2016/07/28

ポケモンGoの功罪

ポケモンGo

猫も杓子もブロガーや投資家もポケモンGoにご熱中なので、書く予定はなかったのですが少しポケモンGoの功罪について書いてみます。

あくまで私個人としての意見なので、いやいや違うだろ!と思われる方もいるかもしれません。

数多くあるポケモンGO記事の1つですが、興味があれば読み進めて下さい。

スポンサーリンク

ポケモンGoの功

ポケモンGoは儲かる

チャート

「ポケノミクス」という言葉を聞いたことありませんか?

一般の方は、ニュースで何となく聞いたことがあるで終わるんでしょうが、投資をかじっている人間にとっては耳がタコになるほど見聞きしているんじゃないでしょうか?

任天堂・マクドナルド・モバイルファクトリーと大手から何その会社というレベルまで、多種多様な銘柄が暴騰しております。

私は一切こういう銘柄は買えてないので、指くわえて見ているだけですが大勝ちして○千万円稼いだという報告もチラホラ。

まぁこういう銘柄は、今から入っても負け確定なので株初心者は決して手を出さないようにしましょうと注意喚起も少ししときます。

ただ、一夜で○千万円とか普通にあり得るので、やはりポケモンGoは儲かるんでしょう。

ポケモンGo触ったことねぇけど、ポケノミクスで何となく買ったら儲かったという方もいることでしょうね。

おめでとうございます。素直に羨ましいです。 

無料スマホアプリの裾野を広げた

今までのスマホアプリって「パズドラ」「モンスト」といったスマホ単体で終了していたアプリを「ポケモンGo」は裾野を確実に広げました。

マイナーな位置ゲームをメジャーに押し上げ、その簡単な操作性とカワイイポケモンで、ゲーム対象年齢を従来の中高校生から小学生まで拡大。

ポケモン×スマホでここまで拡大したので、ここからグーグルグラスといった廃れメガネ系端末にも脚光が浴びてくるでしょう。こういう銘柄を先回りして購入したいのですが、Googleのアルファベット結構高値迄買われているんですよねー。

話はそれましたが、ポケモンGoのおかげで廃れていたモバイル端末が復活!ってなったらそれも功績です。

いやぁポケモンGo様様ですな。

ダイエットアプリ

米国の話ですが、米国内のポケモンを全種類集めた方がいるそうです。

その方は、歩きまくって体重5キロ以上減らしたらしいですが、ダイエットアプリとして見れば遊べてダイエットもできてお得ですね。

ポケモンGoの罪

ポケモンGoは危ない

危ない

ポケモンGoの良い面ばかりを書いてきましたが、続いて悪い面。

最近のニュースで色々報道されているのでご存じだと思いますが、やはりポケモンGoは危ないです。

確実にあれ目当てで、歩きスマホしている方は増加しています。全員が全員ではないですが、明らかににそれらしい画面を開いてスマホを眺めている老若男女。

いやいいですよ!あなたが絶対他の人に迷惑をかけないって言うんなら。今までだって歩きスマホやっていた方もいましたし、「私は100%大丈夫」って言うならやって下さい。

小学生以下は、必ず保護者付きでお願いしますよ。

そして、歩きスマホに輪をかけてひどいのが、『自転車・車ながらスマホ』です。こっちは真面目に辞めて欲しい。ホント怪我するから、やっている方歩行者と自転車・車の速度考えていますか?

後述しますが、位置ゲームの性質状より早く目的地についた方が良い=自転車・車のが便利だよねという考え。いやいや効率考えたらそうだけど、小さい子を持つ親からすると気が気じゃない。目隠ししたまま、凶器を持って直進してくるのと同じですから!

「ポケモンGoしながら運転していました。申し訳ございません」ってニュースに出てからだと遅いですから。

ポケモンGoが配信されてから1週間程度ですが、歩き1回(ぶつかりかけ)・自転車1回(ぶつかりかけ)遭遇したんで、ポケモンGoは危ない!重々注意してやってねと注意喚起がてら書いてみました。 

課金ゲーム

課金ゲーム

「ポケモン 課金」でググってみましたが、課金システムは当然完備

商業ソフトなんで仕方ない面はあるでしょうが、今までより低年齢層に裾野を広げたアプリにこのシステムはえげつないなと感じました。

基本無料では、できるんでしょう。でもね。こういうゲームは、お金出しちゃうものなんです。みんながみんな無料ハッピーで終わらない。

他者よりも強くなろうと助長したり、割安キャンペーンやったりして、あの手この手で課金させようとします。親がロックかけていれば安心と言えますが、全員がかけているんだろうか?と老婆心ながら少し心配です。

昔少し課金した人間が言っているんで、小さい子がやっている場合は重々注意下さい。

参考スマホ中毒(ゲーム)にハマって抜けだした方法

Ingressという昔話

昔話というほど古い話ではないですが、私もやっていました位置ゲーム。

『Ingress』というゲームですが、ポケモンの原型になっているらしいですね。基本ポータルとかは結構使いまわししていると聞きました。

このゲームも同じく、ポータルを回ってエネルギーチャージしたり、他勢力を攻撃したりするのも特定の場所を巡る仕様になっています。

当時歩きスマホやらないでおこうと自分を諫めていましたが、実際やっちゃいます。

歩行者とぶつかりかけたこともあります。結局、危ないのと自分の飽き性で辞めましたが、同じことになるだろうとポケモンGoには一切触っていません。 

まとめ

色々ごちゃごちゃポケモンGoの功罪を書いてきましたが、最後は使う人本人の心構え次第です。

歩きスマホを極力排除した遊び方をしている方も多いのかもしれません。私の周りでは、歩きスマホしている方が多いように感じますが・・・

そうそう。歩きスマホやっている方に言っておきますが、画面すぐ覗き見られるんでやっているか一目瞭然ですからね。

最後に『自転車・車ながらスマホ』だけは辞めて下さい。

「ぽけもんGoであの世にGo」はくれぐれも辞めましょうね!以上!