2017/04/043 Shares

4月投資積立結果

かなり歪なポートフォリオをなっていますが、これが通常運転状態になっています。

そろそろ株式セクターは危ないなとは感じているのですが、中長期投資スタイルなので中々修正が効きません。

今の所利益が出ているので文句はありませんが、多分どこかで含み損に転換するだろうなとは考えています。先に目標値に達すればいいですが、まぁ遥かかなたなのである程度は覚悟しております。

スポンサーリンク

投資積立状況

積立内容 積立金額
DCニッセイ外国株式インデックス 23,000
野村インデックスファンド・新興国株式 20,000
ニッセイグローバルリートインデックス 3,000
ニッセイJリートインデックス 3,000
合計 49,000

先月IDeCo(確定拠出年金)に加入した後は、ほぼ変わらずの積立になります。

少し積立金額を減額しています。IDeco分の積立に合わせた形です。

先進国・新興国株式は、一回利確しているのでほぼ1からの積立になっています。高い所から低い所へ上手いこと積立れればいいのですが、中々上手いこといかないかもです。上手くいかなくても市場が好調なら個別株が騰がってくれてるはず。。。

宅配便のサービス残業問題

ヤマトは2016年8月、神奈川県内の支店が元ドライバーらに残業代の一部を支払わず、昼食休憩も与えていなかったなどとして、横浜北労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けている。

これを受け、ヤマトは全国のドライバーらグループの約7万人の社員を対象に、未払いの残業代がないか労働実態の調査を進めている。

ライブドア引用

ヤマト運輸が労使間交渉をして、時間帯配達を見直すというニュースは前々から出ていたので、あまり驚きがありません。

今までがあまりにやり過ぎだったわけで、やり過ぎを是正する意味あいでも早期労使間妥結できたのは大きいでしょう。

サービス残業問題もまだまだ問題山積みですが、消費者への価格転嫁によりヤマトの正社員に関しては待遇改善が進んでいくことでしょう。ただ、会社側としては、正社員にコスト転嫁できないのであれば、外注に出そうという動きが強くなるのも自明の理。

直近の下払い経費も人件費よりも対前年比で倍近く(3%増と6%増)違っています。

立場的に弱い外注に対しても、サービス残業対策ができるのかどうか注目ですね。

森友学園問題

最近のニュースは、連日こればかりですがそろそろ食傷気味

渦中の人となった籠池泰典氏ですが、疑獄事件とまではいかないのかなと考えています。

籠池さん自体嘘か誠か分からない発言が多いですし、安倍昭恵夫人とのメールやFAXも今の所決定的証拠になりそうにない。

証拠が弱いので、証人喚問でも言った言わないの応酬合戦。昭恵夫人とのやりとりをICレコーダーで録音してました!とか新証拠が無ければ、安倍首相が言った悪魔の証明になるので中々難しい所ですね。

警察・検察が動かないのは、そういう所にあるんじゃないでしょうか。

いきなりドカンと新事実が出てくる可能性も否定できないですが、中々厳しい感じがします。

WBCに関して

WBC(ワールドベースボールクラシック)ですが、予想に反しての決勝ラウンド進出・準決勝止まりという結果でした。

当初は予選リーグ駄目なんじゃないかという予想だったので、小久保監督の面目躍如といったところでしょう。かく言う私も予選リーグ敗退予想だったので、いい意味で裏切られました。

WBCを見て思いましたが、日本人は期待値を上げすぎない方が結果出る時が多いですね。

昔から大舞台に弱い日本人と言われてきましたが、スポーツだけでももう少し冷静に応援

すれば良い結果がでないかな。