2016/11/26

会話がスムーズに運ぶようになる3つのコツと守るべき3つの基本

バラク・オバマ、ドナルド・トランプ、レディ・ガガ

50年間で5万人以上との対談を実施した世界No.1キャスターラリー・キング

日本の黒柳徹子の徹子の部屋が1万人以上くらいなので、ビックリなその約5倍な対談回数。そんなトーク界のキング ラリー・キングが出した一冊『伝え方の極意』から会話がスムーズに運ぶようになる3つのコツと守るべき基本が書いていたのでご紹介します。

相手との会話が、スムーズに運ばないって方は多いはず。分かりやすく取り組みやすいものばかりなので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

3つの会話のコツ

コツ1:緊張を素直に告白する

緊張のあまり、私の体は回転椅子ごと左右に回転し続けたのである。私がグラグラしているのは視聴者に丸見えだった。

P.24

トーク界の帝王と言われたラリー・キングでさえ、自身初出演のテレビ番組MCで緊張のため、言葉が出なかったという事実が書かれていました。

トークの大御所でも緊張して声が出なかった時期があったといことは、私たちトークの素人が緊張であがってしまうのは当然のこと。

ラリーはこの時どうしたか?素直に自身が緊張している事実を視聴者に伝えたそうです。視聴者と運命共同体になるという言葉を使っていましたが、緊張を自分からカミングアウトしていました。

自身と他者に認識させて緊張をほぐす。すぐに取り入れられる手法だと感心しました。 

コツ2:相手に興味を示す

私は必ずゲストの目を見て話すようにしている。<中略>

話をしている時には、相手の知識に対して敬意を示そう。

P.29

『相手の目を見て話せ』

使い古された言葉ですが、何故相手の目を見る必要があるのか?

相手に関心を寄せている事実を伝えるのに加え、相手の知識に対しても敬意を表すことになるからです。逆にアイコンタクトが出来ていれば、ボディーランゲージは後から付いてくると著者は言っています。 

コツ3:自分のことを率直に伝える

あなたが相手から聞きたいことは、あなた自身も積極的に相手に話すべきである。

P.30

会話は基本的に聞き方に回れは常套句ですが、聞き方ばかり回っていると会話が成り立たないのも事実。

相手に聞きたいことは、まず自分から提供した方がスムーズな会話になると指摘しています。

何事もギブ&テイクです。

会話で守るべき基本3項目

1.率直かつ正直に話す

2.わかりやすい言葉で話す

3.時間を無駄にしない

P.102

会話で守るべき基本として3つあげています。

1つ目の基本は、自身の素直な気持ちを率直かつ正直に話すということです。どうしても嘘が混じると会話に淀みが出て、その裏の気持ちが出てしまい会話が滞ったり止ってしまったりします。中には流暢にしゃべる方もいますが、嘘くさく感じるのは否めません。会話は、率直かつ正直にしましょう。

2つ目の基本は、わかりやすい言葉で話すです。

難しい事を難しく話すのは誰にでもできます。難しいことを分かりやすい言葉に変えて相手に伝えるのは、相手に配慮しているのに加え共通の認識を深めることになります。

業界特有の言葉・仲間内だけで通じる言葉使っていませんか?私も気を付けたい部分です。

3つ目の基本は、時間を無駄にしないです。

会話は相手あってのものです。友達との会話とかであればダラダラ続けるのは問題ありませんが、ビジネス上の会話としては疑問です。

相手も忙しい身であることを常に想定しながら、要点を伝えましょう。相手の時間を尊重しましょう。

まとめ

3つのコツと守るべき基本をまとめます。

《3つのコツ》

1.緊張を素直に告白する

2.相手に興味を示す

3.自分のことを率直に伝える

《会話で守るべき基本3項目》

1.率直かつ正直に話す

2.わかりやすい言葉で話す

3.時間を無駄にしない

緊張を素直に告白するというのは、初見でしたので実際使ってみましたが、かなり有効な手段です。相手に伝えるだけではなく、『自分が緊張している』と言葉で口にすると、それだけで緊張が緩和されます。

話下手な方がやってしまいがちなのは、長い要点のつかめない話を延々とやってしまうというのがありますが、基本の2・3番を考えれば簡潔に分かりやすく話すというのがどれだけ大切か分かります。

この他にもスピーチの上手いやり方・パーティでの社交会話術といった実践的なテーマもありました。一度手に取って読んでみて下さい。

 

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー