銘柄分析をします。 今回は、エクソン・モービル(XOM)です。 エクソン・モービル概要 エクソン・モービル(XOM)と言えば、石油の探鉱(採掘)・生産・輸送・精製・販売までの全段階を垂直統合で行い、利益独占(寡占)してい...
米国株

【VZ:米国株銘柄分析】ベライゾン・コミュニケーションズは、米国通信事業2強の1社

引用:VZIR 米国株式の銘柄分析をします。 今回は、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)です。 ベライゾン・コミュニケーションズ概要 ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)と言えば、AT&T(T)とシェアを2分する大手電...
米国株

【PG:米国株銘柄分析】プロクター&ギャンブルは世界最大の消費財メーカー

米国株式の銘柄分析をします。 今回は、プロクター&ギャンブル(PG)です。 プロクター&ギャンブル概要 引用:PGIR プロクター&ギャンブル(PG)と言えば「パンパース」「アリエール」等で日本でも有名な会社です。 日...
投資講座他

つみたてNISAの出口戦略をシンプルにした考え方

2018年から開始されたつみたてNISA 2014年に開始したNISAの後継ですが、年間投資金額減少(120万円→40万年)・非課税投資期間が延長(5年→20年)と資産形成の面に大きく舵を切った制度になっています。 我が家も投資期間...
米国株

【PEP:米国株銘柄分析】ペプシコはドリンク・スナックの配当貴族銘柄

米国株式の銘柄分析をします。 今回は、ペプシコ(PEP)です。 ペプシコ概要 引用:PEPIR ペプシコと言えば「ペプシコーラ」で有名な会社です。 日本ではコカ・コーラもどきの飲料を脱しきれていませんが、全世界ベースで...
米国株

【MO:米国株銘柄分析】アルトリアグループはタバコ高配当銘柄

引用:MOIR 米国株式の銘柄分析をします。 バックデータとしては前から持っていたデータなのですが、ブログに晒すとなると色々データの整合性等チェックするのに手間がかかりました。 今回は、アルトリアグループ(MO)です。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました