2015/10/04

これで辞められた!サラリーマン投資家の場中株価チェック中毒防止策。

悩み 今回はサラリーマン投資家にとっては永遠のテーマ?の「場中株価チェック」を取り上げたいと思います。 「場中株価チェック」とは何だ?という方は、本エントリーを見て頂く必要はないと思います。

要約すると、場中(9時~15時)迄の間に株価チェックを職場のトイレ・現場・食事時にやってしまう事です。   そんな事してたら就業規則違反で職務怠慢もいい所なのですが、これやりだしたら「辞められない♪止まらない♪」何ですよね。

見たくて見たくてしょうがなくなります。(汗   これを防止する策を何重にも考えつきました。私これで2週間以上みておりません。辞められない方必見です!

スポンサーリンク

 株価を何から見ますか?

貴方は株価を何から見ますか。会社のパソコン・スマートフォン・通好みで電話窓口確認とかもあるのでしょうか。   たろの場合は、パソコンとスマートフォンでした。

大半のサラリーマンで株価チェックを行っている方は、この2つの方法でヤフーファイナンスか各証券ホームページへ株価チェックを行ってらっしゃると思います。

じゃあどういった方法でこの2大メディアを見ないようにすればいいでしょうか。たろは以下の方法でを実践後、綺麗さっぱり辞められました。 以下に実践方法を記載します。

①ショートカットの停止

地味ですが、これは案外効きます。 『人間は面倒な事が嫌』というのは共通認識としてあると思います。 ショートカットを作成しているとツイツイ1ボタンで株価を見にいけるため、押してしまいがちになります。  

ショートカットがなければヤフーファイナンスでしたら、検索エンジンにヤフーファイナンスと入力する必要が出てきます。 その後ファイナンスの画面に入って、お気に入りの銘柄を見るために銘柄を入力して〈持株のショートカットは削除しておいて下さい〉と手間なんですよね。

この1手間も2手間もかけさせる方法というのは、辞める方法としては有効です。 逆に習慣化させようと思えば手間を減らしてやるんです。

 ②辞める意思をはっきりさせる。宣言する。

これも重要です。このエントリーを見て頂いている方は株価チェック中毒者が多いと思います。どうにかしてこの症状を辞めたい辞めたいと思われているはずです。

私もそうです。じゃあどうしたら辞められるのかを考えました。 考えた末に宣言してしまうのがいいんじゃないかと考えました。

そのためここに宣言します! 『たろは場中に株価チェックを致しません。絶対にしません。みなさんの前でお誓いします。』 こんな感じで紙でもブログでも書いてみて下さい。 こんな宣言何の役にたつの?と思われる方もいるかもしれません。

ブログの読者でも第三者でも自分自身でもいいので宣言して見て下さい。   宣言するのは自身に拘束をかけながら、目標を達成させる方法として多くの方が採用されています。

③サラリーマン投資家が場中に株価を見て本当にメリットになるか真剣に考えてみる。

場中ずっと張り付いている機関投資家でもデイトレーダーでもありません。個人投資家が場中の株価で一喜一憂してどうなるんでしょうか。

短期・中期・長期どのスタンスであっても見る必要性がなく、見たとしても機関投資家やデイトレーダーに勝てるわけがないのです。機関投資家やデイトレーダーになくて、サラリーマン投資家にあるメリットとは何でしょうか。

時間軸・購入売却のタイミングの自由さにあります。場中株価を見てしまうということは、この2つのメリットを知らず知らずの内に放棄してしまいます。 私もあるのですが、狙っていた銘柄が場中急騰急落→買わなきゃと反射的行動を取った場合は勝率が悪いです。

時間軸や購入売却のタイミングを放棄して、『ただ急騰急落した』という結果論に振り回されやすくなるからだと思います。 中毒者の方は一度静かに考えてみて下さい。   色々グダグダと説明してきましたが、要点を纏めますと3点になります。

  1. パソコン・スマートフォンの金融系ショートカット削除
  2. 辞める意思をはっきりさせる。コミットメントする。
  3. サラリーマン投資家が場中に株価を見て本当にメリットになるか真剣に考えてみる

  3点実践してみて下さい。私はこれで効果ありました。  

番外:これなら一発で辞められる究極の方法

上記で無理って方はこれをやってみて下さい。究極の方法です。 『パソコン・携帯を使わない』です。 これでしたら絶対に辞められます。

見られませんから(笑)   無理な職種もありますが、日中現場作業中心の方であればやれないことはないと思います。それ以外はダメですけど。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー