2017/08/05

ゴリラクリニック梅田院内部詳細レポート

2ヶ月ほど前からヒゲ脱毛にチャレンジしています。

体験記を載せてはいますが、ヒゲ脱毛先のゴリラクリニックさんについて、どういった場所で施術するのかとかが分かりづらい状況でした。

参考ゴリラクリニックでヒゲ脱毛にトライ!(初回施術)

今回ゴリラクリニックさんのご好意で、梅田院の内部撮影を許可が出たので潜入レポートを書きました。

雑居ビルの1室ですが、かなり清潔感たっぷりの店内なので、レポートのしがいがありました。

スポンサーリンク

ゴリラクリニック梅田院

入口

ゴリラクリニック梅田院は、泉の広場から徒歩1分梅田高速ビルという雑居ビルの8階にあります。

一目見ると「え?ここ?」ってなくらい少し暗めのエレベーターエントランス。まぁ入口で勝負してる訳じゃないからと自分に言い聞かせて、エレベーターに乗って8階まで上がります。

すると、小奇麗な入口にゴリラクリニックのトレードマークゴリラがお出迎え。

エントランスで期待値が下がった分入口の綺麗さは非常に好感が持てました。

受付

入口入ってすぐ右に芸能人のサイン色紙が飾っていました。

AKBの指原さんのサインとかもあって、対象年齢層は20~30代くらいだろうから納得な人選ですね。

と言いながら、右手を見ると元阪神の亀山つとむ氏

対象年齢が一気に広がりました。サインボール付きという太っ腹ですな。

入口入ってすぐ左側が受付です。

小奇麗な医院を思い浮かばせるたたずまい。

3ヶ月分のカレンダーは、施術後8週間後以降再施術可能になるので、合理的ですね。

AEDやコピー機といった必要最小限しか置かないのもいいですね。

カレンダーの横にUV系のケア用品が置かれていました。

男性でもお肌に敏感な方が多くなっているので、需要はあるんでしょうか?

半額くらいでセットで販売とかだと手が届くんだけどな。

使用可能カードも店頭に明示されていましたが、メジャーなVISA・JCB・マスター・アメリカンエクスプレスと至れり尽くせり。

銀聯カードまで決済可能ということは、中国需要も考えてということなのでしょうね。

梅田院だけではないのでしょうが、スリッパも1人1足使い捨てのスリッパを提供してくれます。

最初見た時これに靴を置くのか?とも思いましたが、使用後のスリッパを格納する置き場です。

使用前のスリッパは下部から出る仕組みになっています。

待合

受付すぐ奥に待合室があり、待っている間フリードリンクも頂けるシステムになっています。 ペプシからドトールまで万人受けするドリンクが揃っています。

自販機下部には、ゴリラクリニックのイメージキャラクターDr.ゴリラがプリントされていました。

◯ットマンのパクリな気がしないでもないですが、かっこいいので文句はありません。

待合室には大きなモニターも設置されていて、芸能人のゴリラクリニック体験談が流れていました。

カウンセリング

初めて来院した際に通されるカウンセリング室です。

梅田院では2部屋あって、同時に2人までカウンセリングを受けられます。

カウンセリングに関しては、デリケートゾーンの場合は男性カウンセラーが専属で付き、その他の部位の場合は男性・女性どちらも付きます。

私の場合は、ヒゲの部分だったので女性カウンセラーにカウンセリングをやって頂きました。

カウンセリング室内部です。カウンセラー用の椅子と患者用の椅子+パソコンがあるシンプルな作りです。

カウンセラーがパソコンやマニュアルを元に患者に施術内容の説明を行い、最後に医師が診察をして施術という形になります。

マニュアルは中はお見せできないということだったので、外から撮影。

施術方法や料金といったものが載っています。

施術費用の内訳です。私の場合は上4つを選択しました。

総額は体験記でも載せましたが、206,892円です。

ここまで分かりやすい料金体系も、美容業界ではあまり無いんじゃないでしょうか?

施術室

医師によるカウンセリングを終えると、いよいよ施術です。

施術室は、カウンセリング室の奥に3部屋あり、それぞれジェントルYAGレーザー・メディオスター・ライトシェアデュエットという機器を設置して対応しています。

ジェントルYAGレーザー

一番手前の処置室です。

手前にあるのがジェントルYAGレーザーです。

YAGレーザー本体と上に乗っているのが、照射部品です。

バナナみたいなのとプラスチック製の照射部の先端に設置する部品。

照射装置で、これに製照射部品を組み合わせて使用します。

先端の丸い空洞部分にセットして、お肌に直接当てる感じですね。

YAGレーザーは一度体験しましたが、「痛い」です。よく輪ゴムで肌を弾かれる感じと言われますが、まさしくそれです。

弾かれて、急速に冷やされる感覚を味わえます。

メディオスター

続いて真ん中の部屋ですが、メディオスター専用処置室になっていました。

写真がメディオスターの実機です。

キレイなお姉さんが出ていますが、ここが操作モニターで出力等を操作します。

メディオスター上部には、消毒するための消毒セットや塗り薬が置かれていました。

メディオスターの照射装置です。先程のYAGレーザーと比べると照射部が広いのが分かります。

照射部のアップですが、やはりYAGレーザーより広いですね。

YAGレーザーはピンポイントで照射ですが、メディオスターはそれよりも広範囲を照射できる装置です。また、ピンポイント照射ではないので痛さもそこまで痛くないけど、脱毛効果もあるというゴリラクリニック一押しの脱毛機器です。

医院の方にメディオスターで簡単な実験をしてもらいました。

白と黒の布を置いて、それぞれメディオスターを照射します。

一目瞭然ですが、黒は貫通して焼け焦げていますが、白は何も変化ありません。毛の黒色に反応して照射しているのが分かります。

脱毛期間に日焼けをしたらダメと言われるのが分かりますね。肌が黒くなったら・・・ご想像におまかせします。

ライトシェアデュエット

最後にライトシェアデュエットをご紹介。

主にヒゲ以外の体全体に使う機器だそうです。照射範囲が広いのが特徴で

見ての通り、YAGレーザー・メディオスターよりも照射部分が広いです。広いということは、照射面積が多い胸やお尻等でも十分に照射可能です。

ヒゲ脱毛で来ているので、体験する機会があるかどうか分かりませんが、一度体験してみたいですね。

笑気麻酔

最後に笑気麻酔のご紹介。

笑気麻酔は、移動式でどの脱毛機でも使用可能だそうです。

本体は、スリムな感じで麻酔量の調整するダイヤルがついているシンプルなデザイン。

笑気麻酔の吸入部です。鼻にセットする感じで使用します。

笑気麻酔の裏側ですが、ガスボンベが格納されています。笑気ガスがここから出て、笑気麻酔をします。

吸うとアルコールを飲んだような酩酊状態になります。施術後1時間程度すると通常状態に戻るので、カフェ等で待機した方がいいですね。

車の運転は1時間後からできるみたいですが、その日は辞めておいた方が無難です。

トイレ

余談ですが、トイレもご紹介。

ここが綺麗か汚いかで大体店舗の運営が分かるので、重要要素と位置づけています。

洗面台見ての通りですが、凄まじく綺麗です。ここで施術前のシェーバーをあてたこともありますが、汚くしてもいいのだろうか?というレベルです。

トイレの入口ですが、小奇麗にしています。トイレ用スリッパも普通に完備されていて、好感持てます。

トイレ内部も小便器と大便器と2つついていて、さすが男性メインでやっているだけあります。汚れもなく、気持ちよく使えます。

まとめ

ゴリラクリニック梅田院のご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?

最初は雑居ビルの一室で大丈夫か?な感想でしたが、使用してみると非常に気持ちよく過ごせました。

肝心のレーザー照射装置も3種類(ジェントルYAGレーザー・メディオスター・ライトシェアデュエット)あり、幅広いユーザーの期待に応えようとしているのが分かります。

脱毛したいけど、どういう風な雰囲気で施術するんだろう?って方是非参考にして下さい。