2017/10/16

ヒゲ脱毛からの人生初の毛嚢炎(もうのうえん)!?症状・対処法

半年ほど前からヒゲ脱毛にチャレンジしているのですが、毛周期というヒゲが生え変わるタイミングがあるので、一気に減ったり増えたりと中々安定しておりません。

参考ヒゲ脱毛

2年も通えば成果が見えてくるのかなと考えているので、脱毛の方は心配していないのですが、チョット困った事態に遭遇しました。

人生初の毛嚢炎(もうのうえん)です。

スポンサーリンク

毛嚢炎とは?

毛嚢炎というのは、脱毛特有の症状ではあるのですが、肌が弱いor弱くなっている方全般に出ます。

体調がすぐれない時や脱毛等で肌が弱い時に毛穴にブドウ球菌が入り込み、炎症を起こす病気です。

アゴの下や太もも等に赤い湿疹がポツポツと出てくる肌トラブルです。

写真を見てもらったら分かる通り、私の場合アゴ下に発生しました。この箇所は肌的に薄くレーザー脱毛機に過剰反応したのでしょう。

痛みはなく、一般的には2~3週間程度で症状が落ち着くと言われています。あまりにひどい場合は、飲み薬や塗り薬(ステロイド軟膏等)で対処をします。

実際なってみたら

なるかもしれないと脱毛クリニックに警告を受けていたのですが、実際なるとショックです。

妻と娘に指摘されるまで気づかなかったのですが、気づいたら気になる気になる(苦笑

先程の毛嚢炎の症状でも言いましたが、実際痛みや痒さといったものはほとんどなく、炎症だけがポツポツと広がる感じです。

とりあえずクリニックにもらったステロイド軟膏を2・3日塗って、応急処置を実施しました。

で、、、治るのかなと思っていたのですが、治りません!

減るどころか若干増えてるような気がして、心配になってヒゲ脱毛しているゴリラクリニックに電話。

2・3日前から毛嚢炎が出ていることと、処方されたステロイド軟膏を塗っている旨を伝えた所、受付から医師に相談してもらいました。

しばらく待つと、再度受付嬢から以下の注意点をお聞きしました。

  • ステロイド軟膏は塗るのを中止
  • あまりにひどくなるようなら、クリニックに来て欲しい。無償で飲み薬等で処置を行う。
  • 急性悪化するようなら近くの救急や皮膚科で受診して欲しい。

丁寧な対応で好感持てました。ただ、ヒゲ脱毛との因果関係は脱毛実施した日から1ヶ月程度空いているので、違う可能性が高いと回答がありました。

この点に関しては、脱毛で肌が弱ったからだと私は思っているのですが、ひどくなったら受診して詳しく聞いてみることにします。

毛嚢炎発生から1週間後

あまり代わり映えしません。(笑

気にしないようにはしているのですが、まだまだ気になるレベルです。

次回脱毛までに治るんだろうか?

ちなみにメディオスター受診後に起きたので、初回で受けたYAGレーザーに次回受診を変えてもらいました。

機器によって個人差で合う合わないがあるかどうか分かりませんが、YAGレーザー後の脱毛効果も高かったのでチェンジしました。

これが吉と出るか凶とでるか分かりませんが・・・

毛嚢炎発生から3週間後

結構綺麗になったんじゃないでしょうか?

これなら次回のヒゲ脱毛時までには、綺麗に治っているはず!?

最初は結構気にしていたのですが、1週間・2週間と見慣れるとどうってことなくなりました。

体感的には少し痒みが出た時もありましたが、現在は全くなく少し赤みがある程度になってきています。

普段から肌を綺麗にしておくべき

直接的な原因は、ヒゲ脱毛なのでしょうが、肌は常に綺麗にしておくべきですよね。

昔は水で洗ってればOK!と思っていましたが、30代になり肌のアブラテカリとかが目立つようになりました。

上司とかのテカリは気になるのに自分は若いからと言い訳して、つい最近までオザナリに・・・

昨年一念発起して自分の肌に合う化粧品を探していましたが、市販の化粧品特に泡洗顔が合わなくて肌荒れに難儀していました。

そんな時に見つけたのが「どろあわわ

ライザップグループ(あのボディメイクのです)の礎をきずいた大ヒット商品なのですが、最初は半信半疑でしたが使用してみたらピッタリ合ってツルツルお肌になってビックリ。

女性用と思っていたんですが、泡洗顔なので男性も全然使用できちゃいます。

こういった基本的なスキンケアも30代後半になってきたら考えとかないとですね。