2016/08/01

オリンパスデジタルカメラTG-4購入レビュー

TG-4外箱

以前耐水・耐衝撃カメラ比較特集を行いましたが、その中のオリンパス製TG-4を購入しましたのでレビューします。

少し不満点はありますが、自分の条件に合致した良いカメラを手にできました。メリット・デメリットを交えて紹介します。

スポンサーリンク

TG-4レビュー

 

TG-4内容物

左上から順にパソコン接続用USB・バッテリー・ソフトウェアCD・ストラップ・電源・取扱説明書・保証書・本体+袋です。

ソフトウェアCDに関しては、1月ほど使っていますが未使用です。USBでパソコンに繋げば普通に見えますし、写真もパソコンに取り込めます。

本体写真ですが、手の平サイズにコンパクトにまとまっています。

TG-4外観2

撮影画面です。上のダイヤルが撮影モード・下が各種設定時、フラッシュONOFFに使う十字キーです。被写体が写る液晶は、広めに確保しています。保護フィルムをはがさないと綺麗に見られないので、最初にキチンと外しましょう。

TG-4外観

TG-4ロック

TG-4の場合、電源部と充電部二つの開口部がありますが、どちらもダブルロック形式を採用しています。

縦・横方向2方向のロックスイッチを完備していて、「Lock」スイッチが外れてもすぐに開かないような仕様になっています。

TG-4充電

充電中の写真ですが、先ほどの付属USBケーブルと電源を接続して使用。上部のオレンジ色の充電ランプが消えれば充電完了です。 

メリット

落としても大丈夫

これがメインで購入したのですが、現在の所役目を十分に果たしてくれています。

何故かというとベビーカーに引っ掛けていたストラップが外れて、カメラを落下させたからですorz

前回のカメラも、同じシチュエーションで壊したのに進歩がありませんね。人間は進歩がありませんが、カメラは進歩しました。

外観は大丈夫でしたが、壊れたか!?と慌てて電源入れた所、何事もなかったように起動

胸をなで下ろしました。

これ目当てで買って、落として壊れましたじゃ洒落なりませんけど、実際落とすと怖いんですよね。 

濡れても大丈夫

少しくらい濡れても大丈夫です。防水クラスで最高級のJIS/IEC保護等級8級(IPX8)相当なので、電源部と充電部のロックをキチンとしていれば無問題。

娘がプールに通いだしたので、この夏は私営のプールに連れていってやって、このカメラで写真・ビデオを撮りまくります! 

デメリット

写真ダイヤルがない

写真ダイヤルがありません。

写真ダイヤルって何?と言われると困るのですが、撮った写真を高速で見たい時にクルクル回すあれです。そのため、枚数が多くなると1枚1枚確認するのは手間がかかります。

俯瞰で20枚一気に見られる機能もあるので、問題無いと言えば問題ないですが少し不満です。

ブログ等で使用する場合デフォルトでオリンパスのロゴが入る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普通に写真撮影した際にブログ等へアップした場合、オリンパスロゴ(OLYMPUS DIGITAL CAMERA)が注釈として追加されます。購入物なのに、オリンパスの宣伝が入るのはチョット嫌な感じですね。

ワードプレスだと写真挿入時に注釈消せるのですが、大量にアップした場合1枚ずつ消さないとダメなので少し面倒です。

ブロガーで無ければ、何も問題無いので気にせず使用できます。

まとめ

メリット・デメリットそれぞれありますが、耐衝撃・防水という2大メリットが我が家には非常に都合の良いカメラです。

この2つがあれば、理論上10年以上は使用できます。

落としてor濡らして壊したくないというファミリーには、願望を叶えてくれる1品です。