2016/06/13

咳喘息の原因と症状 長引く咳軽く見ていると痛い目にあいますよ!

seki

前から書きたかった咳喘息について書いてみます。

咳喘息って対応間違えると喘息になる可能性もあるので、注意が必要な病気です。風邪や他の病気と見分けが難しい咳喘息と診断されるまでの紆余曲折も書いています。現在は、風邪こじらした後の咳も随分コントロールできてきました。

まぁ毎年1・2回1ヶ月程度咳は治りません。1ヶ月以上の長い咳を体験されたことがある方や現在進行形の方読んでみて下さい。

甘くみていると痛い目にあいますよ!あいました

スポンサーリンク

咳喘息の始まり

咳喘息との出会いは学生時代迄遡ります。就職して10年以上経つので、かなり前からのお付き合いです。

学生当時と言えば、食生活バラバラ・睡眠時間もマチマチといったダラけた生活を送っていました。(学生なんで勉強はしていました!かな?・・・)

そんな状態なので、冬場に風邪引いても風邪引いたな程度しか考えていませんでした。たまに風邪を引いても1週間寝れば治っていました。咳喘息になるまでは・・・

診断は風邪

咳喘息になった当時、そんな病名知らないので風邪かなぁと思って医者に掛かっていました。医者も「風邪の延長でしょう」と言って、風邪薬を出されて終了。

それを飲んでいたのですが、一向に治りません。厳密に言うと熱や喉の腫れは1週間で引きます。咳だけが1ヶ月以上続きます。

おかしいなと思いながら、1ヶ月くらい咳をしていて周りからもおかしいんじゃないかと指摘の嵐。当の本人が一番おかしいと思ってるわ!と言えないまま、1ヶ月半が過ぎました。

病院転々とする日々

病院

1ヶ月半も咳していると、さすがに脳天気な私も『これはおかしい。何か申告な病気じゃないか』と思い出しました。ここから病院を転々とする日々が始まります。

2つ目の病院では同じく風邪じゃないかと風邪薬。

3つ目の病院では、マイコプラズマ肺炎じゃないかとそれ対策の薬。

4つ目の病院でアレルギーの検査。結果、異常なし。

4つも5つも病院転々とすると医療費結構馬鹿にならないのですが、その当時は治すの優先で色々回っていました。

ようやく咳喘息との出会い

5つ目の病院でレントゲンを撮って異常なし。

ここもダメかなと思って薬もらって帰ろうと思っていると医者から「咳喘息かもしれないので、吸入ステロイド出しますので様子見て下さい」と言われました。

咳喘息?吸入ステロイド?ステロイドって危ないやつじゃないの?とか初めて聞いた病名で医者に質問攻めでした(笑その当時は、パルミコート(後述)という吸入ステロイド薬を渡されました。

吸入していたら治るかなと思っていたら、治りませんでした(泣違う薬を使ってようやく収まりました。

咳喘息の症状・原因

咳喘息の症状

咳喘息(cough variant asthma; CVA)の症状は、慢性(8週間以上)に発作性の咳が持続することが特徴的である。β-2 agonist吸入により臨床症状が改善するため、治療的診断として有用である。

典型的な喘息と異なり、通常、胸部聴診にて狭窄音は聴取されず、閉塞性換気障害や気道可逆性等、異常所見が認められないため、確定診断に難渋し、ドクターショッピングを引き起こすことも多い。

喘息と同様の病態(慢性の気道炎症、気道過敏性の亢進等)が基盤にあることが判明しており、これらの評価が可能な専門医療機関等を受診することが望まれる。

通常、咳喘息における気道炎症や気道過敏性亢進の程度は、喘息に比し軽微であることから、喘息の前段階として認識されることもあり、軽症喘息におけるコントローラーに準じた定期的薬物療法が導入されることが多いが、重症の咳喘息症例も存在し、重症喘息と同等の治療を要することもある。咳喘息を無治療で放置すると、約3割が典型的な喘息に移行するとされる。

WIKI参照

WIKIとかで調べとけと言いたいですね。当時の私に。

書いてある通りドクターショッピングで5つの病院を回っていました。放置すると3割が喘息移行と書いていますが、今の所喘息にまでは進行していません。

しかしながら、シンドイ時は咳が止まらなくなって、喘鳴(ヒューヒュー)に近い呼吸をしている時があります。

もうね。これ体験した人しか分かりませんよ。喘息の人に比べれば大分マシなのでしょうが、寝る迄ず~~~っと咳で胸部が痛くなるんです。

不幸中の幸いですが、喘息発作レベルの息が出来なくなることはありません。喘息持ちの方本当に尊敬します。かかりつけ医に言われたのは、年齢が上がっていくと危ないかもと指摘がありました。

咳喘息になる人は基本的に気管支が弱いので、高齢で肺炎とかになると危ないらしいです。そう考えると、一分一秒でも無駄にできませんね。

 咳喘息 色々な原因

たばこの煙を吸う受動喫煙、運動、飲酒、ストレスなどのほか、室内外の温度差やホコリやダニなどのいわゆるハウスダストが発作の要因になるとも言われています。

私の場合は、喫煙やアレルギー系の反応がなかったので、室内外温度差や冷たい冷気に反応して

喉がイガイガして咳が出るの繰り返しです。酷くなると先ほど書いたような症状が出てきます。出てくる前に薬でコントロールします。

咳喘息に効く薬

吸入ステロイド

咳喘息には主に『長時間作用性 吸入β2刺激薬(吸入ステロイド)』を使用します。

この薬剤ステロイドが入っているのですが、経口ステロイド系の強い副作用が出ないという長所があります。

ウガイ忘れてガンジタ症(口腔内にカビが生える)等軽度の副作用はありますが、ウガイしてれば大丈夫です。

吸入ステロイドと言っても色々あって、人によって効く薬剤と効かない薬剤があります。

私の場合は、以下のような経緯を辿って2013年発売のレルベアに落ち着いています。

オルベスコ(効かなかった)

シムビコート(効かなかった)

アドエア(ある程度効いた)

レルベア(効いてる)[現在ここ]

吸入ステロイドですが、医者によって咳が収まっても半月ほど服用しなさいと言う方と収まったら止めていいという先生がいます。今の先生は止めていいとおっしゃられているので、助かります。(結構高い薬なんです)

どの薬剤が合うかわかりませんので、必ず医師と相談して服用して下さい。

まとめ

咳喘息というのは診断がしづらい病気みたいです。私の場合も5つの病院を回ってようやく診断されました。

最近では、咳喘息に詳しい医者も多くなってきたのですが、当時は医者もあまり知らない方が多かったみたいです。

1ヶ月以上咳続くからと言って、安易に自己判断しなようにして下さい。他の病気(マイコプラズマ肺炎・百日咳・下手すると肺癌)の可能性だって否定できません。

キチンとした医者に診てもらって、レントゲンやアレルギー検査をしてもらって下さい。ほっとくのは一番ダメですよ。喘息に移行する可能性もあります。

「ラカントカロリーゼロ飴」という咳喘息専用飴といってもいいくらいの飴も売っていますよ。一度ご賞味下さい。

関連1咳を止める方法

関連2吸引ステロイド薬が効かない咳喘息持ちへ原因をまとめてみた

おしまい

 

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー