2016/11/29

SBI社債 ホントにお得なのだろうか?検証してみた

SBI債券つい先日も募集があって即完売の人気債券です。私も応募して1口引っかかった口です。

賛否両論ある債券投資ですが、応募する際に最低限知っておいた方がいいことをまとめました。

2016年12月に新規社債発行予定ですが、結論から言うと絶対は無いですが買いでいいすが、利率が低いなぁ・・・と思います。

私は、今回は見送りします。

償還も引き続き2年で、あまり食指は動きませんが、最大手ネットSBI証券とマイナス金利の影響もありで強気設定ですね。

発行額に関しても200億というこれまたソフト何とかという社債と比べてもプラチナ物の少なさです。

確実に広告宣伝(SBI証券要加入のため)効果も見越しての社債設定です。

無論世界規模の大恐慌が起こったり、どこぞやの企業みたいに粉飾決算まがいの摘発受ければ分かりません。ではいってみましょう。

スポンサーリンク

社債概要

商品名 SBIホールディングス株式会社2018/12/13満期0.48%円建社債(第35回SBI債)
格付 BBB(R&I)
年率(※1) 0.48%(税引前)
0.382%(税引後)
お申し込み単位 額面10万円以上、10万円単位
※先着順での販売となります。お申し込みの上限金額はございません。
募集期間 2016/11/30(水)12:00~2016/12/9(金)14:00
償還日 2018/12/13(約2年)
利払日 年2回 6/13、12/13
発行額 200億円

参照:SBI証券

SBI債券最低限知っておいた方がいいこと

1.SBI債券は社債です

SBI債券は社債。当然なのですが、債券投資と株式投資を混同される方が多いのが現状です。

直近の投資格付けはBBB(信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある)です。国債とは同レベルで扱えませんが、同じレベル帯にブラジル・南アフリカがあります。

株式と比べて流動性が低く、何かの原因で価格が急降下しても換金売りが難しいです。

2.SBIホールディングスの財務内容

投資するにしてもSBIホールディングスの財務内容を知っておかないと、大切な身銭をドブにすれることになります。 

2015年3月決算SBI証券マネックス証券楽天証券
営業収益245,045百万円50.975百万円45.705百万円
営業利益68,209百万円6,305百万円44.031百万円
当期純利益45,721百万円3,494百万円20.605百万円
自己資本比率11.3%8.2%7.3%
ROA(総資産利益率)1.3%0.3%-
ROE(自己資本利益率)12.9%4,2%21.6%

ネット証券大手3社比較です。これを見るとSBI証券一人勝ちですね。

逆風(不景気)が吹いても1年は大丈夫でしょう。

売上に該当する営業収益・純利益が段違いです。数字だけを見ればSBI債よりマネックス債のが危ないですね。

3.CEO北尾吉孝

現SBIホールディングスの代表取締役執行役員CEOです。

この方が有名になった事件が、2005年のライブドアによるニッポン放送買収問題です。当時ライブドアが買収寸前迄いきましたが、ホワイトナイト役で注目を集めました。

昔は野村證券伝説の証券マンとか、ソフトバンク孫社長の懐刀とか呼ばれていたみたいです。

君子に備わる五つの徳は、「仁」「義」「礼」「智」「信」とする。

君子になる条件は 一、徳性を高める。

二、私利私欲を捨て、道義を重んじる。

三、常に人を愛し、人を敬する心を持つ。

四、信を貫き、行動を重んじる。

五、世のため人のために大きな志を抱く。

六、世の毀誉褒貶を意に介さず、不断の努力を続ける。 の6つに集約され、日々研鑽を重ねることが肝心であるとする。

WIKI参照

顔からして固そうなイメージがありますが、非常に厳格なリーダー論をお持ちです。ソフトバンクの孫正義さんとも親交があります。(SBIホールディングスは元々ソフトバンクの金融関連企業だったので、当たり前と言えば当たり前です)

私の私見ですが、稲盛和夫さんと孫正義さんのハイブリッドしたような方です。

http://www.nippon-shacho.com/interview/in_sbigroup/

『右手にソロバン左手に論語』

先ほどの引用は論語からです。こいう平衡感覚をお持ちの方嫌いじゃないです。孫さんは見ていて危ないなぁと思いますが、この方はいい意味で安定しています。一概に言えませんが、こういう方が日本の舵取りしたら面白そうですね。

近況:バイオ株アキュセラで煽って、意図的に株価をつり上げるインサイダー取引したとの噂がありました。

SBI証券側は売り抜けてないとの主張。ちょっとグレーですが、続報を待ちたいですね。

テールリスク

こういったリスクもあります。テール(尻尾)のリスクなので、潜在化するとは限りません。多分大丈夫だと思いますが、考慮に入れておいて下さい。この方いつも破綻!って言ってるんで、話半分でもこんな意見があるんだと見ていって下さい。

日本破綻論者から学ぶ 3つのポイントと1つの対処法

まとめ

現時点でのSBI社債については、賛否両論ありますが買って損はしずらい社債です。ただし、社債は社債なので、常に倒産のリスクは考えておく必要はあります。

期間が2年・少額発行額・0.382%(税引後)の利息。

利息が低いので、素直に『買い』とは言えませんが、持ってなければ一口買ってもいいかもしれません。

先着順なので確実に即蒸発しそうですけどね。

ただ、社債で金利1%未満は、魅力薄れますね。最低ロット10万先着順なので買えないかもしれませんね。

SBI債は、SBI証券 独占販売です。口座ないと申込めないので、忘れずに口座開設しておきましょう。

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー