2016/11/20

会社四季報業界地図1冊持っていると投資情報収集が楽です

世界1位総資産を持っている銀行は?投資ファンドってどんなところあるの?最近人気のゲーム業界の勢力争いが知りたい。本著『会社四季報業界地図』さえあれば、上記のような投資家が知りたい疑問に答えられます。

まさしく業界ウィキペディア。ゲーム・信用金庫・アパレル業界なら何でも網羅しています。投資家が使った場合の3つのメリットと私の読み方ご紹介します。

スポンサーリンク

1.『木を見て森を見ず』を回避できる

個別投資をする方は、気になる項目として市場規模や同業他社動向といった項目です。本書を見れば、市場規模に関しては勿論のこと、同業他社の売上・利益・利用者数といった詳細も見る事ができます。

木(個別銘柄)はよく見るけど、森(市場規模や同業他社動向)といったものをザッとでもいいので把握したいという方向けです。

一例を上げると、パチンコ・パチスロ業界で「ユニバーサルエンターテイメント(6245)」が売上高867億・営業利益246億。売上規模で業界何位か迄概ね分かります。売上首位は、セガサミーホールディングス(6460)売上高3,780億・営業利益385億。

対抗がSANKYO(6417)1,584億・営業利益280億。こういった情報を1ページ見開きで図を交えながら、見やすく纏めています。パチンコ業界結構規模大きいなぁとか、ユニバーサルエンターテイメントは売上規模にしては、営業利益いいなとかも見られます。

ただし、ここでいいなと思っても森を見る行為ですので、後で木を見る行為(IR関連資料)を読み込む必要は必ず出ます。ユニバーサルエンターテイメントに関しても色々あります。

2.海外株(米国・中国)を買う際の導入に使える

私は、最近海外株(米国・中国)買いたいなと思っているのですが、本書を見ると世界規模市場が載っているので、規模の大きい海外企業ならある程度掲載されています。

バンク・オブ・アメリカ、中国商工銀行、アップル、ボーイング、エアバス、フォルクスワーゲン、ミシュラン、ビザ、マスターカード。

本書をパラパラ見ながら書き出していっていますが、パラパラレベルでこの企業数ですので、他にも多数掲載されております。ほぼ大手しか載っていませんが、投資する際の導入としては使えます。

3.ニッチな企業を発見できる

小糸製作所(7276)…自動車用ランプ世界首位。国内でもシェア6割 太陽誘電(6976)…セラミックコンデンサー世界3位。 ベルグアース(1383)…添え木した野菜苗で急成長

小糸製作所・太陽誘電・ベルグアース知っている方、あんまりいないんじゃないでしょうか。恥ずかしながら、私もこの3社知りませんでした。

名前は知られていませんが、シェア世界首位とか3位とかこういう響き好きです。世界規模で活動しているのに、社名が地味過ぎて認知不足でした。ベルグアースも添え木野菜苗で急成長って面白いですね。詳しく調べてみたくなります。

こういった企業も詳しく解説されていて、地味目なニッチ企業が好きな方には面白い本ではないでしょうか。そういう方は、もう持ってそうですが…

私の読み方・まとめ

私の読み方として毎朝2ページくらい見て、気になった企業を付箋します。後で四季報やホームページ見ながら、投資検討してみるという方法です。決して1日で読み込もうとか思わない方がいいです。

一気に読み切る本ではないですし、前述した通り「気になるな」と思った企業を調べて、ついでに周りも見てみるか程度がちょうどいいです。再三ですが、肩肘張りながら「読んでやる」的な読み方はNGです。

四季報とセットで置いて、補助的に使うのがいいと思います。

280ページとボリューム感ありますが、毎日やってれば慣れます。ゆっくりでも3ヶ月で読破できます。見ていて楽しい部分もありますし、投資の勉強も兼ねて1冊いかがでしょうか。オススメです。

番外:就活生にとっても良書

就活用に1冊あれば便利だったろうなと思う本です。

同業他社分析なんてエントリーシートの初歩ですし、業界内の志望企業の位置も分かります。大学生で投資やられている人にとっては、1粒で2度美味しい本です。

 

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー