2015/12/15

ダブルインカム世帯 我が家の5つの貯蓄術ご紹介します

okane 今日は、ダブルインカム世帯 我が家の5つの貯蓄術を取り上げてみたいと思います。 ダブルインカムでも状況は様々で年収も様々です。子供の有無でも違います。 できるものとできないものがありますが、採用できそうな所をいいとこ取りでやってみて下さい。

スポンサーリンク

ダブルインカム世帯 我が家の5つの貯蓄術

①天引き貯蓄

一にも二にも天引き貯蓄』と家計管理の記事を見ていると書かれています。 天引き貯蓄重要です。けど、我が家は現在やっていません。収入の多寡による所もありますが、片側だけの収入でやり繰りしております。

我が家では私の口座に振り込まれる給与分でやり繰りしています。 天引き貯蓄ではないですが、これができるならこれでOKだと考えています。私の収入少ないですが、何とかやり繰りしています。 ワザワザ天引き貯蓄口座を作って、毎月振替処理をする。

手数料や手間がかかります。その替わり、妻側の口座預金に関しては基本的に手を付けません。 どうしても必要になった際には、妻と相談と対策を相談して引き出します。 ただし、ズルズルと引き出し癖のある方にはオススメしません。天引き貯蓄した方がいいです。

②投資積立

アベノミクスという言葉が一人歩きしていますが、中身は『物価上昇施策』です。 物価上昇するということは、預金の価値も目減りします。例:100円で買えた物が物価上昇によって110円になる。

相対的に円の価値が目減りする 毎月10万積立てしろとは言いませんし、言えません。できる範囲で投資して下さい。 投資に迷ったらインデックス積立投資もオススメします。

株式投資入門講座3「インデックス投資」 | お金らいふ

 

お勤めの会社で確定拠出年金401Kやっているようでしたら、積極的に運用していってもいいかもしれません。 我が社はないので、個人確定拠出年金も検討中です。 投資方法は調べれば色々あります。

③パルス型出金

パルス型出金を心掛けています。 お金にルーズな方 簡単に資金繰りに強くなれる通帳術あります | お金らいふ

 

 

パルス型出金とは、都度必要に迫られて出すのではなく、一定日(10日毎)に一定額を引き出す方法です。 これを意識的にやっているとお金の出金がシンプルになり、無駄遣いが減って貯蓄しやすくなります。 (厳密に言うと何に使ったかを把握し易い)

④クレジットカードの出納管理

クレジットカード払いは家計で一番コントロールがしづらく、コントロールできていればある程度貯蓄する目処が立てられます。クレジットカードのメリットとしては、現金が無くてもいつでも物やサービスが買えるという面があります。

反対にデメリットとしては、支払いが遅れるという面です。 法人の場合はこのデメリット特性もメリット(支払いを遅らせられる)なのですが、個人の場合はデメリット以外の何物でもありません。

クレジットをコントロールできれば、家計管理の8割の目的を達成できるといって過言ではありません。 実際どうするかはクレジット出納帳みたいなものを作成するか、家計簿ソフトで発生主義管理をしてコントロールして下さい。

家計簿ソフトもクラウド型の「マネーフォワード」流行っていますが、私はソフト型の「ファイナンシャルプランナーが作った家計簿3」をオススメします。

シェアソフトですが、ローカルで運用できるものではコストパフォーマンス・使い勝手No.1です。 面倒ですが、クレジット使った当日か翌日に、費用発生させていくのが管理のコツです。

(クラウドでも全然Okという方は、「マネーフォワード」使いやすく無料みたいなので、一度試用下さい。銀行のPASSとか入れるのがなぁ…)

BS(貸借対照表)は別で作ってくださいね。

⑤財形貯蓄の活用

お勤めの会社で給与天引き財形貯蓄を実施されているようなら、活用してもいいかもしれません。 月々10,000円でも10年で単純計算1,200,000円です。20,000円なら倍です。 給与天引きだと負担感もそれほど感じなく貯蓄できます。

まとめ

我が家の貯蓄術をご説明してきましたが、貯蓄の基本は『やれる所からコツコツと』です。 自分のできる範囲内でやれる所から初めてみましょう。

家計簿付けてないようなら、家計簿付けてみるとか。3日坊主でもいいんです。何事もやらないといいか悪いかはわかりません。レッツ実践です!

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー