2016/02/24

NISA拡充へ!2015年大減税ラッシュ。 

各省庁のNISA拡充を含む来年度税制改正要望が出揃ったみたいですね。新聞やらニュースやらで報道はしているので、ある程度みなさんご存知だと思います。

知っといた方がいいことを纏めたいと思います。

スポンサーリンク

主な来年度税制改正要望

要望段階なので何とも言えませんが、主だった所で以下3点だけ挙げてみました。

  1. 法人税を段階的に20%台にする
  2. 高齢者が子や孫に資産を移すことを促す減税措置〈結婚・出産・子育て等の贈与非課税枠の設定・住宅資金贈与の非課税制度の拡充・延長〉
  3. 少額投資非課税制度(NISA)120万円拡充。併せて子ども版NISA80万円の新設。

法人税を段階的に20%台へ引き下げ

①に関しては、アベノミクス成長戦略「骨太の方針」の柱であり実行していくとは思うのですが、いかんせん代替財源が無い気もするんですよね。

1%下げると4700億円の減収

他の減税措置を辞めたりもしようとしていますが、東京都で国財地方税合わせて35・64%。15%落とすということは、概算で7兆円です。その分経済成長で減収分を補える「法人税パラドックス(逆説)」みたいな論理も出ているみたいです。

考え方は分かるのですが、いかんせん金額が途方もない金額何で本当にそうなるのかというと不明な部分が多いです。

本当に減税した方がいいの?

私は本当に法人税を下げた方がいいのか懐疑派です。金額もそうですが、一方で消費税を上げて法人税を下げるというのが国民感情抜きに理屈が合わないと感じます。

法人税を下げて1番得するのは株主・企業オーナーです。ましてや財政は火の車。法人税維持ならまだわかりますが、海外からの投資を呼びこむためといっても減税はおかしいと考えています。

アメリカも同レベルの税率39.13%でも、決して国際競争力が落ちているとは思えません。日本の課題は国際競争力よりも、国内の地力が落ちている方が問題じゃないのかと考えています。

法人税を下げるにしても、設備投資や雇用を積極的に拡大する企業を優先して減税するとか方策を考えなしに減税一色は困ります。減税は簡単です。逆に増税は反対勢力がより多くなるので、より困難になります。

国政・地方問わず選挙行って下さい!お願いします。

子や孫への資産移転減税措置拡充

  • 金融庁は孫に対する教育資金の贈与を1500万円まで非課税にする制度の恒久化要望
  • 国土交通省が住宅購入資金の非課税枠を最大3000万円に拡大するよう要望

お金持ってらっしゃる祖父母は大変です。合わせ技で4500万円減税ですか。孫可愛さで資産移転する人も増えるでしょう。

日本としては、個人金融資産を多くもっている高齢者世帯から子・孫世帯へお金が廻るのは決して悪い事ではないです。

お金は滞留させずに循環させてないとダメですからね。

少額投資非課税制度(NISA)120万円拡充。併せて子ども版NISA80万円の新設。

このブログ見てらっしゃる方で注目しているのは断然③でしょうね。一時はNISA枠200万っていうのも出ていましたが、駆け引きの一種だったのでしょうか。

まだ決まったわけではないとは思いますが、ほぼこれ通りになるのかなと読んでいます。200万は通らないと見た金融庁。変わりに子ども版NISAを通そうとしているのでしょう。

「これがダメならこれ」と抱き合わせ販売みたいでいやらしいですが、戦略ですしね。我が家は夫婦2人+娘1人なので来年から320万非課税枠ができる予定です。

素直に喜ばしい事ではあるのですが、1年早めて欲しかったというのが本音です。NISA枠無駄打ちしてしまったので。。。

これからの展望(期待)

今年はアベノミクス相場一色終わる予定(終わって欲しい!)ですが、来年となるとどうなるかわかりません。

投資今からですって人が来年から入ると、買い手が増えるのは嬉しいのですが、損をする人も増えるんじゃないかとみています。

特に年末迄株式が活況を呈して日経平均20,000円とか25,000円とかなっていると仮定して、よし俺もNISA枠増えると聞くしいっちょやってみるかという人がかなり危ないのでないかと感じます。(逆に今から12,000円もありえますよ。相場ですから)

どうも金融庁の意図が国民のタンス預金から、投資へ引っ張りだすことしか考えてないような気がしてなりません。

GRIF等が相場に入ってきて、最後の買い手になる可能性は頭の片隅に置いておく必要はあると思います。

その前に私が餌食にならないように頑張ります。

※追記:20,000円いっちゃいましたね。凄い勢いでした。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー