2015/09/27

コスパ抜群Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS QY7」レビュー

IMG_1691

先日からウォーキングをはじめました。

http://tarohibi.com/walking

毎日早朝にウォーキング行っているのですが、どうせやるんだったら音楽・ニコニコ動画・ユーチューブといった音声の出るものを聞きたいですよね?iPhone持ちなのですが付属のイヤホンだと、どうしてもイヤホンワイヤーが気になって仕方ない・・・

という訳で、Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンを色々探しました。

結果、今回安い!音もいい!ワイヤレス!と3拍子揃ったワイヤレスイヤホン「SoundPEATS QY7(以下QY7)」を購入しました。

スポンサーリンク

「QY7」レビュー

外観は手のひらサイズで、シックなデザインの小箱といった感じです。

iPhoneのios対応のマークも入っていますね。

IMG_1721

箱を空けるとワイヤレスイヤホンの入ったハードケースが収まっています。

IMG_1692

内容物は左から

 ・ワイヤレスイヤホン本体

 ・ユーザーズガイド(向き反対ですね)

 ・イヤホンクリップ

 ・イヤーフック(3種類)

 ・イヤーチップ(3サイズ3種類)

 ・USB充電ケーブル

この中で正味使用しているのは、本体・イヤーチップ(1種類)・USB充電ケーブルのみです。クリップ・イヤーフックに関しては首の後ろに掛けるように使っているので使用していません。イヤーチップに関しても耳に合った一番小さいサイズを使用しているので、後の大き目の2種類は使わないです。

IMG_1715

右耳イヤホンには充電用のμUSB差込口があります。爪を切っていると開けづらいので、爪楊枝等で開けて下さい。

IMG_1716

開けると差込口が出てきますので、μUSBケーブルでパソコンに接続すると赤色点灯(充電中)します。2時間程度で青色(充電完了)になります。※使用中にバッテリーが少なくなると、停止5分前くらいから「Battery Low」と叫んでくれます。

そうなる前に充電しときましょう!

左耳イヤホンは電源ONOFF、音量の調整、楽曲の早送り巻き戻しを行います。電源ONOFFは表面に電源ボタンがあります。

イヤホン右側面に音量調節・曲送り・曲戻しのボタン

IMG_1709

装着方法は簡単です。

当初装着されているイヤーフックを取り外して、写真のようにイヤーチップを装着させるだけです。注意事項として、写真のようにイヤーチップの文字が内側に向くように装着させます。

IMG_1771

装着し終わったら耳の穴に合うように、ネジリながら耳にフィットするよう押し込んでいけば装着できます。

iPhoneペアリング方法

ペアリング方法も説明書を読めば簡単です。ただ、説明書を読まない私みたいな人だと、時間を浪費しちゃいます。(汗 そんな説明書を読まない方へご説明します。

qy7-1

電源ボタン(画像赤丸部分)を長押しして起動させます(「power on」と英語でアナウンス有)そして、そのまま長押ししておきます。そうすると「Pairing」と音声が鳴るので、この段階でイヤホン側のペアリング準備が完了します。

iPhone「設定」→「Bluetooth」→その他のデバイスに「QY7」が表示されるので選択します。「接続済み」になればペアリング完了。これで音楽が聴けるようになっています。

機器仕様

  • Bluetooth 4.1 + EDR
  • 通信距離10m(障害物が無い場合)
  • 待機時間:約145時間
  • 充電時間:2時間
  • 連続再生時間:5時間
  • 通話対応
  • ノイズキャンセリング
  • 重さ4g

まとめ

2015年9月現在セールで2,500円しない値段で売られているので『安かろう悪かろう』のイメージがあったのですが、これはお買い得品です。アマゾン売れ筋ランキングに入るのも頷けるパフォーマンスです。

合わなかったらお蔵入りくらいの気持ちで購入しましたが、毎日のウォーキングで大活躍中です。

おしまい

著者:たろ

Twitterアカウント(@tarohibi) 妻・娘と仲良く暮らしている30代中盤のイクメンサラリーマン。投資・子育て・書評を中心に書いています。 10年で投資資産1000万・書評年48冊・家計のスリム化を目標に奮闘中…プロフィール詳細はこちら

Twitterフォロー