2016/08/03

【セゾン投信】年金に頼らず老後の生活資金を確保したい方へおすすめの投資信託

下流老人という言葉が流行っていますが、「3つのない」が重なると下流老人と定義されているそうです。『収入がない・貯蓄がない・頼れる人間がいない』です。

収入は年金に頼らざる得なくなりますが、年金は不安定。貯蓄も中々できない。頼れる人間といっても子供に全面的に頼りたくない。

現代社会の日本人はいつ下流老人になってもおかしくない状況です。どうすれば貧困層にならで済むんでしょうか?

結論から言うと、セゾン投信の積立投資がおすすめです。何故おすすめか?これからご説明します。

スポンサーリンク

リタイアまでに必要な資金3600万円を貯める方法

現在20~30代の方がリタイアする時に必要な資金ってどれくらいだと思いますか?

夫婦2人で60~85迄生きると仮定して、ゆとりのある老後生活で月平均35万円。最低日常生活費として月平均22万円程度が必要です。

何歳まで働くか・年金がいくら貰えるか等で貯める金額は大きく上下します。

sezon5

「厚生年金平均受給額」厚生労働省引用

ここから年金が貰えると仮定して、夫定年迄妻出産退職の場合25年度の平均年金受給額の夫16万円・最頻値妻5万円として21万円。

年金が徐々に低くなっていくと仮定して、最悪想定の50%支給で計算すると毎月約10万円貰える計算です。

25年間でゆとりで75百万・最低でも36百万円程度必要になります。国民年金のみであれば更に支給額は減額です。

最低でも36百万円!?そんなのいきなり言われても用意できないよ。子供の養育費や住宅ローンの返済で手一杯ってご家庭多いんじゃないでしょうか?

ただ、老後にお子さんに全面的に面倒みてもらうのも気が引けます。じゃあどうすればいいんでしょうか?40歳でも後25年あります。コツコツ貯めていけばいいんです。

定期預金ではなく投資をおすすめする理由

コツコツ貯める方法といっても、給与天引き・定期預金といった色々な方法があります。

例えば40 歳毎月4万円積立てとして年間48万。25年間単純計算で1,200万。

もっと早く30歳で始めていれば、毎月3万円積立に落としても35年間で1,260万です。

退職金と合わせて36百万円程度なら十分まかなえるかもしれません。

ただ、こういった方法だけでは増えません。

定期預金だけで私は大丈夫!という方は、お手元にあるお金インフレ率2%がずっと続いた場合、35年後にどれくらいになるるか分かりますか?

35年で半額になります。100万が35年後に50万になるわけです。

例に出すと100円ショップの商品を例にします。毎年2%上がる場合、来年102円、再来年104円と2円ずつ増えます。35年後キチンと200円になります。

現在のアベノミクスは、インフレ率2%を目指しています。2%は達成できなくても半分の1%でも35年経つと100万は75万になってしまいます。この差を投資で補う必要があります。

資本主義社会では『投資』をして資本を増やすのが近道です。

バブル崩壊のイメージが強いのか、投資は怖いって方も多いと思います。日本株単体で見ると1989年12月の最高値38,957円から2011年の8,455円迄4分の1にです。

個別日本株なら最近ではスカイマークの上場廃止が記憶に新しいですね。この場合価値0です。

この辺を話題にして、投資って怖いよねと口々言うわけです。

『1つのカゴに卵を盛るな』という投資の格言がありますが、こういった異常事態を指して複数分散して投資しなさいと教えているわけです。

楽に分散投資するならセゾン投信

複数分散投資したいけど、分散投資面倒ですよね?低コストのインデックスファンドを複数積み立てるのもいいですが、もっと楽に分散投資できないか?

そこで投資信託という投資商品を買うわけなんですが、投資信託も色々あります。

手数料がバカ高い最近ラップ口座みたいなのもあれば、比較的手数料が安い投資信託も存在します。今回は比較的手数料が安く良心的な投信会社セゾン投信を紹介します。

セゾン投信は数ある投信会社の内の1つですが、シンプルな商品設計をしています。商品は2つです。『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』と『セゾン資産形成の達人ファンド』です。

これから投信の中身をご説明しますが、どちらがおすすめかと言われれば、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン投信

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資する商品です。

投資商品内容

  • バンガード・S. 500 ストック・インデックス・ファンド(米国株)
  • バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド(ヨーロッパ全般株)
  • バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド(日本株)
  • バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド(先進国株)
  • バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド(新興国株)
  • バンガード・S.・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(米国債)
  • バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(EU圏債)
  • バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド(日本債)

セゾン投信引用一部加筆

( )部分は加筆しましたが、ほぼ全世界の株式・債券に幅広く分散投資しているのが分かります。

現状の投資構成比率

セゾン月次1

2015年12月時点の構成比率ですが、ほぼまんべんなく投資されています。

実質コスト・購入方法

販売手数料:0%
実質的にご負担いただく信託報酬:0.69%±0.03%/年(税込/概算)
※ファンドの規模に応じて変動する場合があります。
信託財産留保額:0.1%

スポット購入
10,000円以上1円単位でお客様がお好きな時に随時ご購入いただけます。

定額積立プラン
月々5,000円以上1,000円単位でご購入いただけます。
ボーナス月など特定月に増額することもできます。

セゾン投信引用

上記が手数料ですが、国内最低水準と自称されています。

全世界に分散する投資信託としてはかなり低コストですね。購入方法もスポット購入・定額積立プランと揃っていて、定額積立プランの場合月5,000円から積立できるのは大きなメリットです。

ここまで幅広く分散投資できる低コスト投資信託商品はあまりないですね。

投信会社バンガードについて

本商品は、セゾン投信が米国投信会社バンガードのインデックスファンドに投資する形で運用しています。

じゃあバンガード潰れたら危ないんじゃないのか?って疑問が出ると思います。

ご心配には及びません。アメリカ2大投信会社(ブラックロック・バンガード)の内の1つで世界最大級の投資信託運用会社です。

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンドは、株式を中心に厳選した企業に資産運用会社4社(バンガード・ロウプライス・アライアンスバーンスタイン・日本コムジェスト)に幅広く投資する商品です。

投資商品内容

米国
・バンガード米国オポチュニティファンド
・T. ロウ・プライス 米国大型グロース株式ファンド※1
・アライアンス・バーンスタイン・SICAV-コンセントレイテッドUSエクイティ・ポートフォリオ
欧州
・ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA<適格機関投資家限定>
日本
・スパークス・集中投資・日本株ファンドS<適格機関投資家限定>
・スパークス・長期厳選・日本株ファンド<適格機関投資家限定>
新興国
・ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA<適格機関投資家限定> 
太平洋
・スパークス・ワンアジア厳選投資ファンドS<適格機関投資家限定>

国内外の株式と債券に投資するファンドについて

・TMA長期投資ファンド<適格機関投資家限定>

債券に投資するファンドについて

・T. ロウ・プライス グローバル・アグリゲート債券ファンド※2 

※1 正式名称:T. ロウ・プライス・ファンズ SICAV-USラージキャップ・グロース・エクイティ・ファンド
※2 正式名称:T. ロウ・プライス・ファンズ SICAV-グローバル・アグリゲート・ボンド・ファンド 

セゾン投信引用

米国・欧州・日本・新興国株式市場に幅広く分散投資しています。

現状の投資構成比率

セゾン投信月次

2015年12月時点の構成比率ですが、日本株43.9%・米国株42.6%・その他13.5%と日本及び米国景気に左右されやすい商品です。

実質コスト・購入方法

販売手数料:0%
実質的にご負担いただく信託報酬:1.35%±0.2%/年(税込/概算)
信託財産留保額:0.1%

スポット購入
10,000円以上1円単位でお客様がお好きな時に随時ご購入いただけます。

定額積立プラン
月々5,000円以上1,000円単位でご購入いただけます。
ボーナス月など特定月に増額することもできます。

セゾン投信引用

こちらは実質コストが1%超となるので、あまりオススメできません。本商品を買うのであれば、同じような商品構成をインデックスファンドで購入した方が断然安くつきます。

セゾン投信のメリット

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのメリットは、以下の通りです。

  1. 難しいこと考えずに全自動で世界分散投資
  2. インデックス投資に近いコストの安さ
  3. 天引き自動積立を使えば知らない間に大金

3点共凄まじいメリットなんですが、順を追って説明します。

1ですが、世界分散投資が全自動でできます。それも株式・債券を半分ずつ全世界分散です。

今から貯めていく20〜40代の方にピッタリの投資配分。株式でリスクを取りながら債券でディフェンスするようなイメージです。

 

2も重要です。信託報酬0.69%・信託財産留保額0.1%は、こういった投資信託としては激安です。

1%以上する投資信託が数多くある中、1%を切るというのは投資するには合格点です。

なぜそこまで手数料を気にするのか?は、数十年単位で活用する投資だからです。

単年であれば投資信託報酬等の費用は大したことありませんが、複数年となってくるとそうはいきません。

いざ引き出していく段階になって、手数料でかなりの金額取られてたとなると目も当てれません。

 

3については、社内財形等を使用されている方なら痛感されていると思います。

月々2〜3万積立ていたら、知らない間に大金になっていたという経験をされた方いませんでしょうか?

あれにプラス投資収益が入るので、10年単位で見ると社内財形制度のような積立よりもプラスになっている可能性が高いです。

セゾン投信のデメリット

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのデメリットは、以下の通りです。

  1. 世界全体不況といった下落相場の場合、近未来では高確率で損をする。
  2. 購入コストがインデックスファンドよりも高い
  3. 北斗の拳みたいな最悪時は対応不能

1に関しては、世界全体が不況となった場合には分散といっても、高確率で含み損状態とりなります。ただし、日本株だけ保有とかよりも確実に下落率は、確実に低いです。

低いといっても含み損にはなりますから、ジッと腰を据えて投資できる方でなければ本ファンドの投資は不向きとなります。

 

2は、代表的な低コストインデックスファンド(eMAXIS、SMT、ニッセイインデックスシリーズ)といった商品よりも手数料が高くなります。

じゃあインデックスファンド買えばいいじゃないか?という結論になりますが、手間です。

買った後のフォローメンテナンスも必要ですし、凝りだすとキリがなくなります。

結論として凝り性派は、インデックスファンドおまかせ派は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

 

3は再三、本ブログで言っていますが、北斗の拳みたいな世紀末状態になった場合はダメでしょうね。

この場合、現金や預金といった安全資産も意味なしです。己の拳と肉体のみが信じられます。

まとめ

若い内に貯めておけば貯蓄が有る状況で老後を迎えられます。毎月給与天引きをやられている方は多いかもしれませんが、投資にも目を向けてみませんか?

セゾン投信は、初心者に非常に敷居の低い投資商品を運用しています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなら低コスト・毎月5,000円から全世界に分散投資ができます。積立設定をしておけば、後はほったらかしでOKです。

今からコツコツ始めれば、退職時に年金以上の貯蓄をもたらしてくれてくれます。小さいお子さんやそのお孫さんにも、お金の面で支援してあげられる状況を作っておきたいですね。

口座維持管理料は無料ですので、口座開設してしまいましょう。

実際のセゾン投信入会方法

投資信託のセゾン投信資料請求方法

資料請求方法は、上記6ステップ(記入・入力作業は1番・3番の2ステップ)です。

  1. 必要事項をフォームに入力
  2. 口座開設キットが郵送で到着〈1完了後1週間程度で来ました〉
  3. 口座開設キットに必要事項の記入
  4. 本人確認書類を同封
  5. セゾン投信へ郵送
  6. 口座開設完了のご通知 ID・PASSを入れてお取引開始

5ステップありますが、実際の手作業は1と3のみです。順を追って解説します。

ステップ1:必要事項をフォームに入力

投資信託のセゾン投信アクセス

まずこちらをクリック下さい。上記の画像のサイトに飛びます。可愛いお姉さんが印象的ですね。赤丸で囲っている『資料請求・口座開設はこちら』をクリックします。

口座解説にあたって、お客様情報入力画面にきます。

セゾン名前住所メールアドレス

上から名前・住所・メールアドレスを入力します。この辺はクレジットカード申込みとかと変わりないです。

セゾン投信暗証番号

続いて、電話番号・性別・生年月日・暗証番号・特定口座・ご職業と続きます。

電話番号・性別・生年月日・ご職業は適切に入力下さい。

暗証番号は任意の番号です。特定口座は、投資始めてに方であれば『開設する(源泉徴収あり)』でOKです。後の2つは確定申告が必ず必要ですし、利益が出て確定申告をすると所得が増えるので税制を良く知っていないとまわり回って損をする可能性もあります。

セゾン投信振込先指定口座

投資資金を引き落としする金融機関を入力下さい。金融機関コードとか分からなくても、親切に金融機関検索を設けています。簡単に検索して、自動入力可能です。

セゾン投信年収投資目的

投資経験・年収・金融資産の状況・投資目的・申込動機入力と続きます。これを入力すれば最後です。

投資経験に関しては、株式・信用取引・債券・投資信託・その他の投資経験有無を聞いています。全く始めてなら、全て無しを選択して下さい。投資しているようであれば、投資しているものに有りとつけて下さい。

年収・金融資産の状況は、大体の数字でOKです。といっても多分ほとんどに人が1,300万円未満になると思いますが・・・どういう判断でカテゴリー分けしているんだろうか?

投資目的はどれでもいいですが、セゾン投信を選ばれる大半の人は『将来の為の資産形成』でしょう。

申込動機もどれでもいいでしょうけど、本ブログから申し込まれている場合はインターネット上の情報orその他でブログ(お金らいふhttp://tarohibi.com)とか入力してくれると得になりませんが、私は嬉しいです。

セゾン投信投資経験png

入力不備がなければ確認画面に移行します。

一番下段の申込をクリックすれば、『必要事項をフォームに入力』は終了です。

実際やってみた感じとしては、案外簡単にインターネット手続きできるもんだなというのが印象に残りました。

口座開設面倒くさいって二の足踏んでいる方に参考になれば幸いです。

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー