2015/11/03

『残念な夫』に物申す!家計簿付けてもそれじゃ貯まりませんよ

kenak こんばんわ。たろです。 本日は、ドラマ『残念な夫』から奥さん〈倉科カナ〉が家計簿をつけて頑張って貯蓄をしていくというシーンを見て、家計簿つけてもそれじゃ貯まりませんよとツッコんでしまいました。

『残念な夫』なんて見てないし、家計簿・貯蓄も興味ないって方は回れ右をお願いします。

スポンサーリンク

残念な夫とは?

残念な夫。』 (ざんねんなおっと)は、2015年1月14日から毎週水曜日22:00 – 22:54に、フジテレビ系の「水曜10時枠」で放送されている日本のテレビドラマ。主演は玉木宏。

放送当時に社会問題となっていた、夫婦円満だった家族が出産をきっかけに関係に亀裂が入り、終いには離婚にまで発展する「産後危機」と呼ばれる現象をテーマとし、父親らしい進歩がなく、家族からも疎遠になってしまう夫が「理想の夫」を取り戻すまでの姿をコメディータッチで描くホームドラマである。

WIKIペディア参照

家計関係のドラマではなく、「産後危機」のドラマなのですが家計簿のシーンが引っかかりました。お金ばっかり考えてる弊害ですね。そんなことよりドラマ楽しめと自分に言いたくなります。(苦笑

問題の1シーン:奥さんが家計簿をつけて頑張っていくシーン(初回)

これを見て思いました。家計簿もいいけど、チョット待って欲しいと。 家計簿付ける前にやる事一杯あるじゃないかと・・・。これでは貯まりませんよと物申したかったので、このシーンを取り上げてみました。

家計簿を付ける以前の問題1:散らかり放題の部屋

これダメです。パッと見ただけで貯金できないだろうなと思いました。 番組後半になってかなり片付けられていましたが、あの時点でやるべき事は部屋の整理です。

何がどこにあるか分からない。個人の趣味と家族で必要な物とが分けられていない。 私が妻の役なら夫の趣味(NBA関連)に関しては、整理しないならヤフオクで売り飛ばすと脅します。というか必要最小限以外は、ヤフオク行きです。

家計簿付ける前に、まず部屋の断捨離をして下さいとアドバイスします。 (途中からやっていましたが、不十分です)

家計簿を付ける以前の問題2:夫の浪費癖

夫はハウスメーカーの営業である程度貰っているのは分かりますが、妻が専業主婦なのにやり過ぎです。

趣味で辞められないのもわからないでもないですが、普通の一般家庭が3万するバブル人形やユニフォームをヤフオクで落札しているのがチョットなと思いました。 夫は辞めたみたいですが、普通の家庭で浪費癖の強い人は辞められませんよ。

浪費癖を防止する仕組みを作る必要があります。

家計簿を付ける以前の問題3:家計の見える化ができていない

家計管理を夫でも妻でもどちらでやってもいいのですが、見える化ができていません。 だから家計簿を付けるのですが、ドラマ内の家庭では結局夫から生活費支給という形から、夫への小遣い制に移行しないと治らないだろうなと想像できました。

収入の全体像を2人で把握して、支出も話し合ってコントロールしていかないと貯まりません。家計簿付けるのと平行して、夫婦間で話合いましょうとツッコミたかったです。

まとめ

お金は管理できない人間が管理すると、あっという間に離れていきます。 私も管理不十分なため、よく妻と相談しながら相互理解の上で管理しています。(それでも暴走する時もあります)

家計は一人で管理してもいいですが、結婚して夫婦になったのであればパートナーとして長年連れ添うわけですので、1つの方法として相談しながら決めていくのはどうでしょうか?

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー