2017/11/095 Shares

11月投資積立結果

日経平均20,000円を上放れしましたね。

ここ3ヶ月20,000円台もみもみでしたが、上か下かで上だったみたいです。

下と判断していたので、指くわえて見ているだけなのですが、見ていると海外勢が入っているみたいですね。

海外の景気が順調であれば、このままいくんでしょうが、そろそろ逆回転あって然りだと思うのですが、、、分かりませんね。

最近の株高では、食指が動かないのは事実です。

買える人は買えるんでしょうが、逆に売りたくなる誘惑にかられております。

スポンサーリンク

個別株結果

先月から個別株に関しても報告します。

、持株の報告としては、RIZAPが分割後も上値を追っているので全体ではプラス。

この株だけで分割後50%上げているので、早目に利食いしだしたダメ典型例になっていますね。

相場の格言に「頭と尻尾はくれてやれ」という格言がありましたが、まだまだ頭?尻尾?は長いみたいです。

ライザップに関しては、売れる分は売って恩株化(買値より利益のが多い状態)しているので、ちょこちょこ放出しながら、優待貰って長期応援予定です。

PER50倍なんてバブル以外の何物でもない気がせんでもないんですが、追加購入はできない段階です。

日本株は、RIZAPグループ+2銘柄の3銘柄投資中。残りは海外株に振り向け中。

どうしても資金があると買いに走りだしたくなりますが、我慢我慢といった所ですね。

※投資は自己責任でお願いします。

2018年10月優待クロス結果

今年からインデックス積立投資の代わりに優待クロスを復活させました。

インデックス資金と遊休資金を活用するためにIPO投資と併せて実施中です。

参考株主優待クロスとは?

参考〈IPO投資〉新規上場株をあまり労力をかけずに手に入れる方法

2018年10月優待クロスは、3銘柄(東建コーポレーション、パーク24、巴工業)約1,000円弱の利益計上予定です。

10月優待は少ないので、あんま期待していませんでしたが、やはりと言えばやはりという結果ですね。

11月も期待薄です。

北朝鮮情勢と衆議院選挙

水爆実験やら何やらのニュースで忙しいですね。

やったらアウトで戦争なんでしょうが、北朝鮮側も分かっていて自省しているのか、時期を考えているのか非常に静かです。

開戦したら日本に関係無い・アメリカ頑張れというお花畑思考な方も少なからずいるみたいですが、アメリカよりも日本の方が断然距離近いんですよ・・・

ミサイルもバッチリ射程圏内ですし、狙いはつけているでしょう。

右翼どうのこうのでないですが、もう少し危機感持って対応したいもんです。

先日の選挙も危機感が感じられない野党集団がどんなに騒いでも、こういう国難時は自民党に預けるしかないという諦め感もあったりと複雑な心境です。

安倍さん個人は好きになれないけど、やっぱ自民党だよねっていう落とし所を考えて選挙したんでしょうが、与党側の思惑通りになりました。

これでミサイルの1発でも領土(領海含む)に落ちれば、悲願の憲法改正でしょうか。

中国共産党政治局常務委員会

チャイナ7と言われる中国共産党政治局常務委員会7人の顔ぶれが決定しました。

大体は予想通りみたいで、習近平主席の権力強化のお友達委員会といったとこでしょうか。

社会主義国家を強めるという強国主義を取っていますが、いきつく先はロシアのプーチン大統領or王政主義といった所でしょうか。

北朝鮮含め1人に権力集中する時点で社会主義でない気がプンプンするのですが、最近の社会主義国家はこういう独裁政治のことを言うんでしょうか。

こういう制度不良を見ていると、まだ民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」とはイギリスの元首相ウィンストン・チャーチルの言葉に頷けます。

貧富の格差が激しくなっていますが、昔の王政や現代の社会主義といった制度と比べたら、救われる絶対数が多い。

そうは言っても民主主義の制度不良というか経年劣化が出だしているので、もっと公平に富を再配置できるようにしていく必要があります。

じゃあ何ができるのか?と言われると、言うは易く行うは難しですが・・・