2016/05/26

財形貯蓄のメリット・デメリット~100万貯めて分かったこと~

100万

新入社員の方で財形貯蓄を検討している方って多いのではないでしょうか?

逆にそんなの嫌だな。自分のお金は自分で管理したい!って方もいると思います。私も基本そうです。

が!私の場合敢えて財形貯蓄制度を活用しています。コツコツ馬鹿にできませんよ。私も加入当初はあんまり貯まらないだろうなと考えていたのですが、5年で100万貯められました。

本日は財形貯蓄を検討されている方向けに、財形貯蓄のメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

財形貯蓄のメリット

  • 税制優遇メリット

財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄あわせて元利合計550万円(財形年金貯蓄のうち、郵便貯金、生命保険又は損害保険の保険料、生命共済の共済掛金、簡易保険の掛金等に係るものにあっては払込ベースで385万円)から生ずる利子等が非課税とされます。

厚労省ホームページ引用

目的別に縛りがありますが、積立金については非課税とされています。財形年金貯蓄して将来の年金リスクに備えるのもありかもしれません。

  • 住宅購入メリット

財形貯蓄で住宅ローン融資を受けられます。財形住宅融資制度です。

返済の開始から終了までの全期間、5年ごとに適用金利を見直す5年固定金利制です。

財形住宅融資をご利用いただくためには
・ご自分で所有及び居住するための住宅を建設、購入又はリフォームする方
・一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄のいずれかを1年以上続け、申込日前2年以内に財形貯蓄の預け入れを行い、かつ、申込日における残高が50万円以上ある方
・勤務先から住宅手当・利子補給・社内融資などの援助(負担軽減措置)が受けられる方であることなどが必要です。

住宅支援機構引用

財形貯蓄残高の10倍(最高4,000万円迄)借入できます。

固定5年では心配という方は、フラット35との組み合わせも可能なので、短期は財形住宅融資・長期でフラット35と二段構えで返済していくというのは有りかもしれません。

  • 天引き効果

金利面でも優遇されるのですが、一番のメリットは『給与天引き』効果でしょう。給与明細には財形貯蓄項目として出てきますが、毎月の振込額から前もって引かれているのがポイントです。

痛みが分かりづらいです。知らない間に貯蓄ができちゃいます。

財形貯蓄のデメリット

  • 低すぎる利率

都市銀行を例に取ってみると、5・10年物の定期預金と同じ利率くらいを適用している所が多いです。となると、利率0.1%切っている状況です。

これが非課税になったとしても限度額一杯の550万でも0.1%で仮定して年550円。1コイン定食が食べれますが、年ベースで考えると厳しいですね。

  • 目的外での解約がしづらい

例えば財形住宅貯蓄の場合諸条件がありますが、基本的に「新築・増改築」しにしか使えません。

そのため住宅ローンの繰り上げ返済等に使われる場合は、非課税期間もさかのぼって課税されるので、注意が必要です。

私これ知らずに貯蓄していたので、引き出す時に課税される予定です。orz

  • 資産増加率が悪い

積立なので資産増加率は悪いです。現在利率も超低金利のため期待薄。

そのためデフレだといいのですが、インフレ(お金の価値が低くなるため)には弱いです。

増加率の面から言うと絶対安全ではないですが、現在比較的安全資産と言われている変動国債で積立てるよりも低くなります。

  • 機会損失が発生する可能性あり

貯める前に増やすという考えを優先される方には、財形貯蓄は効率が悪く感じられる方もいます。

投資の絶好の機会があるのにどうして貯める必要があるのか?卵が先か鶏が先かの水掛け論になるので深く議論しませんが、資金量が多くなればなるほど不利になるのは確かです。

結論

9830736_m

自分でお金のコントロールを完全にできる!って方は財形不要。天引き効果で楽して貯めたいって方には財形必要』となります。

非課税枠を狙って積立てしても、現在の利率では雀の涙です。

それよりも先取り効果を狙って財形貯蓄分はそもそも無い物と考えて、貯めていくと毎月2万で5年100万超えます。毎月4万なら200万です。バカにできますか?

財形検討している新入社員~3年目くらいの独身会社員なら、財形5万後使えるだけ使う!でも5年後300万です。美味しくないですか?

投資とかだと損できるけど、元本保証で5年後確実に300万です。これだけあれば投資のベースにもできちゃいます。

いやいや俺はリスク取って投資でバリバリ儲けるよ!って方は個別株投資・インデックス投資・金投資などなど色々選択肢があります。

本業に集中したい。なるべく手間暇かけすに投資で積立ていくならセゾン投信でもいいかもしれません。

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー